心の風景

タグ:中川昭一

今日は、故 中川昭一氏の命日ですね。

今いらっしゃれば、安倍政権をサポートし憲法改正に向けて尽力されたことでしょう。

中川氏は、拉致問題にも議連会長を務めるなど熱心に取り組んでいらっしゃいました。

どんなに忙しくても拉致に関係する大きな会合には必ず出席され、拉致被害者ご家族の信頼がとりわけ厚い方でしたから、
彼を失った拉致被害者のご家族は「強い力を失った」と落胆した…

中川氏の原点には「国民を守れずに国家が守れるか」という思いがあったと、以前、桜井よしこ氏が語っていましたが、その意思を私たちが繋いでいきましょう。

93788DC1-A239-48C8-B84B-1207D1C8DFB2

秋葉原で「安倍晋三候補の後を受けて、麻生太郎と福田康夫候補と2人で総裁選挙を争ったことがあります。麻生派は、たったの15人。15人よ。あとは全派閥福田候補だった。その時に、私どもは何と言ったか、今でも覚えてますよ。間違いなく、俺についてくる人は必ず冷や飯を食いますと。冷や飯食うことを覚悟でついてくる人だけ、一緒にお願いします。そう申し上げて付いてきたもらった人が安倍晋三、中川昭一、菅義偉、甘利明。」と麻生氏が語られましたが、中川氏は、命をかけてこの国のかじ取りをしてきた人です。

もし今、中川氏がいらしたら拉致被害者とそのご家族を放っておくことは決してなかったはずです。

拉致被害者のご家族は、強い力であった中川氏を失っても前に進まなくてはなりませんでした。

戦後、GHQに押し付けらた日本国憲法によって国民を救出する術を失ってしまった我が国では、我が子を助けたいと普通のどこにでもいる親が戦っているんです。

そして、拉致被害者奪還には総連や反日の嫌がらせがついて回る。

今年6月の拉致被害者奪還デモでは「ネトウヨに神戸の街を歩かせるな!」と妨害を呼びかけている連中がいましたが、これも彼らの平常運転です。

ある日、突然、何の落ち度もない我が子を北朝鮮に奪われた人たちは、ずっと、この国の中でも戦っているんです。

ご家族は街頭に立ち、何百人もの人に頭を下げ「助けてください」と叫び続け、家族に会えることを信じて諦めず戦ってきました。

74A80A82-70B9-4FEB-BAC8-C3BF61874BD5

日本人は皆、中川昭一氏のように、悲しんでいる人、苦しんでいる人を放っておかず寄り添う心を持っているはずです。

何としても、拉致被害者とご家族の40年の悲しみを終わらせたいのです。

毎週日曜、20〜23時、拉致被害者全員奪還ツイデモがあります。

1ツイートでも構いません、1分でも構いません。

あなたの力を貸してください。

署名が未だという方は、ぜひ署名のご協力をお願いします。

我が子に会えることを信じ努力し続けてきた拉致被害者ご家族に、どうか寄り添ってください。
 


⬇︎下記バナーの応援クリックをお願いします。


人気ブログランキング


⬇︎お手数ですが、こちらもヨロシクお願いします。

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村

よろしければ、ぜひお気に入り登録をお願いします。



お盆は、靖国やお墓参りへ出かけられましたか?

霊界と今が繋がり、亡くなった方と会うほんの数日ですが、悲しみに暮れ亡き人をいつまでも思って泣いていることがありませんよう…

今を生きる者たちの思いが強すぎると、魂がスッと霊界へ上がれなくさせてしまうようです。

生きていれば…

嫌なこと、辛いこと、面倒なこと、鬱陶しいと思うこともありますよね。

人生は、面白いこと、楽しいことラクなことばかりではありませんしね。

けれど、亡くなってしまったら、もうそういうことはなくなるんですよね…


拉致問題を拙ブログで記事にしていますが、保守の方は忘れてしまったのでしょうか?

故 中川昭一氏が、拉致議連会長を務めるなど拉致問題に熱心に取り組んでいたことを。

DNTazFEVwAIwEt8

中川氏は、どんなに忙しくても拉致に関係する大きな会合には必ず出席された方です。

それゆえに、拉致被害者家族の信頼がとりわけ厚かった。

ですから、彼を失った拉致被害者のご家族は「強い力を失った」と落胆した。

中川氏の原点には「国民を守れずに国家が守れるか」という思いがあったと、以前、桜井よしこ氏が語っていました。

その中川氏の意思を私たちは受け継がなくて良いででしょうか?


安倍総理
「残された時間は少ない」

市川修一さんの父は
99歳まで
息子を待ち続け、亡くなった

増元るみ子さんの父は
「わしは日本を信じる」
「お前も日本を信じろ」と
娘に言い残して、亡くなった

娘を待ち続けた父親の
亡くなる直前の姿を観てほしい

とても他人事とは思えない

愛する家族を奪われた人たちは、街頭に立ち何十人何百人もの人に頭を下げ「助けてください」と叫んできました。

拉致被害者のご家族は、生きている間中、自分にできることは全てやり尽くして、死ぬ間際まで家族に会えることを信じて諦めず戦ってきた。

皆それぞれ家庭、仕事、学校がありますからできることをお願いしたいと思います。

拉致問題の集いが、平成30年9月1日(土)埼玉会館小ホールで行われます。

参加費無料ですから、もし拉致をよく知らないという方がいるなら、ぜひ参加してほしいと思います。

※シェア拡散求む

日時:平成30年9月1日(土)
(開場12:20) 13:30開始~16:00閉会

場所:埼玉会館小ホール(JR浦和駅西口徒歩6分)

定員:500名

※参加費無料

申し込方法:ハガキ・Eメール

※事前申し込み制:応募者多数の場合は抽選となります。


参加できない方は、ぜひ拡散をお願いいたします!


⬇︎下記バナーの応援クリックをお願いします。


人気ブログランキング


⬇︎お手数ですが、こちらもヨロシクお願いします。

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村

よろしければ、ぜひお気に入り登録をお願いします。



今日は、ブッダをご紹介したいと思います。

ブッダと老子は、私の個人的な趣味の世界ですからスルーしていただいても結構ですが、この言葉の意味するところは深いと思います。


この身は泡沫のごとくであると知り、

かげろうのように

はかない本性のものであると、

さとったならば、

悪魔の花の矢を断ち切って、

死王に見られないところへ行くであろう。


うるわしく、あでやかに咲く花で、

しかも香りのあるものがあるように、

善く説かれたことばでも、

それを実行しない人には実りがない。


うるわしく、あでやかに咲く花で、

しかも香りのあるものがあるように、

善く説かれたことばも、

それを実行する人には実りがある。


うず高い花を集めて

多くの華鬘(はなかざり)をつくるように、

人として生まれまた死ぬべきであるならば、

多くの善いことをなせ。


ブッダ「真理のことば感興のことば」 

中村元 訳 岩波書店


訳者によると「花を摘む」というのは、五欲の対象(色・声・香・味・触)だそうです。

欲は、希望や夢という言葉に変えることができると思いますが、希望や夢というものは遂げらない場合もありますよね。

成功に拘るのではなく挑戦すること、それが大事ではないかと思います。

どのような「欲」を持ち、どのような心根で行うのか?

願うだけでは何も変わりませんし、行動に移したからといって必ずしも結果がでるわけでもありません。

平和を願い幸せを祈る人は多いと思いますが、願い祈ることで実現される平和や幸せなどないですよね。

国難を乗り越えるために皆で力を合わせるときです。

91dd5f19


今日、ブッダをご紹介したかったのは、先日フォロワーさんが中川昭一氏について「この頃本当に何も知らなかった。大きな物と闘っていたことが分かりました。」とつぶやいていたのを見て、思わず引用リツリートしてしまいました。

バチカンからの手紙には、日本の新聞社、通信社、TV局から取材を受けたさい、中川前大臣の行動に非常識な点はなかったと繰り返し説明したが一行も報じられなかったとありました。

これは、加計学園の加戸氏の証言を黙殺したのと同じ図式です。

知らなかったことは仕方ないですし、それを責めたところで中川氏が戻ってくるわけではありません。

人間は、後から「ああすれば…」「こうしていたら…」「もっと〜できたはずだ」と悔やむものです。

ですが、過ぎたことは取り戻せない。

今からやっていくしかないのです。

多くの保守の方は今も中川氏の死に疑惑を持っていることでしょう。

けれど、大切なことは、中川昭一氏が伝えてきたこと、為したこと、そして、成し遂げられなかったことを引き継いでいくことではないかと思います。

images

保守としてではなく。

ひとりの日本人として。

また、人として。





⬇︎ 下記の応援クリックをお願いします。


人気ブログランキング
 
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

ランキングポイントは「心の風景」ブログからボタンを押していただくことでポイントが加算されますので、ぜひお気に入りの登録をお願いいたします。


 

このページのトップヘ