心の風景

タグ:杉田水脈議員


ウイグル弾圧問題をホワイトハウスで訴える署名方法を紹介する動画です。
タイムリミット10月9日までに署名10万人を超えるのがホワイトハウスで取り上げてもらう条件です。
ぜひ、ご協力をお願いいまします。

images

拙ブログで何度も取り上げてきましたが、ウイグルへの激しい弾圧、人権侵害を放っておくことはできません、どうか皆さまの力を貸してください。

Db6Pf4KUQAAsBA8

53回 呉竹会アジアフォーラムでは「人権無視」「人間失格」などと「生産性」という言葉だけ取り上げメディアリンチにあっている杉田水脈議員が参加されているのでダイジェスト版を貼っておきます。



ほんの少しでもいい、世界で起きている事実に目を向けてほしいと願います。

以下に呉竹会頭山会長秘書である望月氏のブログをご紹介したいと思います。

https://blog.goo.ne.jp/toyamanohisyoblog


悲惨な事態は世界中で起きているなかで、
なぜウイグル、チベット弾圧問題を
特に日本人が意識しなければならないのか?

①シルクロードのウイグル国。
ウイグル語を話し、イスラム教を信仰し独自の文化を持っている。
見た目も文化もまったくの外国人。

②中国人の商人がウイグルに貿易商売をしに来た。割と友好的だった。
中国人がウイグルで土地を買い始めた。

③ウイグルの街に「チャイナタウン」が増えていった。中国とウイグルの「文化の融合」だと宣伝が始まった。

④ウイグル人の小中学校で中国語の
授業が強化され始めた。
英会話より中国語会話の教育が
重んじられる指導が始まった。

⑤近所のウイグル人青年が理由なく
中国の軍隊に連行された。
抵抗した母親は中国軍に蹴りあげられて
右目を失明した。

数日後、青年は見分けがつかないほど顔が
腫れ上がり歯が抜かれていて、
内蔵がない胸と腹がぺしゃんこになった遺体が親戚の家に汚い袋に入れられて
中国軍から届いた。
兄のその姿を見た妹は失神した。
若者の生きたまま取り出した新鮮な臓器は高く売れる、と中国人の商人が喜んでいた。

⑥突然中国軍の武装車と何千の軍隊が
ウイグルの街に来た。驚いた。
抵抗したおじいさんは射殺された。
僕は生まれて初めて銃の音を聞いた。
おじいさんは顔を撃たれて血がビシャーッと
飛んだ。
中国に逆らったら怖いとよくわかった。


署名は出来ないという方は、拡散にご協力いただけますようお願いします。

今日までに署名いただきました皆さまの思いを形にしたいのです。

中共政府による「弾圧」に苦しむ多くのアジアの人たちを助けてください。


⬇︎下記バナーの応援クリックをお願いします。


人気ブログランキング


⬇︎お手数ですが、こちらもヨロシクお願いします。

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村

よろしければ、ぜひお気に入り登録をお願いします。




先日ご紹介した「呉竹会」による藤井巌喜氏が聞く最新ウイグル情勢「ラビア・カーディル氏緊急来日による報告会」が明日開催されます。

ウイグルの母と呼ばれるラビア・カーディル女史は、今年2月にも日本に訪れウイグル人のおかれている状況、中共政府による激しい弾圧について語られました。

拙ブログでは中共政府による「弾圧」に苦しむ多くのアジアの人たちについて書いていますが、中共の弾圧とはどのようなものかを知ってほしいと思います。

images (1)


53回 呉竹会アジアフォーラムでは、「人権無視」「人間失格」などと「生産性」という言葉だけを取り上げメディアリンチにあっている杉田水脈議員が参加されているのでダイジェスト版を貼っておきます。

杉田水脈議員が何と戦っているのか?何と戦ってきたのか?知っている人であれば、彼女に「人権無視」「人間失格」などという言葉を浴びせることはあり得ないと思いますね。




日本の若者が夏休みを満喫しているころ、中共政府に弾圧されている国の若者がどんな目にあわされているのかを知ってほしい。

ほんの少しでもいい、世界で起きている事実に目を向けてほしいと願います。

以下に呉竹会頭山会長秘書である望月氏のブログをご紹介したいと思います。

https://blog.goo.ne.jp/toyamanohisyoblog

images

夏休みの1、2時間に耳を傾けてみませんか。

悲惨な事態は世界中で起きているなかで、
なぜウイグル、チベット弾圧問題を
特に日本人が意識しなければならないのか?

①シルクロードのウイグル国。
ウイグル語を話し、イスラム教を信仰し独自の文化を持っている。
見た目も文化もまったくの外国人。

②中国人の商人がウイグルに貿易商売をしに来た。割と友好的だった。
中国人がウイグルで土地を買い始めた。

③ウイグルの街に「チャイナタウン」が増えていった。中国とウイグルの「文化の融合」だと宣伝が始まった。

④ウイグル人の小中学校で中国語の
授業が強化され始めた。
英会話より中国語会話の教育が
重んじられる指導が始まった。

⑤近所のウイグル人青年が理由なく
中国の軍隊に連行された。
抵抗した母親は中国軍に蹴りあげられて
右目を失明した。

数日後、青年は見分けがつかないほど顔が
腫れ上がり歯が抜かれていて、
内蔵がない胸と腹がぺしゃんこになった遺体が親戚の家に汚い袋に入れられて
中国軍から届いた。
兄のその姿を見た妹は失神した。
若者の生きたまま取り出した新鮮な臓器は高く売れる、と中国人の商人が喜んでいた。

⑥突然中国軍の武装車と何千の軍隊が
ウイグルの街に来た。驚いた。
抵抗したおじいさんは射殺された。
僕は生まれて初めて銃の音を聞いた。
おじいさんは顔を撃たれて血がビシャーッと
飛んだ。
中国に逆らったら怖いとよくわかった。

今までもこれからも
日本は①②③④⑤⑥のどこまで
中国に侵されていきますか。
いま日本は③と④の間ぐらいでしょうか。

このまま覇権国家中国を見過ごせば、
日本の100年後は今のウイグルと同じになってしまいます。

日本人は当事者意識を持たなければ
ならないことを知ってほしいために、

◆明日8月12日(日)18:00より
東京の中野サンプラザ8階研修室にて
勉強会を開催します。

特別ゲスト ペマ・ギャルポ先生に
チベット弾圧問題についても
お話をしていただきます。

チラッと5分でも、
2時間全講演のご参加も歓迎します。
皆様のご来場をお待ち申し上げます。
望月


⬇︎下記バナーの応援クリックをお願いします。


人気ブログランキング


⬇︎お手数ですが、こちらもヨロシクお願いします。

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村

よろしければ、ぜひお気に入り登録をお願いします。




連日、杉田水脈議員の発言について、杉田氏の意図しないところで恣意的に「障害者へも波及」しかねないなどとする報道には看過できない。

私は個人的に杉田氏を支持しておりませんが、このようなことがまかり通るなら日本には言論の自由がないということになります。

誤解のないように書いておきますが「支持しない=嫌い」ということではありませんし、杉田氏の「功績を認めない」ということでもないことをお断りしておきます。

杉田氏が本当に伝えたい(人口減少による日本の危機を想定し憂いている)部分を無視し「生産性」という言葉の揚げ足をとる左派メディアのヤリクチに「相変わらずだなと…」怒りを通り越す。

杉田氏を、あたかも「差別主義者」であるかのように報じ、LGBTなど性的少数者をめぐる自民党議員の人権意識を欠いた主張とし、杉田氏に「謝罪・寄稿撤回を」迫るLGBT自治体議連は、杉田氏の発言の「一部」しか見ていないと思えます。

同じく一部だけ切り取られた言葉に激怒しデモを起こす連中は、果たして杉田氏の記事を全て読んでこのような行動に出ているのか?この機に乗じて杉田氏を潰したい黒幕がいるのかと疑わざるを得ない。

6zhOmWwbf6Vjlyx_EEBfz_76

自民党の二階俊博幹事長が、杉田氏の発言について「人それぞれ政治的立場、いろんな人生観、考えがある」と述べたことについても、杉田氏の発言が一部で「意見の一つとして問題ない」と捉えられていることがヘイトや差別を容認することにつながるなどと取りざたされている。

自民党の二階幹事長についても、個人の思想/発言の自由の範囲でお咎めなしとして済ましてしまいたい姿勢がありありだったというBLOGOS(↓)の記事にも執拗な杉田議員バッシングを感じます。

自民党の杉田水脈衆院議員による『新潮45』への寄稿文「『LGBT』支援の度が過ぎる」が多くの批判を集めている問題で、私も言いたいことは山ほどあるので、すぐに何か書いておこうと思ったのだが、少し自制して、どのような意見が出てくるかまずできるだけ見てみることから始めようと考え直した。というのも、この発言を巡る反応が『批判と擁護の複雑な諸相』となるであろうことはあらかじめ予想できたし、その『諸相』は来るべき近未来に、社会を大きく揺りうごかす問題への対応能力をはかる指標となると考えたからだ。また、それが私が最近非常に気にしている問題について述べるきっかけになるようにも思えた。

本件は、先ず、名指しされた形の『LGBT』の怒りが燃え上がり、早速に大規模(5,000人!)なデモ隊となって、自民党本部前に押し寄せた。加えて、寄稿文を読むと、子供を産んで国家に貢献できるかどうかを『人間の生産性』と規定した上で、その尺度で人間の価値の軽重をはかろうとしており、そこから、『LGBT』だけではなく、子供が産めなければ誰であれ生産性が低いとする意図が読み取れ、そうなると、すべての社会的弱者ばかりか、子供が欲しくても産めない悲運の人まで対象となるため、狭義の『LGBT』差別の問題を超えて、『社会的弱者』一般への差別、さらには人権問題全般に関わる大きな問題へとエスカレートして、批判は燎原の火の如く広がることになった。

もっとも、多少なりとも好意的に解釈すれば、杉田議員の『新潮45』への寄稿文から推察できる含意に、『人間の生産性』という用語をあてるのは、明らかに用語の使い方の間違いで、この場合『少子化抑止という政策目標を実現するために、限りある資源の中から予算配分しようとすると、子供を産み育てる親の経済負担をできるだけ軽減するために重点配分する必要がある』とでも述べておけば済んだはずだ(それでさえ反論や非難が殺到する可能性はあるが・・)。その意味で、杉田議員を心情的にサポートしたいと考えている人たちからは、発言の一部の言葉尻を捉えて過剰反応するのは、杉田議員を悪意を持って貶めているだけではないか、というような意見が出てくることになる。

しかしながら、杉田議員の過去の発言を一通り読んでみると、仮に今回の記事にさほどの悪意がなかったとしても、過去に様々な差別を容認するような発言を繰り返しており、政治家としては看過しがたい思想の持ち主であるように感じられる。彼女にも発言の自由を許すのが現代社会(民主主義)の原則とはいえ、人権尊重、法の下の平等等を原則とする現行憲法の遵守を義務付けられている公人としての政治家の資格はない、との意見が出てくるのは無理からぬところだろう。2018.08.03 BLOGOS
http://blogos.com/article/315586/

images

杉田氏の「新潮45」寄稿文から少子化抑止を伝えるうえで「生産性」という言葉は、適切ではなかったと思いますが、発言の一部の言葉尻を捉えて過剰反応するのは「悪意」を持って貶めているとしか思えない。

また、昨日の産経ニュースによれば、9月総裁選に意欲を示す野田聖子が以下のような発言をしている。

野田聖子総務相は3日の閣議後記者会見で、自民党の杉田水脈衆院議員が同性カップルを念頭に「子供を作らない、つまり『生産性』がない」と月刊誌に寄稿し、党の指導を受けた件に関し、「自民党の取りえは多様性で、それを標榜してきた。それが国民の望む多様性と合致しているかどうかという議論はあってしかるべきだ」と述べ、LGBT(性的少数者)対策が自民党総裁選のテーマになるとの考えを示した。

 また、野田氏は杉田氏の寄稿内容について「意見という以前に差別や偏見の類いではないかという懸念。生産性という言葉が適切な言葉かどうか。私は適切だとは思っていない」と語った。
2018.08.03 産経
https://www.sankei.com/politics/news/180803/plt1808030008-n1.html

ダウンロード (1)

野田聖子は、以前記事に書いたようにシナの暴挙を見ても、南沙諸島で何かあっても日本は独自路線で中国の外交に徹するべきなどといい中国に対する寛容さを発揮した人物です。

シナが他国を占拠した事実にこれほどの寛容さを示しながら、杉田水脈氏へは杉田氏の発言の意味を問うことさえなく「差別・偏見の類」と発言している。

こういう輩が自民党内に少なからずいることも問題ですが、左派メディア各社がこぞって杉田水脈氏の言論弾圧している現状は看過できない。

「言論の自由」を履き違え社会を危険な方向へと導いているのは一体どちらか?と問いたい。

⬇︎下記バナーの応援クリックをお願いします。


人気ブログランキング


⬇︎お手数ですが、こちらもヨロシクお願いします。

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村

よろしければ、ぜひお気に入り登録をお願いします。


このページのトップヘ