何ですか?今日のタイトル?と思われた方。

今日は、心理学の「依存と共依存」について書きますから、心理なんて興味ないよという方はスルーしてくださいね。

依存いう言葉をご存知の方は多いと思いますが、共依存は見慣れない言葉ではないかと思います。

じゃ共依存って何?ということですが「他者に必要とされる=自分の存在意義」という人間関係そのものに依存する嗜癖状態のことをいいます。

共依存者といわれる方は心理的特徴があり、その根底には「虚無感」があるといわれています。

9931ACE0-CAC0-466D-9261-EE6B8D0D105E

その虚無感を払拭するため、他者に尽くすことによって自らの「虚無感」を埋めようとします。

ザックリいってしまうと感謝されたくて意図的に行動する方や「良い人」と思われるよう意図的に行動する方ですね。

嫌われたくないという心理から「良い人」でいようとする方もいますが、そういう方は共依存者ではありません。

共依存者は、自分の存在価値を満たすために尽くすだけで、尽くすとは「耳触りのいい表現」ですが、この手の方は、人の世話を焼きたがる割に誠実さに欠け策謀的な点が目立ちます。

共依存者の特徴には、他人の後始末や責任代行をしてしまい自分の人生を生きることができないというものもあります。

比較的女性に多く親子や夫婦関係で「私が何とかして上げなきゃ」という方に当てはまるかと思いますが、これも程度問題で相手を「突き放せる」人であれば共依存者ではありません。

依存性の高い人に「過剰にかまう」ことは、依存心を増長させる(つけ上がらせる)だけだということを知ることが大事です。

女優の三田佳子さんと息子さんの関係などが、それに当てはまるかと思います。

9127DD5B-8E8A-4CF0-9D08-E1FBDC2E0D16

依存症というのは「何かにはまってほどほどでやめられない」ことであり、自分で自分をコントロールできない状態になることです。

アルコール依存症、薬物依存症、ニコチン依存症、ギャンブル依存症(パチンコなど)、買い物依存症、恋愛依存症、ネット依存症などがあげられます。

これらにハマってノメり込んでしまうのは、日ごろから信頼する人や家族に受け入れられていないという思い(寂しさ)があり孤独を感じている方に見られる傾向です。

そして、その根底には、劣等感があり「その現状から逃れよう」と夢中になった対象に傾倒していきます。 (ストーカーというのも、その実態は依存症です)

不思議なもので、この劣等感というのも他者から見れば「まるでそうではない」ことだったりします。

綺麗な女性がトンデモなダメンズに引っかかったりするのも「自分に対する無価値観」からというのも少なくありません。

美しいから幸せになれるわけではないし、そもそも論として「美しさ」は人それぞれで、自分の価値を自分で認めることこそが大切なんです。

依存症を克服するには、対象から「距離を置く」と同時に心の状態と向き合う必要があるので、問題を解決する側も問題を作る側から離れる必要があるわけです。

しかし、冒頭に書いたように、共依存者は「自身の無価値観」から世話を焼きたがるため相互の依存関係から抜け出すことが難しい。

相手を思うというのは、相手を成長させるものだと私は思います。

相手の成長に必要であれば、厳しい態度を取る勇気も必要になる。

甘やかすことは、自分で考え自分で判断し、自分で責任を持つことを放棄させるからです。

依存、共依存というレベルでなくても、相手の成長のために手や口を出さず、見守ること、自分でさせることは大事なことだと思います。

自分で出来たとき、それが「その人の自信」へと繋がっていくからです。




⬇︎下記バナーの応援クリックをお願いします。


人気ブログランキング


⬇︎お手数ですが、こちらもヨロシクお願いします。

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村

よろしければ、ぜひお気に入り登録をお願いします。