心の風景

カテゴリ: Twitter

菅義偉官房長官「あらゆるチャンス逃さない決意」横田めぐみさん今日54歳の誕生日

菅義偉(すがよしひで)官房長官は5日午前の記者会見で、北朝鮮による拉致被害者の横田めぐみさん=拉致当時(13)=が同日、54歳の誕生日を迎えたことについて、「米国や韓国をはじめとする国際社会と連携し、全ての拉致被害者の一日も早い帰国を実現できるよう全力で取り組む」と述べ、拉致問題の解決に強い意欲を示した
 菅氏は「横田さんをはじめとする拉致被害者は年を重ね、再会がかなわぬまま亡くなったご家族もいる。痛恨の極みで、誠に申し訳ない」と話した。
 さらに問題解決に向け、「あらゆるチャンスを逃さないという決意のもとに主体的かつ全力で取り組む」と強調した。(産経 2018.10.5)
https://www.sankei.com/politics/news/181005/plt1810050014-n1.html


拉致被害「あまりにも長い時間」横田めぐみさん誕生日に母

北朝鮮による拉致被害者横田めぐみさん=失踪当時(13)=の54歳の誕生日となる5日、救出を呼び掛ける横断幕が神奈川県庁に掲示された。県内に住む母早紀江さん(82)が訪れ「あまりにも長い時間がたち、どのようになっているのかイメージがわかなくなってきている」と話し、一刻も早い解決を願った。
 早紀江さんは、米朝首脳会談の実現で希望を抱いているとし、「こんな非道は許せないと世界中の人に本気で思ってほしいと言い続ける」と強調した。
 横断幕前で早紀江さんと面会した黒岩祐治知事は「風化が一番いけないこと。少しでも役に立てればと思う」と語った。(共同通信 2018.10.5)
https://this.kiji.is/420861172072678497?c=110564226228225532

めぐみさんの消息をめぐっては、’97年ごろになって、ようやく北朝鮮による拉致が浮上。工作員の話によれば、暗い船室に閉じ込められて、何十時間もかけて北朝鮮に渡ったという。13歳の少女がどんなに怖い思いをしたか。船室の壁を爪で引っ掻いて、両手の爪はほとんど剥がれるほど血だらけで、嘔吐物にまみれ、拉致した工作員が目を背けたぐらい酷かったといいます。

そして、13歳だった「めぐみさん」は54歳になりました…今やらなければ生きて拉致被害者とご家族を会わせることができません。

1CA4E508-6A65-4217-AC01-7A01DB73BB07


DOwcNEiUMAACA17

拉致被害者のご家族が頼りにできるのは「日本人」だけなんです。

私たちが声をあげ安倍政権を後押ししていかなければ、この問題が解決されることはありません。

ある日、何の落ち度もない日本人が北朝鮮に連れ去られて40年が過ぎました。

お願いします、この問題を解決できるよう、共に戦う仲間になってください。

毎週日曜、20〜23時、拉致被害者全員奪還ツイデモがあります。

#拉致被害者全員奪還 タグをつけてツィート、リツリートをお願いします。

拉致被害者全員奪還ツイデモは毎週行われ、参加し続けた古参の方の中には精神的な面で疲労し休んでいる人もいます。

ネットデモも「今週だけ、2週だけ」でしたら、それほど疲労することもないのでしょうけど…毎週、毎週、3時間という長丁場、動かない拉致問題を動かそうとツィートするのは、とてもエネルギーのいることなんです。

それでも、みな諦めず頑張っています。

何としても、拉致被害者ご家族の40年の悲しみを終わらせたいからです。

どうか力を貸してください。

私たちの仲間になってください。


⬇︎応援クリックをお願いします。


人気ブログランキング

※お気に入り登録をヨロシクお願いします!

今日は、故 中川昭一氏の命日ですね。

今いらっしゃれば、安倍政権をサポートし憲法改正に向けて尽力されたことでしょう。

中川氏は、拉致問題にも議連会長を務めるなど熱心に取り組んでいらっしゃいました。

どんなに忙しくても拉致に関係する大きな会合には必ず出席され、拉致被害者ご家族の信頼がとりわけ厚い方でしたから、
彼を失った拉致被害者のご家族は「強い力を失った」と落胆した…

中川氏の原点には「国民を守れずに国家が守れるか」という思いがあったと、以前、桜井よしこ氏が語っていましたが、その意思を私たちが繋いでいきましょう。

93788DC1-A239-48C8-B84B-1207D1C8DFB2

秋葉原で「安倍晋三候補の後を受けて、麻生太郎と福田康夫候補と2人で総裁選挙を争ったことがあります。麻生派は、たったの15人。15人よ。あとは全派閥福田候補だった。その時に、私どもは何と言ったか、今でも覚えてますよ。間違いなく、俺についてくる人は必ず冷や飯を食いますと。冷や飯食うことを覚悟でついてくる人だけ、一緒にお願いします。そう申し上げて付いてきたもらった人が安倍晋三、中川昭一、菅義偉、甘利明。」と麻生氏が語られましたが、中川氏は、命をかけてこの国のかじ取りをしてきた人です。

もし今、中川氏がいらしたら拉致被害者とそのご家族を放っておくことは決してなかったはずです。

拉致被害者のご家族は、強い力であった中川氏を失っても前に進まなくてはなりませんでした。

戦後、GHQに押し付けらた日本国憲法によって国民を救出する術を失ってしまった我が国では、我が子を助けたいと普通のどこにでもいる親が戦っているんです。

そして、拉致被害者奪還には総連や反日の嫌がらせがついて回る。

今年6月の拉致被害者奪還デモでは「ネトウヨに神戸の街を歩かせるな!」と妨害を呼びかけている連中がいましたが、これも彼らの平常運転です。

ある日、突然、何の落ち度もない我が子を北朝鮮に奪われた人たちは、ずっと、この国の中でも戦っているんです。

ご家族は街頭に立ち、何百人もの人に頭を下げ「助けてください」と叫び続け、家族に会えることを信じて諦めず戦ってきました。

74A80A82-70B9-4FEB-BAC8-C3BF61874BD5

日本人は皆、中川昭一氏のように、悲しんでいる人、苦しんでいる人を放っておかず寄り添う心を持っているはずです。

何としても、拉致被害者とご家族の40年の悲しみを終わらせたいのです。

毎週日曜、20〜23時、拉致被害者全員奪還ツイデモがあります。

1ツイートでも構いません、1分でも構いません。

あなたの力を貸してください。

署名が未だという方は、ぜひ署名のご協力をお願いします。

我が子に会えることを信じ努力し続けてきた拉致被害者ご家族に、どうか寄り添ってください。
 


⬇︎応援クリックをお願いします。


人気ブログランキング


※お気に入り登録をヨロシクお願いします!

拙ブログでは「拉致問題」を取り上げることが多いですが、今やらなければ生きて拉致被害者とご家族を会わせることができません。

日本は軍事的圧力なし、対話と圧力どころか「話し合いの40年」でした。‪

かつての日本は世界屈指の軍事力と敵国攻撃力を保有し、外国に捕まった自国民を武力を背景に救出していましたが、敗戦後GHQに押し付けられた日本国憲法によって国民を救出する術を失ってしまった。

平和を謳う9条信者は、日本人が拉致され放題の現実を見ても「日本は平和だ」「平和憲法」だといえるのかと、どこまでもオメデタイ馬鹿さ加減に腹が立ちます。

こういう連中は、自分や家族が巻き込まれるまで気づかないのかも知れませんね。

工作員が現地人に成りすますため「身分・戸籍」を乗っ取るために「日本人を拉致」し、背乗りなどしいる行為はテロです。

信用がある日本人を名乗れば他国にスパイとして潜り込みやすく、ビザなしで渡航できる国の数を各国・地域で比較する「パスポートランキング」で日本がシンガポールと並び世界一です。

シンガポールと並びビザを取得しなくても180カ国に渡航することができる我が国は、拉致されても「話し合い」しかできない我が国は、テロ国家の標的となっているんです。

ad442a5b9e2839d68adc7ef52b61130b (1)

かつて土井たか子は「拉致なんてない」といい、北朝鮮による拉致被害の証拠を掴んでいた警察に圧力をかけ捜査をやめさせマスコミも同様に「日本人拉致事件」を報道しないよう圧力をかけた。

その土井に、祈るような思いで拉致被害者家族が相談したときには、北朝鮮に通報され拉致被害者が亡くなった。

その土井たか子氏の秘蔵っ子が「辻本清美」土井チルドレンです。

7CAE398F-E499-48D5-8B0B-ED35B1DCF85D

DaNmmqZVAAAWbMx
しかし、そういう連中を野放しにし「議員」にしているのは誰でしょう?

拉致に関心がないのなら、せめて「土井チルドレン」らを議員にしないよう力を貸してください。

敗戦後、GHQに押し付けらた日本国憲法によって国民を救出する術を失ってしまった我が国では、我が子を助けたいと普通のどこにでもいる親が戦っている。

そして、拉致被害者奪還には総連や反日の嫌がらせがついて回る。

今年6月の拉致被害者奪還デモでは「ネトウヨに神戸の街を歩かせるな!」と妨害を呼びかけている連中がいましたが、これも彼らの平常運転です。

ある日、突然、何の落ち度もない我が子を北朝鮮に奪われた人たちは、ずっと、この国の中でも戦っているんです。

1CA4E508-6A65-4217-AC01-7A01DB73BB07

拉致被害者家族である横田夫妻が小泉訪朝以前に「娘を助けて下さい」と街頭でビラを撒いていたとき、旧社会党と労組、総連が「デマを止めろ!」と罵声を浴びせて卵を投げつけた。

愛する娘を奪われた上、土井たか子を筆頭に朝鮮総連と強く結びついた売国議員やその手下らによってどれほど傷つけられてきたか、どんなに悔しい悲しい思いをしてきたかを知ってください。

夏の炎天下の下で…

冬に雪が舞う中で…

知らん顔を決め込む人々に何度も何度も頭を下げて「助けてください!」と叫んできた。

何度も書いていますが、拉致被害者のご家族が頼りにできるのは「日本人」だけです。

私たちが声をあげ、安倍総理をはじめとする一握りの拉致被害者に寄り添ってくれる政治家を後押ししていかなければ、この問題が解決されることはありません。

もう時間がありません。

拉致被害者の方の現在の年齢を、あなたはご存知ですか?

一番若い方で、45歳です。

ある日、何の落ち度もない日本人が北朝鮮に連れ去られて40年が過ぎました。

安倍政権でようやく40年動いていなかった拉致問題が動き出しましたが、拉致問題には北を背景にした勢力が絡んでくるので簡単にはいきません。

ですから、一人でも多くの仲間を私は探しています。

オトモダチは要らないんです。

共に泣き、共に怒り、共に戦ってくれる仲間になってください。

もう一度、書きますが、拉致被害のご家族は日本人しか頼ることができません。

署名がまだという方は、ぜひ署名活動にご協力をお願いします。

DOwcNEiUMAACA17


そして、毎週日曜、20〜23時。

拉致被害者全員奪還ツイデモがあります。

#拉致被害者全員奪還 タグをつけてツィート。

または、リツリートをお願いします。

私も毎週1時間ほど(心の風景2)で参加しています。

twitterを利用されている方は、月に一度でも、5分でも構いません。

あなたの時間を拉致被害奪還のために、少し割いていただけないでしょうか?

どうか力を貸してください。

私たちの仲間になってください。


⬇︎下記バナーの応援クリックをお願いします。


人気ブログランキング


よろしければ、ぜひお気に入り登録をお願いします。

お盆は、靖国やお墓参りへ出かけられましたか?

霊界と今が繋がり、亡くなった方と会うほんの数日ですが、悲しみに暮れ亡き人をいつまでも思って泣いていることがありませんよう…

今を生きる者たちの思いが強すぎると、魂がスッと霊界へ上がれなくさせてしまうようです。

生きていれば…

嫌なこと、辛いこと、面倒なこと、鬱陶しいと思うこともありますよね。

人生は、面白いこと、楽しいことラクなことばかりではありませんしね。

けれど、亡くなってしまったら、もうそういうことはなくなるんですよね…


拉致問題を拙ブログで記事にしていますが、保守の方は忘れてしまったのでしょうか?

故 中川昭一氏が、拉致議連会長を務めるなど拉致問題に熱心に取り組んでいたことを。

DNTazFEVwAIwEt8

中川氏は、どんなに忙しくても拉致に関係する大きな会合には必ず出席された方です。

それゆえに、拉致被害者家族の信頼がとりわけ厚かった。

ですから、彼を失った拉致被害者のご家族は「強い力を失った」と落胆した。

中川氏の原点には「国民を守れずに国家が守れるか」という思いがあったと、以前、桜井よしこ氏が語っていました。

その中川氏の意思を私たちは受け継がなくて良いででしょうか?


安倍総理
「残された時間は少ない」

市川修一さんの父は
99歳まで
息子を待ち続け、亡くなった

増元るみ子さんの父は
「わしは日本を信じる」
「お前も日本を信じろ」と
娘に言い残して、亡くなった

娘を待ち続けた父親の
亡くなる直前の姿を観てほしい

とても他人事とは思えない

愛する家族を奪われた人たちは、街頭に立ち何十人何百人もの人に頭を下げ「助けてください」と叫んできました。

拉致被害者のご家族は、生きている間中、自分にできることは全てやり尽くして、死ぬ間際まで家族に会えることを信じて諦めず戦ってきた。

皆それぞれ家庭、仕事、学校がありますからできることをお願いしたいと思います。

拉致問題の集いが、平成30年9月1日(土)埼玉会館小ホールで行われます。

参加費無料ですから、もし拉致をよく知らないという方がいるなら、ぜひ参加してほしいと思います。

※シェア拡散求む

日時:平成30年9月1日(土)
(開場12:20) 13:30開始~16:00閉会

場所:埼玉会館小ホール(JR浦和駅西口徒歩6分)

定員:500名

※参加費無料

申し込方法:ハガキ・Eメール

※事前申し込み制:応募者多数の場合は抽選となります。


参加できない方は、ぜひ拡散をお願いいたします!


⬇︎下記バナーの応援クリックをお願いします。


人気ブログランキング

よろしければ、ぜひお気に入り登録をお願いします。



このページのトップヘ