心の風景

タグ:運

誰かに助けを求めたいとき、信頼のおける相手が身近いれば相談できます。

あなたを気にかけ何かと力になってくれる家族・友人・仲間がいれば、 悩み、迷いながらも、支えられていることに力を得て乗り越えていける。

しかし、そういう方が身近にいないと感じている方は「誤った選択」をする。

人間の弱い心は、悪い状況にあるときほどいい加減で安易なものにすがったりするものです。

不安や悩みがあるときほど、そういう選択をしてしまうものですが、それによって更に悪い方向へ進むことがよくある。

経済的な問題から安易に知り合いに借金をしてしまう方がいますが、返せないときは友人も信用も失うことになります。

消費者金融などに手をつける方は自己破産することになる場合もあります。

また、原因不明や医師に見放された病に苦しむ方は、霊感商法などの詐欺に引っかかりやすい。

孤独、不安、悩み、迷いが大きいほど何かにすがりたいのが人間心理です。

女性が占いなどにハマる心理も同じです。

芸能界で名前の通った方が占い師によって大変な状況に陥ったことは皆さまもご存知でしょう。

よく知りもしない相手が自分ために言っているのか自分の利益へ誘導しているのか?ということを、冷静に判断できないと「溺れる者は藁をも掴む」という諺があるように、それは藁であって溺れてしまう…

良くない状況のときに結ぶ「縁」は、更に宜しからぬ状況へ流れるものです。

運の話には「流れに乗る」とか「流れに身を任せる」と書く方が多いですが、流れというのはあると思います。

けれど、本流に乗る人は「流されない」ものです。

本流というのは静かで穏やかな流れではなく、むしろ激流だと思います。

中島みゆきさんの曲に「宙船(そらふね)」という歌がありますが、私はこの歌が好きで口ずさんだりするのですが、この歌詞を観ていると、この人はこの世の人なのだろうか…と考えることがあります。

中島みゆきさんの「宙船」の歌詞を書いておきます。

その船を漕いでゆけ
おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に
おまえのオールをまかせるな 
その船は今どこに
ふらふらと浮かんでいるのか
その船は今どこで
ボロボロで進んでいるのか
流されまいと逆らいながら
船は挑み
船は傷み
すべての水夫が恐れをなして逃げ去っても
その船を漕いでゆけ
おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に
おまえのオールをまかせるな

その船は自らを宙船(そらふね)と
忘れているのか
その船は舞い上がるその時を
忘れているのか
地平の果て
水平の果て
そこが船の離陸地点
すべての港が灯りを消して黙り込んでも  
その船を漕いでゆけ
おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に
おまえのオールをまかせるな

何の試験の時間なんだ
何を裁く秤(はかり)なんだ
何を狙って付き合うんだ
何が船を動かすんだ
何の試験の時間なんだ
何を裁く秤なんだ
何を狙って付き合うんだ
何が船を動かすんだ

その船を漕いでゆけ
おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に
おまえのオールをまかせるな
その船を漕いでゆけ
おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に
おまえのオールをまかせるな

9E1DC233-F4DE-424F-BB37-69D3ACC24D4C


甘えは人の歩みを阻み、それは、濃い霧のように目の前を曇らせて迷いを深めます。

迷ったときは、迷いの中から一つに絞り込んでいくことが迷いから離れる方法です。

目の前のことに集中し一点に心血を注いでいくと迷いの霧は晴れていきます。

現象に捉われ、一喜一憂する方は流されやすい。

物事の上辺だけを見ると、流れの先にあるモノが何かという想像力が欠落する。

事の成否は人知を越えたところにあるのではないでしょうか?

決断力や判断力の欠如はチャンスを掴むタイミングをも外す。

チャンスの神様には前髪しかないといわれるように、チャンスにはタイミングがあるのではないかと思います。

前髪しかないというチャンスの神様、そのモデルは「フォルトゥナ」だと思われます。

フォルトゥナ(Fortuna, フォーチュナ)は、ローマ神話に伝えられる、運命の女神。
運命の車輪を司り、人々の運命を決めるという。
英語の「Fortune」の語源とされ、ギリシア神話ではテュケー (Tyche) と呼ばれる。
運命を操るための舵を携えており、運命が定まらないことを象徴する不安定な球体に乗り、 幸運の逃げやすさを象徴する羽根の生えた靴を履き、 幸福が満ちることのないことを象徴する底の抜けた壺を持っている。
また、チャンスは後からでは掴めないということを表しているために、 フォルトゥナには後ろ髪がなく前髪しかないとされているが、 最近ではすべての髪を前で束ねているイメージに変わっている。 (wikipedia)


チャンスを掴むことができる人は、漫然と日々を過ごしてはいない。

本流に乗る人は流されたりはしないものです。



⬇︎ 下記の応援クリックをお願いします。


人気ブログランキング
 
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
 

531A75AA-AE10-4BEE-B7AA-47DAA47837ED

明けましておめでとうございます。

皆さまにとって、幸多き年となりますよう 心よりお祈り申し上げます。

本年もよろしくお願いいたします 。

さて、今日は、運について書いてみたいと思います。

初詣で、何を願うのか?

本来、神社などで「何とかしてください」と願うものではありません。

神様が何とかしてくれると思うのは間違いです。

神様は、サポートしかなさいません。

そして、必ずしもサポートされる訳でもありません。

それで、松下幸之助氏の言葉を書いておきたいと思います。

松下幸之助氏のあり方に、そのヒントがあると思います。


鷹がスズメになろうとしても、スズメが鷹になろうとしても、それは運命であって変えることはできんな。

けど、鷹は鷹なりに、スズメはスズメなりに一生懸命生きる努力はせんといかん。

そこに、それぞれが成功する道も開けてくるんやな。

だから、運命が、運が90%だから努力せんでいいということにはならんね。

そして、努力したから必ず成功すると考えてもあかん。

しかし、成功するには必ず努力が必要なんやと。

 

故 松下幸之助 氏は「運」が90%だと考え、90%の「運」より残りの10%が重要だと述べています。

依存する方には「特徴」があって、自分で行動しないくせに人を羨ましがるだけです。

そういう方たちは、決まって「技術職は良い」とか「手に職があるから羨ましい」などといいながら、技術を身につけようとか努力して何かを得ようと「行動」することがない。

そして、誰々は「頭が良いから」とか「才能があるから」だという。

そんな風に「自分はそうではないから」と言い訳をして、愚痴や不満を吐いて「同じような連中」と日々を過ごしている…

誰かに「依存」し「他律」する方というのは、最初から「逃げ道」を用意している。

やらない理由を作ることから始める。

だから、挑戦しようとすることもないし、自分で現状を打破しようとしたがらない。

こういう方は、タナボタを期待しながら「運」や「成功」についての著書やブログを読んでいるように思いますが、この手の方が仮に成功できたとしても、すぐ転落していくでしょう。

90%の「運」より残りの10%が重要だと述べた松下氏の人生は「美談」で語れません。

松下氏は、大阪の証券業界では知らない人がいない相場師であったようで、「ホナ○万株頼むわ」と、数億円という買い注文を周囲を唖然とさせるほど簡単にいう方だったようです。

会社がつぶれれば全財産を失うし、巨額の借金を負えば最終的には破産です。

松下氏の豪快な一面だけを見ていては、松下氏の「経営に対する覚悟」が生半可なものではなかったことは理解できません。

会社が傾けば、全財産を投げ打つのは「経営者」として当たり前なんです。

松下氏は、そういう覚悟を持って生き、人生を歩いた人だろうと思います。

※ランキングに参加しています。

よろしければ、お気に入りに登録し下記の応援クリックを是非お願いしますm(_ _)m


このページのトップヘ