心の風景

カテゴリ: 書籍

日曜20〜23時、拉致被害者全員奪還ツイデモがあります。
私も毎週1時間ほどですが参加しています。

拉致被害者全員奪還ツイデモを一日も早く終わらせたい。
家族が揃って暮らす当たり前の日々を取り戻すために、皆さまのご参加ご協力を是非お願いいたします!

ジャパニズム43に記載されていた深田萌絵氏の「中国に身売りされた日本企業の阿鼻叫喚」を読んで、昨日ご紹介した「マダムの部屋」ブログにあるように、日本政府が弱腰のままでは日本企業が潰され、強いては日本人が中国人などの配下に置かれ厳しい状況へ追い込まれていくことになるだろうと思います。

DfOkeKNVMAEEZ2D

そして、台湾マフィア青幇(ちんぱん)について、2017年 月刊 WiLL 12月号「東芝 シャープ なぜムザムサと中国に売り渡すのか」河添恵子氏、深田萌絵氏との対談でも深田氏は警告していたのを思い出しました。


河添恵子氏、深田萌絵氏、両氏の対談には、テリー会長の正体や企業買収の危険性について語られていました。

ここで、テリーゴウ氏については産経ニュースを紹介しておきたいと思います。

台湾・鴻海(ホンハイ)精密工業を電子機器受託製造(EMS)世界最大手にのしあげた郭台銘会長(英語名=テリー・ゴウ)がついに本性をあらわした。シャープの買収が承認された鴻海の株主総会で「飼い主を代えても悪い卵しか産まない鳥はいらない」と人員削減に踏み込むと宣言したのだ。「雇用を守る」などの条件を並べ「トラスト・ミー(信じてくれ)」と訴えた姿から豹変した。ただ、業界からは「生き馬の目を抜くグローバルビジネスで、どんな手を使ってでも勝ち抜いた執念をシャープは学ぶときだ」との声も上がる。

釣った魚にエサは…

 「日本式のやりかたは、会社にとって利益がないと判断したらきっぱりカットしたい」
6月、台湾・新北市の鴻海本社で開かれた株主総会で、郭会長はこう力説した。

 これまでは、シャープ側の心情に配慮した言動が目立ち、4月の調印式後の記者会見では「シャープの歴史と、技術の革新者として果たしてきた役割を尊敬する」などと持ち上げていた。同じ会見で、シャープの新社長への就任が決まった戴正呉副総裁は、その100年の歴史に敬意を表し「シャープ創業者、早川徳次氏の記念館をつくりたい」とまで語ったほどだ。

 ところが、地元での株主総会では、シャープについて郭会長は「研究開発はうまいけど売れない」「優れた技術を持っているのに売れず、特許を製品化できていない」などと本音をのぞかせた。

 戴副総裁に至っては総会後、報道関係者に「シャープは金持ちの子供のようで贅沢。期限やコスト意識がない。責任感もない」と切り捨てた。郭会長が当初シャープ社長は日本人に任せる意向を示していたことに対し「はじめは日本人社長を探したが、こういう状況では無理だと判断した。自分の子供は自分で教えますか? 学校に行かせて先生に教えてもらうでしょう」と述べ、出来の悪いボンボンを鍛え直してやるといわんばかりだった。

こうした言動の変化について、関係者は「手に入れるまではあの手この手で興味を引こうとするが、釣った魚にエサはもうやらないということでしょう」と解説する。

やはり人員削減

 そもそもシャープが支援企業を選ぶ際に重視した判断材料のひとつは、従業員の雇用を守ることだった。
 そこを見抜いた郭会長は本命視されていた官民ファンド、産業革新機構が大規模な工場整理や人員削減などを想定しているのに対して「従業員の雇用を守る」としただけでなく、「事業売却はしない」「首脳陣の退任は求めない」などの条件を提示。巨額の拠出規模とともにシャープ経営陣が鴻海支持へと傾くきっかけにした。

 ただ、郭会長は直後に「40歳以下の社員はリストラしない」と報道陣に表明するなどベテラン社員の処遇に懸念が広がっていた。それでも4月の調印式後の会見で「鴻海では毎年、業績をみて3~5%に辞めてもらっている。しかし、日本(シャープ)では、全員(雇用を)維持できるようにしたい」と述べ、雇用を守る姿勢はみせていた。

 それが、鴻海の株主総会で「悪い卵しか産まない鳥はいらない」と人員削減に言及。総会後、世界で7千人規模の人員削減があるのかと問われた戴副総裁は「可能性はある」と語った。これは、国内外で4万7千人に上るシャープの全社員の約16%に相当する規模になる。掌を返した格好だ。

 条件に掲げていた経営陣の残留も気に懸けたようすもなく、シャープの高橋興三社長は出資完了後に退任。取締役9人のうち6人が鴻海が指名した役員で、完全に経営権は握られる。

役者の違い

 「一代で世界的な14兆円企業を育てたカリスマ経営者と、日本のサラリーマン社長では役者が一枚も二枚も違ったということ」

 業界関係者はこう語る。

郭会長は1974年にプラスチック加工会社から出発して、シビアなグローバルビジネスの世界で鴻海を一代で14兆円企業に育て上げ「現代のチンギス・ハーン」とも呼ばれるカリスマ経営者だ。

 一方、シャープの高橋興三社長はかつて「上司にNOと言わないことで出世した」と語ったこともある典型的なサラリーマン経営者といえ、交渉などで郭会長との役者の違いが出たとみられる。

 提携交渉でも鴻海が出資額の減額など理屈に合わない条件を出してもシャープ側は「決裂したら困る」と、譲歩を続けたように鴻海有利な条件になってしまっている。

 鴻海の翌日に開かれたシャープの株主総会では、シャープの野村勝明副社長が「総会で承認いただければ鴻海から過半の出資を受けるが、シャープの名前は残る」と理解を求め、結局は鴻海の買収を受け入れる議案は承認された。

 あるシャープOBは「鴻海の傘下に入っただけで、構造改革に着手したり、特定事業が息を吹き返したりという話も聞こえてこない。このままでは『自分でできないのだから』と口実を与え、さらに苛烈なリストラを強いられかねない。社名は残ってもシャープではなくなる」と心配する。

 外資入りをきっかけにシャープには経営危機の遠因になったとされる日本的な経営から脱却し、死ぬか生きるかのグローバルビジネスで成長してきた鴻海のシビアさを身につけて復活してほしいところではある。ただ、そうなるまでの見通しはまだまだ不透明だ。(216.7.21 産経WEST)
https://www.sankei.com/west/news/160721/wst1607210001-n3.html

C6D3E5AF-DAC8-4997-BAF0-00991B352D75

河添恵子氏、深田萌絵氏との対談で、川添氏は「中国マネーによる半導体の争奪戦について日本政府があまり注目していない」こと「中国が産業の米である半導体部門の爆買いを進めていく戦略」に危機感を持っていたことが書かれ、また、ジャパニズム43に記載されていた深田萌絵氏の「中国に身売りされた日本企業の阿鼻叫喚」にほ、テリーゴウが台湾マフィア青幇(ちんぱん)と関わりが深い人物で、ホンハもイはただの企業ではないこと、チンパンは1950年代半ばに消滅したふりをし国民党と同化し台湾を巣食っていることが書かれていた。

暴力団と関係のある人物が日本の上場企業の支配者であるという…これを許していいのですか?


青幇(ちんぱん)または「清幇」略して「安清」「安慶」当初は「漕幇」と呼んでいた。中国の秘密結社。元々は中国に広がる大運河の水運業ギルドだったが、時代が変わるに連れ一部が革命(辛亥革命)前の中国の暗黒面を代表する秘密結社になった。その一部は、上海を支配しアヘン、賭博、売春を主な資金源とした。その中でもアヘンを最大の資金源とし一時は中国全土の取引を支配した。後の文献もこれが主となってしまったため一様に暗黒面とされた。(Wikiより)

日本では国家がろくな審査もせず外国暴力団に日本の伝統的な企業売り渡し、日本人が積み上げてきた技術が安価で買われ日本企業の技術で利益を上げている。


中国は「軍拡」だけでなく、情報活動から各国の軍事技術を持つ「企業買収」に乗り出しています。

日本を守りたいのであれば、日本を取り巻く環境、経済戦争をも見据えていかねばならないのです。

シャープが倒産したら日本の中小企業1万社に影響するといわれ、鴻海(ホンハイ)は、シャープの技術と半導体が欲しいだけで他の部分が切り捨てられて行くことになる。

世界トップクラスの超高速メモリ技術を持つ東芝レーダシステムを台湾、中国に渡せば、日本の国家の軍事情報が漏れていく…深田氏によれば既に漏れているという。

軍事に転用できる最先端技術が盗まれ大企業が乗っ取られても、いつまでもモリカケに固執しマトモに国防・国益について議論をしない野党のせいで、日本を守るための法整備は遅々として進まない。

深田氏によれば、次は、NECや富士通などの半導体や重工が狙われているといいます。

民間企業の自助努力で防衛できるレベルではなくなってきており、中国の産業スパイは、裁判所を買収し税務監査のふりをして情報を盗みに来るといいます。


当たり前の法律が豪国で可決。
日本は、当たり前ができるか?
豪会議、スパイ防止の強化の法案を可決 中国に懸念集中

安倍政権支持はいいですが、中韓に親しい自民党員が多く在籍する中、我々国民が後押ししスパイ防止法が急務であることを政府に意見を伝えていかねばなりません。


⬇︎下記バナーの応援クリックをお願いします。


人気ブログランキング
 
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

よろしければ、ぜひお気に入り登録をお願いします。
ツィッターでブログを紹介いただけると助かります。
 


あなたが図書館へ行かれたとき「なぜ左翼本が多いのだろう…」と思われたことはありませんか?

公立の図書館は利用者からリクエストがあった本を断わることはできないというシステムを利用して、左翼が自分たちの仲間が書いた本などを図書館に公費で入れているようです。

私の住む街の図書館では「今月のお勧め本」コーナーがあるのですが、池上彰の本が目立ち「大丈夫か?」と思ったものです。

bookinfo_top-705x280

私は、読みたい本は買う派なので、図書館へ行くときは、もう売っていない本か、あまりに高価で買うことができないか、図書館でしか見られないものが必要なときです。

学校の図書館は、 左翼的思考を叩き込みたい日教組が支配していた学校が生徒に教えたい書籍が目立つように思いますが、 共産党やその関係者が書いた本や左翼御用達の出版社は数多くあります。

出版社もTV局もコメンテーターも、左翼や左派メディア受けの良いことをすれば金が入る。

拉致被害者奪還が政治家やマスメディアに人気がないのも一円の得にもならないからです。

日本では、反日サヨクが喜ぶようなことを書かなければ本も売れない。

志ある人は教授にもなれず金にもならない…

マトモなことを書けば、嘘を捏造され、吊るし上げをくらい家族をも巻き込む「執拗な恫喝」にあい、自殺に追い込まれたりノイローゼになった学者もいる。

池上彰の番組がゴールデンで何度も放送されるのも、妙なコメンテーターが毎回のように番組に呼ばれるのも、知性のカケラもない人物が「昼の番組」で司会ができるのも反日でさえあれば金になるからです。

反日でさえあれば名前が売れ仕事が増えるからです。

だから、マトモな学者、研究者、政治家、団体、出版社は我々がサポートしなくてはならないのです。

何からはじめたらいいか分からない方は、ぜひ「日本の敵を今知るための150問150答」岡 真樹子 著(青林堂)を図書館へリクエストしてください。

そして、できれば購入してください。

51QsBc+09fL._SX336_BO1,204,203,200_

少し前に書きましたが、愛国女性のつどい 花時計代表 岡真樹子 著 「 日本の敵を今知るための150問150答」は、ジャーナリスト山際澄夫氏推薦の著書であり、分かりやすく読みやすいので小中に通うお子さんと一緒に読んでいただきたい。

政治を語るうえでは、歴史的背景などが重要になってくるので、話が長く難しくなりがちですが、何も知らない方に説明する際に、これほど分かりやすく書かれたものは他にないと思います。

それから、岡真樹子氏が代表をつとめる愛国女性のつどい 花時計では、「凜として愛」を日本全国に広める活動をしていますので拡散していただけると助かります。

マトモな学者、研究者、政治家、団体、出版社のサポートをしてください。

本を買う、図書館へリクエストする、支援する、拡散する、一票を入れる。

誰にでもできる「小さな愛国活動」のお願いです。



⬇︎下記バナーの応援クリックをお願いします。


人気ブログランキング
 
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

よろしければ、ぜひお気に入り登録をお願いします。
ツィッターでブログを紹介いただけると助かります。
 


今、一番読んでほしい一冊をご紹介をしたいと思います。

日本という国に祖国に尽くした幾百万の英霊に、幾千万の先人に感謝を捧げるべきだったが、果たせなかった。多くの日本人が裏切った。東京裁判が開かれるなかで、日本人の近代史は偽りに満ちた悪意のもとに書き換えられいった。
(本書より抜粋 ー凛として愛ー)

51QsBc+09fL._SX336_BO1,204,203,200_

愛国女性のつどい 花時計代表 岡真樹子 著

ジャーナリスト山際澄夫氏推薦の著書である「 日本の敵を今知るための150問150答」は、分かりやすく読みやすいので、小中に通うお子さんと一緒に読んでいただきたいと思います。

政治を語るうえでは、歴史的背景などが重要になってくるものですが、小さなお子さん、あるいは最近まで「お花畑」で何も知らなかったという方に説明する際に「国民が日本を取り戻す運動を始めるときの入門書」として、これほど分かりやすく書かれたものは他にないでしょう。

150問150答には細やかな説明がありますので、政治も歴史もよく知っているという方にも、お読みいただきたいと思います。

「はじめに」を書いた山際澄夫氏は、2010年、民主党政権の頃、毎週のように東京・渋谷付近で反中国デモに参加していて、ベビーカーを押してデモに参加する女性のグループ「愛国女性のつどい花時計」の存在を知った。その後、「花時計」主催の街宣にも参加したが、彼女たちの訴えは政治運動にありがちな大声を張り上げてのアジテーションと違って、パネルなどを用意して街頭授業のように分かりやすく訴えるものだった。それも「韓国のウソにご用心」とか「靖国神社に行こう」などとソフトタッチだった。 この書は「花時計」代表の岡真樹子さんが、花時計のサイトに書き溜めたものを再編集したものである。150問もあるため、1問あたりのページ数は少ないが、それでも短すぎて物足りないということはなく、大事なことがコンパクトにまとめられ、密度の高い内容になっている。分かりやすく読みやすい文章で、深い内容がスイスイ頭に入っていくお得な書と言える。と絶賛しています。


日本を「侵略国家」とした背景など、アメリカ・ソ連の戦争犯罪や国際法違反を隠蔽、アメリカが犯した原爆投下、東京大空襲を初めとする民間人への無差別攻撃は明らかな国際法違反についても書かれており、明らかな国際法違反であるにも関わらず「東京裁判では勝者が裁かれることはなかった」ことなど、山際澄夫氏ではありませんが、本当に大事なことがコンパクトにまとめられている一冊といえます。

また、日本国内で「祖国の敗戦によって利益を得た日本人」につて書かれており、GHQが占領期間中に行った検閲を手伝った者、GHQの公職追放によって職場を追われた人たちの後釜におさまった者、戦前からコミンテルンの指令によって日本解体を企てていた共産主義者などがあげられており、戦後、日本を破壊しようと目論んだ工作が如何に社会の隅々にまで滲透しているかが、この一冊の中につまっています。

ネットが普及しオールドメディアによる情報独占体制が瓦解した今なお、何も知らず誤った歴史観を刷り込まれ事実ではない歴史を信じている方たちは、本当に目を覚まさなくてはいけません。



⬇︎下記バナーの応援クリックをお願いします。


人気ブログランキング
 
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

よろしければ、ぜひお気に入り登録をお願いします。
ツィッターでブログを紹介いただけると助かります。
 


大空のサムライは、第二次世界大戦中の旧日本軍の海軍パイロット坂井三郎氏が戦後に書いたものです。

撃墜王と呼ばれた坂井氏が、その半生を振り返り戦時中の状況を克明に記している本書は、坂井氏のストイックな在り方に心打たれます。

62AD8120-90B6-413C-9A67-E372539432CF

数多くの戦死者を出した空戦から何度も生還し、ついには撃墜王と呼ばれるに至ったのは、坂井氏のたゆまぬ努力の結果でしょう。

戦いがない日は空を凝視し続け昼間でも星が見えるほど目のトレーニングを積んでいたという坂井氏は、空戦では誰よりも敵機を見つけるのが早かったといいます。

坂井氏は九州の農家に生まれ、16歳で海軍を志し、海軍航空隊の戦闘機パイロットとして支那事変、日米戦争を戦い抜き、敵の爆撃機や戦闘機大小70機近く撃墜し生還しています。

平常からも空中戦のために限界に耐えるように心身を鍛え、最も重要な視力では鍛錬の結果、昼間でも星が見えるようになったといいます。

酒井一飛曹は、1942年、戦死者が続出し搭乗員の墓場といわれた南洋ラバウル基地で戦友と激戦の日々を送りました。

ある日、ガダルカナル上空で敵の8機の鑑上爆撃機の編隊を戦闘機と誤認して追跡したため敵に撃たれ重症を負います。

意識が朦朧とした中、気がつくと飛行機は海面スレスレを背面飛行し、燃料が不足していた…
 
下を見ると日本海軍の巡洋艦2隻が見えたので、坂井氏は「着水すれば助けられるかも知れない」と思ったそうですが、その2隻が重大な任務を持ち数千人の人々が戦場に向かっていることを思いやめました。

そして、重症を負い激しい痛みに耐えながら1千キロ以4時間以上かけてラバウル基地へ帰ったのです。 


日本が戦禍へと巻き込まれ多くの人が亡くなられ、日本人が日本という国を守るため皆が命をかけた歴史を忘れてはなりません。
 
前途ある多くの若者が、国を守るため、家族を守るために、その尊い命をかけたのです…

下の画像は、世界が驚愕した「日本帝国海軍」の激戦を物語る画像。
 

93586B83-EA13-4694-8851-E35F3FB5B02F

最後に、坂井三郎氏が若者にあてたメッセージを書いておきたいと思います。

坂井三郎氏は現代の若者に対して「大東亜戦争という日本の存亡の危機にあたり、若い前途有望な青年たちがみな命をかけて祖国を守ろうとした史実」を忘れないでほしいと述べています。


戦死された方々は皆健康で頭脳明晰な日本を背負う人々であったのです。

その方々の「日本を守る志を継承すること」が、再び危機の時代を迎えた現代日本人の使命ではないでしょうか?



⬇︎下記バナーの応援クリックをお願いします。


人気ブログランキング
 
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

※よろしければ、ぜひお気に入り登録をお願いします。
※ツィッターなどでブログを紹介いただけると助かります。
 


このページのトップヘ