心の風景

タグ:加計学園

今日は、ブッダをご紹介したいと思います。

ブッダと老子は、私の個人的な趣味の世界ですからスルーしていただいても結構ですが、この言葉の意味するところは深いと思います。


この身は泡沫のごとくであると知り、

かげろうのように

はかない本性のものであると、

さとったならば、

悪魔の花の矢を断ち切って、

死王に見られないところへ行くであろう。


うるわしく、あでやかに咲く花で、

しかも香りのあるものがあるように、

善く説かれたことばでも、

それを実行しない人には実りがない。


うるわしく、あでやかに咲く花で、

しかも香りのあるものがあるように、

善く説かれたことばも、

それを実行する人には実りがある。


うず高い花を集めて

多くの華鬘(はなかざり)をつくるように、

人として生まれまた死ぬべきであるならば、

多くの善いことをなせ。


ブッダ「真理のことば感興のことば」 

中村元 訳 岩波書店


訳者によると「花を摘む」というのは、五欲の対象(色・声・香・味・触)だそうです。

欲は、希望や夢という言葉に変えることができると思いますが、希望や夢というものは遂げらない場合もありますよね。

成功に拘るのではなく挑戦すること、それが大事ではないかと思います。

どのような「欲」を持ち、どのような心根で行うのか?

願うだけでは何も変わりませんし、行動に移したからといって必ずしも結果がでるわけでもありません。

平和を願い幸せを祈る人は多いと思いますが、願い祈ることで実現される平和や幸せなどないですよね。

国難を乗り越えるために皆で力を合わせるときです。

91dd5f19


今日、ブッダをご紹介したかったのは、先日フォロワーさんが中川昭一氏について「この頃本当に何も知らなかった。大きな物と闘っていたことが分かりました。」とつぶやいていたのを見て、思わず引用リツリートしてしまいました。

バチカンからの手紙には、日本の新聞社、通信社、TV局から取材を受けたさい、中川前大臣の行動に非常識な点はなかったと繰り返し説明したが一行も報じられなかったとありました。

これは、加計学園の加戸氏の証言を黙殺したのと同じ図式です。

知らなかったことは仕方ないですし、それを責めたところで中川氏が戻ってくるわけではありません。

人間は、後から「ああすれば…」「こうしていたら…」「もっと〜できたはずだ」と悔やむものです。

ですが、過ぎたことは取り戻せない。

今からやっていくしかないのです。

多くの保守の方は今も中川氏の死に疑惑を持っていることでしょう。

けれど、大切なことは、中川昭一氏が伝えてきたこと、為したこと、そして、成し遂げられなかったことを引き継いでいくことではないかと思います。

images

保守としてではなく。

ひとりの日本人として。

また、人として。





⬇︎ 下記の応援クリックをお願いします。


人気ブログランキング
 
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

ランキングポイントは「心の風景」ブログからボタンを押していただくことでポイントが加算されますので、ぜひお気に入りの登録をお願いいたします。


 

ダウンロード

5月10日、衆参予算委員会で、元首相秘書官の柳瀬唯夫さんの参考人質疑が行われた。柳瀬さんはさまざまな答弁をした。だが、国民のほとんどは、それらを嘘だと捉えているだろう。

柳瀬さんはこれまで、「記憶のかぎりでは、愛媛県や今治市職員にお会いしたことはない」としてきた。しかし、今回の参考人招致では、一転、加計学園の関係者との面会を認めた。

だがその一方で、愛媛県や今治市の職員については、「いたのかもしれない」と発言を変えている。「後ろの方にいたから気づかなかった」と言うのだ。

これに対して、「職員はメインテーブルに座っていた、後ろじゃない」と愛媛県知事は怒った。しかも、愛媛県知事によると、名刺交換もしているという。

そもそも柳瀬さんは、加計学園の関係者と3度も会ったという。それは京都産業大学など他の候補もあるなかで、明らかな「えこひいき」ではないのか。やってはならないことだ。

ところが柳瀬さんは、加計学園問題について、安倍首相から指示を受けていない、報告もしていないという。では、首相秘書官が勝手にやったというのか。であれば、上司に叱られて当然だろう。

衆議院議員江田憲司さんは、柳瀬さんの証言について、首相に対して報告するのは責務であり、怠るのは無神経だと語る。江田さんは、橋本龍太郎さんが首相のときの秘書官だ。

では、なぜ首相秘書官として当然の「報告」を、柳瀬さんは「しなかった」と嘘をつくのか。すべては安倍首相の、「加計学園のことについては、1月20日まで知らなかった」という発言を、「嘘にしない」ためだったのだろう。

もし「報告した」と柳瀬さんが答弁すれば、この発言は、安倍首相がとんでもない嘘をついた、ということになるのだ。

いま、日本の政治は、嘘を守るために嘘をつくという、実に情けない状況になっている。

一方で、森友学園問題では、財務省による文書の改ざんが明らかになった。しかもその改ざんを国民に隠していたのだ。民主主義国家として、あってはならない事態だ。

しかも、麻生太郎さんは責任を取って金融担当大臣を辞めるものと誰もが思っていた。僕が話を聞いた自民党の幹部も、そうなるだろうと言っていた。

だが、安倍首相は麻生さんを辞めさせなかった。それどころか、麻生大臣は、「改ざんは個人の資質」だとして、組織の責任ではないと発言した。大失言だ。

もはや安倍内閣は、問題と矛盾ばかりだ。当然、内閣支持率は落ちるだろう、と僕は考えていた。ところが違った。

14日の共同通信の調査で、なんと、安倍内閣の支持率は、落ちるどころか、37%から38.9%に上がっているのだ。日経新聞の調査でも、支持率43%と高いままだ。これは、非常に大きな問題だと僕は考えている。

野党6党は安倍内閣に対し、麻生大臣の辞任、森友学園の疑惑解明など、4つの要求に応えなければ、国会審議を拒否するとしていた。

ところが、これらの問題に何ひとつ応えていないのに、野党は審議拒否を止めたのだ。それは、なぜか。

これ以上、審議拒否することは、国民の反発を招くと、野党が判断したのだ。現に、少なからぬ新聞が、審議拒否はけしからんと、野党を叩いた。

北朝鮮問題など外交問題が山積みの状況で、小さい問題にこだわっていると批判したのだ。野党は、こうした批判に屈した。

しかし、それでもなぜ国民は、安倍内閣を支持するのか。僕の長いジャーナリスト人生でも、これだけ問題山積みの内閣が、支持率を下げるどころか、上げるなんてことは初めてだ。

与党も野党もメディアも、この初めての状況に、とまどっている。僕は、この国に何が起きているのかをしっかり見極めていきたい。
https://gunosy.com/articles/aCOJz

編集部より:このブログは「田原総一朗 公式ブログ」2018年5月26日の記事を転載させていただきました。転載を快諾いただいた田原氏、田原事務所に心より感謝いたします。オリジナル原稿をお読みになりたい方は、「田原総一朗 公式ブログ」をご覧ください。

  • アゴラ
  • 更新日:2018/05/26
  • 田原総一朗氏の「僕は、この国に何が起きているのかをしっかり見極めていきたい。」には爆笑ですね。

    B0A3418E-7C08-4445-BB1B-7C50A292C042


    なぜ国民は、安倍内閣を支持するのかを理解できない田原氏には一生かかっても見極めることはできないでしょう。

    そもそも「ついに支持率が上がりはじめた安倍内閣…」あたりのタイトルからして、田原氏のソースの偏りが観えますし、「なぜ国民は、安倍内閣を支持するのか。長いジャーナリスト人生でも、これだけ問題山積みの内閣が、支持率を下げるどころか、上げるなんてことは初めてだ。」には噴き出しました。

    老害やらボケてきたのではとネットでいわてれいますが、そろそろジャーナリストをお辞めになったほうが良いでしょう。

    野党もよく使う国民ですが、田原氏のいう「国民」って誰でしょうね?

    昨年10月の衆院選が自民圧勝だったことは皆さまも記憶に新しいかと思いますが、この選挙結果こそが民意であり「国民」の意思ですから、この結果を正しく受け入れることができていれば、このようなお粗末な認識にはならないでしょう。

    しかし、笑ってばかりもいられないというのも現実問題として残ります。

    ネットでは周知の事実であっても、その拡散はお茶の間にまで届いていないからです。

    洗脳、プロパガンダという言葉を誰もが知る時代になっても、言葉だけを知って自分が踊らされていることに気づかないという方もいるかも知れません。

    人は「目から入る情報による刺激」がもっとも強いといわていて、全体の87%というデータがあり、振り込め詐欺などのニュースも後を絶たない現代は、カルトやスピなども「詐欺」のカテゴリに入るかと思います。

    こうした連中にまんまと騙されてしまう方がいることは残念でなりませんが、人間は一度バイアスが掛かってしまうと「それ以外に考えられなくなる」ため、田原総一郎のように自分の思う方へ勝手に進んでいってしまいます。

    詐欺や視えない世界に引っかかる方も同じで、バイアスが掛かってしまうと自分に都合の良い情報だけを集めようとするようになり「冷静」に物事を見れなくなります。

    これは、ツイッターをしていても思うことですが「ガセネタ」が何万もリツリートされていく…なぜそんなことが起きるのかといえば、嫌な相手の事実には興味を持たず「正論」さえも無視するようになっているからです。

    自分が選択したモノへの「拘りが事実にバイアスをかけ歪んだ情報収集をさせる」わけです。

    人間というのは、基本的に「理屈」よりも好き嫌いの「感情」で物事を判断しやすい生き物ですから、好意を抱いている相手の発言は信じようとするし嫌いな相手の発言は「事の是非に関係なく」信じようとしない。

    説得や理屈や論理的な解説などは相手に伝わりにくいですから、感情に訴える印象操作は相手をコントロールするには好都合なわけです。

    情報に明るい方であれば、印象操作の図式は「左派メディア」や「野党」の常套手段だということをよくご存知でしょう。


    そうでない方たちが騙されてしまうのは、いわゆる「情弱」といわれるお年よりやワイドショーや女性雑誌しか知らない主婦層です。

    腹立たしいのは、騙される方は「お人よし」で「優しい」ため「一生懸命」になってしまうんですね。

    具合が悪くても雨の日でも選挙へ行こうとするお年よりたちは、戦後の日本の復興に貢献してきた方たちであり日本が大変な時代をよくご存知です。

    だからこそ汚いマスゴミの情報を信じて選挙に行くのです。それを、情弱と笑うことはできません…

    旧統一教会(カルト)教祖のご家族にあたる方だったと思いますが「悪が善意で敷き詰めらた上を歩いていく」ということを書いた記事を読んだことがあります。

    人間は五感から、それぞれ情報を得ており視覚器官からは全体の87%もの多くの情報を得ていることが分かっていますから、伝達される情報のほとんどは視覚から入ってきているわけです。

    そして、左派メディアは情報を
    分かりやすく視覚化し「見て分かる」ように上手く嘘を織り交ぜて情報を偏向させています。池上彰の番組がゴールデンで何度も放送されるのは、左派メディアの思惑があることがお分かりいただけるでしょう。

    (今夜もあるようです ↓ 2018年5月26日(土)よる6時56分放送)
    日本の車は世界のどの地域でどのくらい売れている?日本の鉄道車両が使われているのはどのくらい?世界で「完全な民主主義」の国はどのくらいある?実は日本の民主主義は「欠陥」だらけ!?…日本と世界のこと、世界地図を見ればもっとよくわかる!池上彰が分かりやすく解説します!
    main
    わかりやすさ=正確ではない。

    この番組を見ていると、それが理解できるでしょう。

    今夜は「日本の民主主義は「欠陥」だらけ!?」に絞って偏向しそうですね。

    左派メディアの使う手口は情報に明るい方であれば分かりますが、何も知らない方たちにとって「分かりやすさ」というのは大事なことなのです。

    ですから
    何も知らない方たちに「いかに正確な情報」を伝えていくかが大切です。


    ⬇︎ 下記の応援クリックをお願いします。


    人気ブログランキング
     
    にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
    にほんブログ村

    ランキングポイントは、「心の風景」ブログからボタンを押していただくことでポイントが加算され、人気ランキングからお越しいただくとポイントが加算されませんので、応援いただける読者の方はお気に入りの登録をお願いいたします。

    このページのトップヘ