心の風景

タグ:拉致被害者全員奪還

菅義偉官房長官「あらゆるチャンス逃さない決意」横田めぐみさん今日54歳の誕生日

菅義偉(すがよしひで)官房長官は5日午前の記者会見で、北朝鮮による拉致被害者の横田めぐみさん=拉致当時(13)=が同日、54歳の誕生日を迎えたことについて、「米国や韓国をはじめとする国際社会と連携し、全ての拉致被害者の一日も早い帰国を実現できるよう全力で取り組む」と述べ、拉致問題の解決に強い意欲を示した
 菅氏は「横田さんをはじめとする拉致被害者は年を重ね、再会がかなわぬまま亡くなったご家族もいる。痛恨の極みで、誠に申し訳ない」と話した。
 さらに問題解決に向け、「あらゆるチャンスを逃さないという決意のもとに主体的かつ全力で取り組む」と強調した。(産経 2018.10.5)
https://www.sankei.com/politics/news/181005/plt1810050014-n1.html


拉致被害「あまりにも長い時間」横田めぐみさん誕生日に母

北朝鮮による拉致被害者横田めぐみさん=失踪当時(13)=の54歳の誕生日となる5日、救出を呼び掛ける横断幕が神奈川県庁に掲示された。県内に住む母早紀江さん(82)が訪れ「あまりにも長い時間がたち、どのようになっているのかイメージがわかなくなってきている」と話し、一刻も早い解決を願った。
 早紀江さんは、米朝首脳会談の実現で希望を抱いているとし、「こんな非道は許せないと世界中の人に本気で思ってほしいと言い続ける」と強調した。
 横断幕前で早紀江さんと面会した黒岩祐治知事は「風化が一番いけないこと。少しでも役に立てればと思う」と語った。(共同通信 2018.10.5)
https://this.kiji.is/420861172072678497?c=110564226228225532

めぐみさんの消息をめぐっては、’97年ごろになって、ようやく北朝鮮による拉致が浮上。工作員の話によれば、暗い船室に閉じ込められて、何十時間もかけて北朝鮮に渡ったという。13歳の少女がどんなに怖い思いをしたか。船室の壁を爪で引っ掻いて、両手の爪はほとんど剥がれるほど血だらけで、嘔吐物にまみれ、拉致した工作員が目を背けたぐらい酷かったといいます。

そして、13歳だった「めぐみさん」は54歳になりました…今やらなければ生きて拉致被害者とご家族を会わせることができません。

1CA4E508-6A65-4217-AC01-7A01DB73BB07


DOwcNEiUMAACA17

拉致被害者のご家族が頼りにできるのは「日本人」だけなんです。

私たちが声をあげ安倍政権を後押ししていかなければ、この問題が解決されることはありません。

ある日、何の落ち度もない日本人が北朝鮮に連れ去られて40年が過ぎました。

お願いします、この問題を解決できるよう、共に戦う仲間になってください。

毎週日曜、20〜23時、拉致被害者全員奪還ツイデモがあります。

#拉致被害者全員奪還 タグをつけてツィート、リツリートをお願いします。

拉致被害者全員奪還ツイデモは毎週行われ、参加し続けた古参の方の中には精神的な面で疲労し休んでいる人もいます。

ネットデモも「今週だけ、2週だけ」でしたら、それほど疲労することもないのでしょうけど…毎週、毎週、3時間という長丁場、動かない拉致問題を動かそうとツィートするのは、とてもエネルギーのいることなんです。

それでも、みな諦めず頑張っています。

何としても、拉致被害者ご家族の40年の悲しみを終わらせたいからです。

どうか力を貸してください。

私たちの仲間になってください。


⬇︎下記バナーの応援クリックをお願いします。


人気ブログランキング


⬇︎お手数ですが、こちらもヨロシクお願いします。

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村

よろしければ、ぜひお気に入り登録をお願いします。


拙ブログでは「拉致問題」を取り上げることが多いですが、今やらなければ生きて拉致被害者とご家族を会わせることができません。

日本は軍事的圧力なし、対話と圧力どころか「話し合いの40年」でした。‪

かつての日本は世界屈指の軍事力と敵国攻撃力を保有し、外国に捕まった自国民を武力を背景に救出していましたが、敗戦後GHQに押し付けられた日本国憲法によって国民を救出する術を失ってしまった。

平和を謳う9条信者は、日本人が拉致され放題の現実を見ても「日本は平和だ」「平和憲法」だといえるのかと、どこまでもオメデタイ馬鹿さ加減に腹が立ちます。

こういう連中は、自分や家族が巻き込まれるまで気づかないのかも知れませんね。

工作員が現地人に成りすますため「身分・戸籍」を乗っ取るために「日本人を拉致」し、背乗りなどしいる行為はテロです。

信用がある日本人を名乗れば他国にスパイとして潜り込みやすく、ビザなしで渡航できる国の数を各国・地域で比較する「パスポートランキング」で日本がシンガポールと並び世界一です。

シンガポールと並びビザを取得しなくても180カ国に渡航することができる我が国は、拉致されても「話し合い」しかできない我が国は、テロ国家の標的となっているんです。

ad442a5b9e2839d68adc7ef52b61130b (1)

かつて土井たか子は「拉致なんてない」といい、北朝鮮による拉致被害の証拠を掴んでいた警察に圧力をかけ捜査をやめさせマスコミも同様に「日本人拉致事件」を報道しないよう圧力をかけた。

その土井に、祈るような思いで拉致被害者家族が相談したときには、北朝鮮に通報され拉致被害者が亡くなった。

その土井たか子氏の秘蔵っ子が「辻本清美」土井チルドレンです。

7CAE398F-E499-48D5-8B0B-ED35B1DCF85D

DaNmmqZVAAAWbMx
しかし、そういう連中を野放しにし「議員」にしているのは誰でしょう?

拉致に関心がないのなら、せめて「土井チルドレン」らを議員にしないよう力を貸してください。

敗戦後、GHQに押し付けらた日本国憲法によって国民を救出する術を失ってしまった我が国では、我が子を助けたいと普通のどこにでもいる親が戦っている。

そして、拉致被害者奪還には総連や反日の嫌がらせがついて回る。

今年6月の拉致被害者奪還デモでは「ネトウヨに神戸の街を歩かせるな!」と妨害を呼びかけている連中がいましたが、これも彼らの平常運転です。

ある日、突然、何の落ち度もない我が子を北朝鮮に奪われた人たちは、ずっと、この国の中でも戦っているんです。

1CA4E508-6A65-4217-AC01-7A01DB73BB07

拉致被害者家族である横田夫妻が小泉訪朝以前に「娘を助けて下さい」と街頭でビラを撒いていたとき、旧社会党と労組、総連が「デマを止めろ!」と罵声を浴びせて卵を投げつけた。

愛する娘を奪われた上、土井たか子を筆頭に朝鮮総連と強く結びついた売国議員やその手下らによってどれほど傷つけられてきたか、どんなに悔しい悲しい思いをしてきたかを知ってください。

夏の炎天下の下で…

冬に雪が舞う中で…

知らん顔を決め込む人々に何度も何度も頭を下げて「助けてください!」と叫んできた。

何度も書いていますが、拉致被害者のご家族が頼りにできるのは「日本人」だけです。

私たちが声をあげ、安倍総理をはじめとする一握りの拉致被害者に寄り添ってくれる政治家を後押ししていかなければ、この問題が解決されることはありません。

もう時間がありません。

拉致被害者の方の現在の年齢を、あなたはご存知ですか?

一番若い方で、45歳です。

ある日、何の落ち度もない日本人が北朝鮮に連れ去られて40年が過ぎました。

安倍政権でようやく40年動いていなかった拉致問題が動き出しましたが、拉致問題には北を背景にした勢力が絡んでくるので簡単にはいきません。

ですから、一人でも多くの仲間を私は探しています。

オトモダチは要らないんです。

共に泣き、共に怒り、共に戦ってくれる仲間になってください。

もう一度、書きますが、拉致被害のご家族は日本人しか頼ることができません。

署名がまだという方は、ぜひ署名活動にご協力をお願いします。

DOwcNEiUMAACA17


そして、毎週日曜、20〜23時。

拉致被害者全員奪還ツイデモがあります。

#拉致被害者全員奪還 タグをつけてツィート。

または、リツリートをお願いします。

私も毎週1時間ほど(心の風景2)で参加しています。

twitterを利用されている方は、月に一度でも、5分でも構いません。

あなたの時間を拉致被害奪還のために、少し割いていただけないでしょうか?

どうか力を貸してください。

私たちの仲間になってください。


⬇︎下記バナーの応援クリックをお願いします。


人気ブログランキング


⬇︎お手数ですが、こちらもヨロシクお願いします。

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村

よろしければ、ぜひお気に入り登録をお願いします。



拉致被害者の方の現在の年齢をご存知ですか?

一番若い方で45歳だといいます…

ある日、何の落ち度もない日本人が北朝鮮に連れ去られて、 もう40年にもなるのです。

ご両親もご高齢になり、お体の具合も良くない日も増えているようです。

ゴールデンウィークは祝日が多く連休になる方も多いため、ご家族で旅行へ出かけられたりバーベキューやショッピングを楽しまれる方もいらっしゃるかと思います。

しかし、我が子を奪われた拉致被害者家族の方たちは、ゴールデンウィークを家族で過ごすことができません。

1794218B-2B46-4097-A4B8-F5E2375C902D

ゴールデンウィーク後半の5/3~5/5は「中之島まつり」で 署名活動があるそうです。

ぜひ、まだ署名されていない方がいらっしゃいましたらご協力をお願いいたします。

また、中之島でなくても、ブルーリボンの会・救う会のホームページをご覧いただければ、お住まいの町のお近くで開催される日があると思います。

もし、あなたのご家族が、ある日突然いなくなったら?

あなたはどうするのでしょう?

あなたのお子さんがいなくなったらどうするのでしょう?

あなたのご兄弟や姉妹がいなくなったらどうするでしょう?

あなたがいなくなったら、ご家族はどうするのでしょう?

愛する家族が北朝鮮に居ると分かったらどうするでしょう?

力のない一般の人にできることは何でしょう?

政府に訴えていくしかないのです。

けれど、ひとりふたりでは国を動かすことができません。

この国には、日本の議員を名乗っていながら、日本人のことを思わない輩がいます。

このような連中を議員にしている方たちは、いったい何を見ているのでしょうか?



日本の国益を損ない日本人を思わない政治家を当選させない。

国を動かすために必要なことは、日本国民の声なのです。

もう時間がありません…

どうか力を貸してください。

22608A67-647A-4E5B-9589-9F903018A11F

毎週日曜20〜23時には、拉致被害者全員奪還のツイデモがあります。

たとえ1分でも構いません。

拉致被害者家族に寄り添ってください。



よろしければ、お気に入りに登録、下記バナー応援クリックをお願いします。


人気ブログランキング


 

 

【パームビーチ=田北真樹子】17日の日米首脳会談で安倍晋三首相が、トランプ米大統領から、米朝首脳会談で北朝鮮による日本人拉致問題を取り上げるとの言質を取ったことは大きな成果だといえる。首相がトランプ氏に度々、拉致問題の重要性を訴えてきたことが奏功した。

 17日夜(日本時間18日午前)、トランプ氏の別荘「マールアラーゴ」で開かれた両首脳夫妻だけの夕食会。この1年間で何度も夕食を共にしているが、この日も話題は尽きなかった。

 米大リーグのエンゼルスで活躍中の大谷翔平選手、昨秋に日本で一緒にプレーしたプロゴルファーの松山英樹選手、先日の米ゴルフツアーで優勝した小平智選手も話題に上った。トランプ氏は相撲観戦にも興味を示したという。

 ところが、拉致問題の話題ではトランプ氏は神妙な面持ちになり、最後にこう語った。

 「拉致問題へのシンゾーの情熱はすごいな。貿易問題とは迫力が違う。長年執念を燃やし、決してあきらめない態度はビューティフルだ。シンゾーの情熱が自分にも乗り移ったよ。私も拉致被害者のご家族にもお会いしたんだ。最大限の努力をするよ!」

 首相もうれしかったに違いない。トランプ氏の発言を受け、首相は平成14年に拉致被害者5人の帰国が実現するまでの困難な道のりを説明。訪米に出発する前の15日に拉致被害者、横田めぐみさん(53)=拉致当時(13)=の父、滋さん(85)を見舞ったことも伝え、こう言い切った。「この問題が解決しない限り、私は政治生命を終えることはできない」

 この言葉にはメラニア大統領夫人まで感動した様子だったという。

 これまで拉致問題が動かなかったのは、米政府の関心が薄かったことが大きな要因だった。米朝首脳会談でトランプ氏が拉致問題を取り上げれば、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長も無視を決め込むことは難しくなる。

 拉致被害者も、その家族も高齢化し、残された時間は少ない。米政府と連携しつつ、いかに日朝首脳会談を実現させ、拉致問題を解決できるか。首相は重い課題を背負ったともいえる。

2018.4.19 産経
https://www.sankei.com/world/news/180419/wor1804190005-n2.html

ダウンロード

トランプ大統領の「拉致問題へのシンゾーの情熱はすごいな」という言葉に、拉致被害者家族の方たちも希望を見出したことでしょう。

安倍総理は、今月15日、北朝鮮による拉致被害者の横田めぐみさんの父、横田滋氏を見舞われたことが話題になったので、ご存知の方も多いことでしょう。

そのとき総理は、17日からの訪米で会談するトランプ米大統領に対し、6月初旬までに予定されている米朝首脳会談で拉致問題をしっかりと主張するよう働きかけること、拉致被害者の早期帰国に向けた決意などを伝えたとされています。

拉致被害者家族の方たちは、皆ご高齢です…

愛する我が子を奪われた怒りと悲しみ、我が子は無事だろうかという不安…
動かない政府、助け出せない苛立ちと戦いながら何年も何十年も必死で耐えてきた。

だから、皆、疲れ果てている。

安倍首相は、拉致被害者家族が再会までに残された時間がもうないという現実を直視し、被害者の救出へ全力を尽くしていらっしゃるはずです。

それが、産経でアップされたトランプ大統領の「拉致問題へのシンゾーの情熱はすごいな」という言葉から伝わってきます。

安部総理は、必ず全員奪還を成し遂げると信じています。
あとは、我々の後押しです。

今やらなければ拉致被害者のご家族、被害者の再会はありません。

拉致被害者家族の方たちを、これ以上待ませることはできません。

もう時間がありません。

どうか力を貸してください。

拉致被害者のご家族が頼れるのは、日本人だけなんです!


今日も、20~23時、ツイデモがあります。

たとえ、1分でも構いません。

拉致被害者家族に寄り添う時間を作ってください。




よろしければ、お気に入りに登録し下記バナーの応援クリックをお願いします。


人気ブログランキング



今日は、私のツィートから上げてみましたが、拉致被害に遭われた方のご家族は、もう40年もの長い歳月を心を擦り減らして過ごしていることをご存知ですか?

愛する我が子を連れ去られて、平気な親が何処にいるというのでしょう?

ましてや、我が子を連れ去った国が分かっているとすれば、どのような思いでいるか?

想像してみてください。

F1CC029D-506B-450D-BAE8-6FFABDD0E164

私はtwitter暦が1年ほどですが、血の繋がりのない人たちが拉致被害者家族に寄り添い応援していることを知りました。

街頭に立ち署名を求める人や、毎週日曜の夜20〜のツイデモに参加する方たち…

彼らは、何か見返りがあるわけでも拉致被害家族から感謝の言葉をもらうわけでもありません。

愛する家族を奪われた方たちの力になりたい…そういう人たちが行動されているのです。

自分に酔ったナルシシストも拉致被害を利用しているのでイラっとすることがありますが、どんな形であれ拉致問題について一人でも多くの方に知ってもらえることはいいと思っています。

今日も20〜ツイデモがあります。

twitterを利用されている方は、一度でも、例え月に一度でも、5分でも構いません。

どうか力を貸してください。

拉致被害のご家族は、日本人しか頼ることができません。

政府を動かすことができるのは国民なんです。

1794218B-2B46-4097-A4B8-F5E2375C902D

安倍総理が、いつも胸にブルーリボンを付けていることをご存知でしょうか?

総理は、小泉政権時代に、当時服官房長官でした。

その当時、数名の拉致被害者が帰ることができたのは、安倍晋三氏が全員と帰国するべきと強硬に主張し、被害者を送り返すべきとの主張を真っ向から否定し「絶対返してはならない」と総理を説得したからです。

安倍政権の今しか、拉致被害者全員奪還のチャンスはありません。

どうか、一人でも多くの方に拉致問題を知らせてください。


よろしければ、お気に入りに登録し下記応援クリックを是非お願いします。


人気ブログランキング

このページのトップヘ