心の風景

タグ:南モンゴル

まずはじめに、内モンゴルと外モンゴルが一緒になってしまっている方のツィートが目に付くので、違いを書いておきたいと思います。

品格のない横綱朝青龍白鳳を排出したモンゴルを「外モンゴル(外蒙)」といい、もとは内蒙とか外蒙ではなく、ひとつのモンゴルです。

しかし、ソ連が北半分をソ連の属国として独立させ、その後、外モンゴルは独立国になった。
IMG_0024

なので「モンゴル人ガー!」とモンゴルをひとつにしてツィートしないようにお願いします。

さて、今日の本題に入りたいと思いますが、10月31日の産経に、傷害事件 貴ノ岩、訴え取り下げ 「母国でバッシング」の記事を読み怒りがこみ上げました。

大相撲の元横綱日馬富士による傷害事件をめぐり、被害者の貴ノ岩関が元日馬富士に約2400万円の損害賠償を求めた訴訟で、貴ノ岩関は30日、訴えを取り下げた。提訴により母国のモンゴルでバッシングを受けたことが理由という。

 貴ノ岩関は文書で「モンゴルでは私に対する想像を超える強烈なバッシングが始まり、私の家族もモンゴルで非常につらい目に遭った」とし、家族から「裁判をやめてくれ」と要請されたと説明した。

 また、訴訟で請求していた治療費など一切の費用については、自身で負担するとし、「これからは相撲道に邁進(まいしん)し、相撲で活躍して、私の家族にはモンゴルで平穏な生活をさせたいと思う」とした。

image_001

被害者である貴ノ岩が、なぜ治療費など一切の費用を自身で負担しなくてはならないのか?

元日馬富士は秋巡業中の昨年10月、鳥取市内のラウンジの個室で貴ノ岩関をカラオケのリモコンで殴るなどし約12日間のけがをさせたなどとして略式起訴され50万円の罰金を納付しているが、問題は「約12日間のけが」は、頭を割られるほどの傷害であり礼儀と礼節としてとは到底思えない行為です。

元日馬富士は11月に引退したが、暴行に至った原因を「先輩の横綱として、礼儀と礼節がなっていないときにそれを教えるのが義務だと思っている」と語っている。

しかし、この事件は頭を割られるほどの傷害であり、元貴乃花親方が日本相撲協会の対応を不服として内閣府に告発状を提出しています。

その元貴乃花親方は、協会役員から内容が事実無根と認めるよう求められたとして協会を退職した。
1b429f3d80b4489b888b3fe0b00966a1_15.00057

正しくは、退職せざるを得ないよう追い詰められた。

この事件は、危機管理員会そのものが中立的な立場ではなく、明らかに加害者側に立っていることが誰の目から見ても明らかだった。

元日馬富士が故郷では評判がいいそうですが事実が外モンゴルに伝わっていない

事件当時、貴ノ岩を悪者にし「謝罪をしていればこんなことにはならなかった」と、貴ノ岩や元貴乃花親方が悪いような印象を与えたマスゴミは相撲協会に等しく卑劣極まりない。

加害者と加害者が逆転してしまったこの事件に我々は黙っていていいのですか?

⬇︎下記バナーの応援クリックをお願いします。


人気ブログランキング


※お気に入り登録をヨロシクお願いします!




ウイグル、チベットへの中共の残虐な行為を批判するツィートが増えてきたことを、とても有り難く、嬉しく思っています。

しかし、ウイグル、チベット同様、激しい弾圧を受けている南モンゴルについては余りSNSで見かけません。

CC839110-924F-4553-A622-182EAFDDD4FA

南モンゴル(内モンゴル)は、文化大革命で多くの人々が虐殺された親日民族です。

文革時の内モンゴルは150万人近くモンゴル人が暮らしていたといわれており、うち34万人が逮捕、2万7900人が拷問により殺害された。

内モンゴルでは「モンゴル人」という理由だけで虐殺が行われたという証言があり、証言者の祖父も満州国時代に日本人と親しかったというだけで、戦後中国当局から迫害されたという。

モンゴル人を中国の敵とし、旧満州国には中国の敵が多いと兵士を動員、漢民族の労働者と農民を扇動して殺戮へと駆り立てた…

日本がもし中共の手に落ちれば、同じように捏造された南京大虐殺によって、中国の敵として「日本人」というだけで虐殺されるでしょう。

40年にわたって日本が統治した内モンゴルで、日本は教育への投資に力を入れていた。

そのため親日派のモンゴル人は、文革期に日本のスパイというレッテルを貼られ殺戮された。

内モンゴルでの弾圧は今も続き、草原は漢民族に占領され抵抗すれば逮捕され牧畜民を農耕民に変え、モンゴル語による教育を廃止し中国語を強制…これは、チベットやウイグルでも行われている文化的ジェノサイドです。

高須クリニック院長がチベットの惨事を伝え、世界ウイグル会議総裁のラビア・カーディル女史がウイグル開放を叫び、チベット・ウイグルへの弾圧は、日本でも知られるようになりましたが、南モンゴルで行われている中共の弾圧を知らない方や、もしかしたら南モンゴルがよく分からないという方もいるでしょう。
20170714-00000005-wordleaf-25f513a51f0d377edf026695646a41c0b

中国では「内モンゴル自治区」と呼称されている地域、その南モンゴルでも、チベット・ウイグルへの弾圧同様、伝統、文化、経済、人権、環境が破壊されています。

南モンゴルは内モンゴル自治区(1947年成立し、1949年に正式に中国に組み込まれた)となって中国の一部に組み込まれてから現在に至るまでの間に多くの人が亡くなっているのです。

文化大革命では、すさまじい数のモンゴル人が犠牲になり、南モンゴルの政府高官や兵士、知識人が殺され、当時南モンゴルの人口は150万人といわれる、その内100万人が逮捕され死傷者は数十万人にのぼる。

中共は、いつも侵略後に残虐さをあらわにし、女子供を吊るし上げて拷問し、素足で火の上を躍らせ、ペンチで歯を抜くなどの思いつく限りの残虐行為をする彼らの悪逆非道さは書ききれない…

人民解放軍の劉小隊長の伝記には「モンゴル人たちが全員死んでも問題ない。わが国の南方にはたくさん人間がいる。モンゴル人たちの生皮を剥ごう」とまで書かれていたという。

中共は、どこの国でも同じことを繰り返している…

南モンゴルの惨事は昔話ではなく今も続いている。

牧畜民を農耕民に変えた中共は、南モンゴル地域で畑や水田が作られたことを成功といっていますが、モンゴル草原は農学的に見て非常に砂漠化しやすいところだといいます。

中共による60年あまりの植民支配の間、モンゴル人の土地や資源は漢人に奪われ、モンゴル人学校は廃校、道徳、価値観、伝統、文化が消えようとしているのです。

南モンゴル人の土地、経済基盤、伝統、文化などすべてを失っていく。

これは、今、ウイグルでも行われている中共政府による民族を絶滅政策です。

中国当局の政策により、1950年代から今日に至るまで大量の中国人が南モンゴルに移住していることも、同じように侵略併合された国々で行われている。

今や内モンゴル自治区の80%が中国人だという。

南モンゴルのことはチベットやウイグルほど声があがらない…

彼らは満州時代、日本人と親しくしていた民族、そのためにスパイだというありもしないことでレッテルを貼られ拷問され惨殺されていった。

中共による侵略。

ウイグル、チベットなどが侵略された事実は国際的にも今や有名です。

しかし、最初に侵略されたのは南モンゴル…その南モンゴルを植民地の実験台にした経験を、ウイグル、チベットで実行している。

中共を野放しにしておくと、やがて日本も危機を招くでしょう。

「犠牲者120万人 祖国を中国に奪われた チベット人が語る 侵略に気づいていない日本人」の著者であるペマギャルポ氏は、以下のように訴えています。

祖国を騙し取られたが消して中共だけが悪いのではない。中共が東チベットで侵略を始めたとき、国の半分は他人事のように無関心だった。北海道や沖縄で今起きていることに国民が無関心だとチベットの二の舞を演じることになる。と…

日本は、かつて東トルキスタンが侵略されたときと同じようだと、中国におけるウイグル人の人権擁護を訴える「ウイグルの母」とも呼ばれているラビア・カーディル女史が何年も前に小野寺まさる氏に語られています。

声をあげることさえできない、デモさえできない、押し付けられた政策に対抗すれば逮捕され拷問され、家に戻ってこられないという国があるのです。

私たちは、今、声をあげられる国に住んでいます。

彼らの蛮行に沈黙していては、いずれ親日国台湾、そして我が国の危機をも招くことになります。

中共の蛮行を許してはいけません。


⬇︎下記バナーの応援クリックをお願いします。


人気ブログランキング


※お気に入り登録をヨロシクお願いします!





このページのトップヘ