心の風景

タグ:心理

今日は、また心理について書きますが、興味のない方はスルーしてくださいね。

現代人は、PCやスマホを見る時間が長く目からの刺激が強いため、交感神経と副交感神経の切替がうまくできなくなっている方や夜寝付けない眠りが浅い方が増えています。


そこで、原因が心因性であっても、とにかく身体を動かした方が質の良い眠りにつけることを書いておきたいと思います。


習慣的かつ継続的に運動をすると、寝つきが改善されることはよく知られていることですが、眠りが浅い方にも有効だというデータが出ています。


人は身体も頭も一日よく使っていれば夜グッスリ眠れるようにできていますから、午後から夕方にかけて身体を動かすと効果的だといわれています。


d7ee59b2

なので、眠れないとお悩みの方は身体を動かす習慣をつけていきましょう。


また、ストレスを抱えた方の中には我慢強い人が多いのですが、その中に「キレるまで我慢する」タイプの方がいます。


そういう方は、1/100人くらいの割合でいるといわれ、特に子供に多い傾向にあります。


子供の場合、自分の感情をうまくコントロールできずにストレスを溜め込んでしまうのですが、「キレるまで我慢してしまう」タイプは、感受性が強く他者の反応に敏感な子供です。


これは、生まれ持ったものもありますが、幼少期に親や周囲の顔色を見て育った人などに多く見られる傾向でもあります。


では、なぜキレるまで我慢してしまうのでしょう?


実は、答えは、かなりシンプルで「自分のいいたいことをいえない」からなんですね。


どこで「自分の気持ち」を正直に伝えていいのか分からないからです。


子供のころに親にうまく甘えられなかった場合や周囲の大人や親が子供の感情の面倒をみない場合、子供は自分の感情を自分でコントロールするしかありません。


学習するというのは、ストレスや感情のコントロールも同じなんですね。


大人が「こうするんだよ」「こうしたら良いよ」と寄り添うことで学習していくのですが、周囲にそういう大人がいなかった子供は、うまく感情のコントロールができないまま大人になってしまう場合があるんですね。


甘えたくても甘えられなかったり、悲しいことがあって泣いていたら、叩かれたり、叱られたりして、自分の正直な感情を疎ましがられてしまった子供は、自分がどうしたら良いかの判断が難しいものとなるからです。


もちろん、同じ境遇であっても自分の感情をうまくコントロールできるようになる子もいますけどね。


近年では、腸内環境が悪い方も同じ症状が出ることが医学的に解明されてきたこともあり、糖質過多な食事や炭水化物偏重な方は、キレやすく疲れやすい。

なので、そういう食生活の方は、まずは食生活を改善すべきです。


さて、話を戻しますが、過剰なストレスというのは攻撃性に変わります。


抑圧された感情は、攻撃性を他者に向けることで鬱積した感情を発散しようとします。


そのような形で「自分の内面をコントロールしよう」とする訳です。


ですから、外に「攻撃性」が向かえばキレるなどの行為によって物を壊したり暴力に訴えたりするのですが、この「攻撃性」が内に向かうと、自分自身を攻撃して「心因性」のトラブル(鬱や過敏性腸症候など)に悩まされることになります。


ストレスを軽減させる工夫というのは重要になってきます。


原因が分かっている場合は、元を断てばストレスがなくなる訳ですから、消化不良・睡眠不足の原因が対人関係である場合、付き合いをやめれば治りますが、学校や会社をやめるというのは簡単ではありませんから、自分で溜め込まないようにすることが大事です。


溜め込むタイプには共通点があるんですが、流すことが苦手で意識がソコから離れない…


良くない感情に捉われて離れられない場合は、切り替えを試みることです。


溜め込むタイプの方は気持ちの切り替えが苦手なので、物理的に切り替えていくと切り替えられるようになっていきます。


スポーツ観戦やカラオケで大声を出すこと、テニス、卓球、サッカーなどボールを蹴ったり打ったりすることです。 


ひとりの場合は、バッティングセンターなどもオススメです。


怒りを溜め込んでいると交感神経優位な臨戦態勢になっている訳ですから、それを発散してやることでストレスは緩和されます。 


そして、副交換神経を優位にするには、深呼吸を繰り返すことも有効といえます。


あまり難しく考えずに、とにかく身体を動かしてみるとスムーズな切替えができると思います。


脳はマスチタスクではないので、 全ての活動を同時に処理できません。


ひとつのタスクから別のタスクに素早く切り替えているので、複数のことを同時進行して処理できないので、行動することで切り替えることができるんです。


心配や不安も同じで、心がソコに留まってしまうと、心配や不安から離れることができません。


心配や不安の原因が明確である場合は、何が不安にさせているか?何が心配なのか? 問題となっている原因を細分化して処理すると解決の糸口が見えてくると思います。 

images

人は成長のために少し無理をすることは大切なことなんですが、過度な無理は心身の負担にしかなりません。


筋肉を作るときと同じように、少しずつ負荷をかけ心身の共に強く健康であるよう自分を上手くコントロールしてください。


⬇︎応援クリックをお願いします。


人気ブログランキング

※お気に入り登録をヨロシクお願いします!




今日は、また心理について(脳の働きも加えて)書こうと思いますので、心理は興味ないからという方はスルーしてくださいね。

あなたは、幸せについて考えたことはありますか?

幸せは「自分で決めている」だけなので、物事の受け止め方、考え方で「幸せ」が決まるんです。

ですから、前向きで与えられているものを数えるのが上手い人は、幸せを感じる人が多わけです。

こういう方は、人や物を大事にし「感謝」が自然に湧くような人ですね。

BFAC7066-2546-4950-982D-96A4D45675AD


逆に、自分が幸せになるためにどうしたらいいか?という方は、目先の欲に左右され見返りや取引を求める傾向にあり、幸せを感じにくい。

そもそも五体満足であるということは「幸せ」ではないでしょうか?

病気や怪我をしたら、五体満足であることのアリガタミが分かるかと思います。

たとえば、小指1本でさえ切ったり折れたりすれば、激しい痛みとともに不自由な生活さを強いられることになりますよね。

感謝のあまりない方は、そういうことに気づかない。

いいことがあるときだけ感謝するんですよね。

お蔭様、お互い様という自然な「感謝」というのがない…

人間の脳はエネルギーの消費を嫌いますから、放っておくと楽な方を選択するようになっています。

脳は変化を好まないので記憶の流用によって結果を予測できる現状に戻そうとします。

脳は現状に留まることを目的に働くので、いいことがあるときだけ感謝するといった習慣がある方は、「幸せ」というのが実感しにくい。

脳は今までどおりが良いから現状維持しようとするし、そういう思考癖を持っていると「良い点」に目を向ける習慣がないため「悪いところばかり」に目がいきやすい。

愚痴の多い方というのは、大抵コレです。

自分を変えることができるのは「自分」だけ。

他人ができるのはサポートだけ。

人生を変え、環境を変えることができるのも自分自身です。

心理学には「承認欲求」というものがあるといわれており、人は「誰かに認められたい」という欲求を持っているといいます。

しかし、誰かが見てくれる期待して行動する方は、持久力に欠け継続できない傾向にあります。
 
もし、あなたに足りない所があるとしても、それは認めてしまえばいいんです。

それは、伸び代だから。

誰かのためではなく「自分のために」何かを始めることや自分を大切にすることも大事です。

日本人は、世界で最も「感謝」できる人の集まった国だと、私は思います。

そして、虐げられた人々、悲しんでいる人々のために損得なしに行動することができる。

D37C9463-B680-4B02-BD02-196588914A8C

心ある民族。

そういう誇らしい民族だと思います。

 
⬇︎下記バナーの応援クリックをお願いします。


人気ブログランキング


※お気に入り登録をヨロシクお願いします!



何ですか?今日のタイトル?と思われた方。

今日は、心理学の「依存と共依存」について書きますから、心理なんて興味ないよという方はスルーしてくださいね。

依存いう言葉をご存知の方は多いと思いますが、共依存は見慣れない言葉ではないかと思います。

じゃ共依存って何?ということですが「他者に必要とされる=自分の存在意義」という人間関係そのものに依存する嗜癖状態のことをいいます。

共依存者といわれる方は心理的特徴があり、その根底には「虚無感」があるといわれています。

9931ACE0-CAC0-466D-9261-EE6B8D0D105E

その虚無感を払拭するため、他者に尽くすことによって自らの「虚無感」を埋めようとします。

ザックリいってしまうと感謝されたくて意図的に行動する方や「良い人」と思われるよう意図的に行動する方ですね。

嫌われたくないという心理から「良い人」でいようとする方もいますが、そういう方は共依存者ではありません。

共依存者は、自分の存在価値を満たすために尽くすだけで、尽くすとは「耳触りのいい表現」ですが、この手の方は、人の世話を焼きたがる割に誠実さに欠け策謀的な点が目立ちます。

共依存者の特徴には、他人の後始末や責任代行をしてしまい自分の人生を生きることができないというものもあります。

比較的女性に多く親子や夫婦関係で「私が何とかして上げなきゃ」という方に当てはまるかと思いますが、これも程度問題で相手を「突き放せる」人であれば共依存者ではありません。

依存性の高い人に「過剰にかまう」ことは、依存心を増長させる(つけ上がらせる)だけだということを知ることが大事です。

女優の三田佳子さんと息子さんの関係などが、それに当てはまるかと思います。

9127DD5B-8E8A-4CF0-9D08-E1FBDC2E0D16

依存症というのは「何かにはまってほどほどでやめられない」ことであり、自分で自分をコントロールできない状態になることです。

アルコール依存症、薬物依存症、ニコチン依存症、ギャンブル依存症(パチンコなど)、買い物依存症、恋愛依存症、ネット依存症などがあげられます。

これらにハマってノメり込んでしまうのは、日ごろから信頼する人や家族に受け入れられていないという思い(寂しさ)があり孤独を感じている方に見られる傾向です。

そして、その根底には、劣等感があり「その現状から逃れよう」と夢中になった対象に傾倒していきます。 (ストーカーというのも、その実態は依存症です)

不思議なもので、この劣等感というのも他者から見れば「まるでそうではない」ことだったりします。

綺麗な女性がトンデモなダメンズに引っかかったりするのも「自分に対する無価値観」からというのも少なくありません。

美しいから幸せになれるわけではないし、そもそも論として「美しさ」は人それぞれで、自分の価値を自分で認めることこそが大切なんです。

依存症を克服するには、対象から「距離を置く」と同時に心の状態と向き合う必要があるので、問題を解決する側も問題を作る側から離れる必要があるわけです。

しかし、冒頭に書いたように、共依存者は「自身の無価値観」から世話を焼きたがるため相互の依存関係から抜け出すことが難しい。

相手を思うというのは、相手を成長させるものだと私は思います。

相手の成長に必要であれば、厳しい態度を取る勇気も必要になる。

甘やかすことは、自分で考え自分で判断し、自分で責任を持つことを放棄させるからです。

依存、共依存というレベルでなくても、相手の成長のために手や口を出さず、見守ること、自分でさせることは大事なことだと思います。

自分で出来たとき、それが「その人の自信」へと繋がっていくからです。




⬇︎応援クリックをお願いします。


人気ブログランキング


※お気に入り登録をヨロシクお願いします!

このページのトップヘ