12/7(金)に呉竹会アジアフォーラムが開催されるため、拙ブログでご案内しようと思っていた矢先、 呉竹会 頭山興助氏の秘書 望月氏より、先般「呉竹会」がウイグル独立運動から撤退するとの決定事項を発表し、二日後に撤回したことで、ウイグルを支援している人や呉竹会を支援している方に混乱を招いてしまったと、その経緯について「オヤジ船隊ダジャレンジャー氏の記事」拡散の依頼をいただきましたので以下にリンクを貼りました。

https://dajya-ranger.com/patriot/kuretakekai-interview-20181025/

一部抜粋しつつ私の解釈を入れながら要約すると、17日の撤退宣言は「ラビヤ・カーディル女史」を筆頭とするウイグル独立運動からの撤退だったそうです。

私個人としては、ビア女史の境遇からすれば、すがれるものは全てすがりたいのではないかという気がします。

ウイグルの母と呼ばれるラビア女史ですが、ご家族のことなど到底普通の人間では耐えられないような悲惨な道を歩いてきた方ですが…いかなる理由があるにせよ、発言を二転三転させ、呉竹会やウイグルを支援している日本の人々が振り回されることは呉竹会として「もう出来ない」という判断をさせてしまったことを、とても残念に思います。

呉竹会は、ラビア女史が新たな仲間(自由インド太平洋連盟)と一緒に組んで活動するということを産経「亡命ウイグル人ら、国際組織で中国の弾圧に対抗 東京に事務局、26日結成大会」の記事で初めて知ったそうです。

photo

『ウイグル弾圧 裏に「一帯一路」』

「日本の人たちに同胞の抑圧の悲惨を知ってもらいたい。日本に行くのはどうしたらよいですか」
ウイグル人女性のラビア・カーディルさんが私の手を固く握って、問うてきたのはもう13年も前だった。ワシントンでの彼女の講演を取材して帰ろうとした際、呼び止められたのだ。

カーディルさんは中国の新疆(しんきょう)ウイグル自治区で国家安全危害罪で6年も獄につながれ、米国政府の支援で釈放後、移住を認められたばかりだった。その後は「世界ウイグル会議」議長となり、訪日も数回、果たした。

だが2018年10月のいま、彼女が故郷に残した親族十数人が強制収容所に捕らわれた。中国共産党政権によるウイグル人弾圧は長い歳月、少しも減らないどころか、一気に次元を超えて悪化したのだ。米国の議会と政府の合同組織「中国に関する議会・政府委員会」の年次報告が詳細に明かしていた。

中国政府の人種や法の支配の状況を調べた同報告書は新疆ウイグル自治区でウイグル人約800万のうち100万もが全区で1300カ所もの強制収容所に入れられたことを伝えていた。所内ではイスラム教や民族古来の言語、風習、文化を捨てる「政治再教育」を無期限に受けさせられる。その過程では水責めの拷問、強制断食、睡眠禁止などの過酷な措置が加えられる。

米国官民あげての1年にわたる調査に基づく同報告書は中国政府がウイグル人に民族や宗教の年来の帰属要因をすべて放棄させ、共産党の無宗教の理念の下に「中国化」する大作戦を徹底させ始めたことを伝えていた。とくに海外で中国共産党の行動を批判するカーディルさんのような在外ウイグル人の指導者や学者、言論人の留守家庭への懲罰的な措置がひどいという。

同報告書は中国を批判する在米ウイグル人記者の82歳の母や、ウイグル人学者の61歳の弟らが収容所内で次々に不審な死をとげた悲惨な状況をも詳しく記していた。そして中国政府のいまの措置を「人道に対する罪」と断じていた。
だが中国共産党はここにきてなぜ急にウイグル人の弾圧を徹底させたのか。

新疆ウイグル自治区の実質的最高権力ポストの共産党委員会書記に、習近平国家主席に忠誠を誓う陳全国氏が就いたのは16年8月だった。翌年、党中央政治局員に昇格した陳氏はそれまでチベット自治区での「中国化」に実績をあげたとされた。そして新疆ウイグル自治区では昨年春から前例のない大規模なウイグル住民の大量強制収容と洗脳工作を異様なスピードで推進した。チベットや内モンゴルでの少数民族の強制同化とはまったく異なる勢いでのこの工作の新の理由はなんなのか。

米国の同委員会の報告はこの疑問への答えとして「一帯一路」構想をあげていた。周主席が始めた野心的なインフラ建設の巨大経済圏の同構想では新疆ウイグル自治区が重要なハブ(中枢)になるというのだ。

そのハブでは地元社会の長期の安定が求められる。中国政府からみての「分裂主義」や「過激派」のウイグル民族の反中志向が少しでも残っていてはならない。そんな共産党首脳部の非道な計算こそが今回の大弾圧を招いたというわけだ。「一帯一路」の不都合な現実とでも呼べようか。
(ワシントン駐在客員特派員)

出展:平成30年10月16日付・産経新聞朝刊「緯度経度」古森義久


日本ウイグル連盟代表のトゥール氏は、この件に関してラビア女史から何も聞いておらず、数日前パリで行われたウイグル人の新しい組織を作る会議でラビア女史と何日も一緒にいたが、そんな話は出てなかったのだそうです。

トゥール氏は、26日に結成大会を「自由インド太平洋連盟」に呉竹会とも一緒にやろうと提案をしていたそうですが、同連盟のメンバーから断られたのだそうです。

これらの行動は、今まで日本で10数年間活動して来たことを無にする恐れがあり、新たなウイグル独立運動団体を作ること(分裂させること)は、在日ウイグル人達をさらに混乱させ、独立運動団体同士の対立を生む可能性を秘めている。

それは、ウイグル独立を支援しようとする日本の人々にとっても、どの団体を支持して支援するのかで日本人同士までもが分裂・分断することは最も避けなくてはならないことです。

中共のヤリクチをよくご存知の方でしたら、お分かりになると思いますが、これはウイグル独立運動の弱体化を狙ったウイグル人への分断工作です。

呉竹会アジアフォーラムも、高須クリニック院長(下写真右手)や杉田水脈議員の参加により広く知られるようになりました。

9947943D-19E1-4617-9C21-7F3CEE6FD5B0

呉竹会では、ウイグルを支援する日本の方たちの混乱や対立を回避するために、この判断に至ったそうです。

残念な結果ではありますが、これからもウイグルをはじめ中共に弾圧されている国の人々を支援していきたいと思います。




12/7(金)「ウイグルの悲惨な現状」呉竹会アジアフォーラム開催
憲政記念館にて17:30受付18時開演

登壇者トゥール・ムハメットさん(日本ウイグル連盟会長)
「東トルキスタン国民会議」セイット議長他

解説藤井厳喜先生
参加費 2000円(事前予約不要)

中共は台湾や日本をターゲットにしています。
皆さまも、どうか他人事だと思わずに目を向けてください。


⬇︎下記バナーの応援クリックをお願いします。


人気ブログランキング


※お気に入り登録をヨロシクお願いします!