心の風景

カテゴリ: 在り方

西日本豪雨の被災地には、16日も全国から大勢のボランティアが集まり、酷暑の中、支援に当たった。全国社会福祉協議会によると、14日からの3連休中に、被害の大きかった広島、岡山などを中心に被災府県に延べ約4万人が集結。仕事の都合で引き揚げる人は悔しさもにじませたが、被災者からは感謝の声が上がった。

【関連ニュース】西日本豪雨

 これまでに死亡が確認されたのは13府県で211人。安否不明者は19人で、懸命な捜索が続いた。各地で復旧作業も進み、岡山県倉敷市の真備町地区のうち、小田川の南側1300戸で16日正午に断水が解除された。
 同協議会によると、2014年8月に起きた広島市土砂災害で全国から集まったボランティアは2カ月間で約4万6000人。今回は、3日間でこれに及ぶ人数で、担当者は「復旧には時間がかかり、まだ必要だ。被災地に気持ちを寄せていただき、息の長い支援を」と呼び掛けている。
 16日に集まったボランティアは約1万人。倉敷市真備町地区や広島県呉市などで作業を続けた。
真備町箭田の女性(83)は大きなごみを運んでもらい、「これで親戚に部屋を洗ってもらうだけ。本当にありがたい」と感謝。一方、東京から支援に駆け付けた菅一菜美さん(32)は17日から仕事のため、被災地にとどまれない。「きょうしか来られなかった。また来たいが距離の問題で難しい」と悔しそうに話した。
 気象庁によると、16日の最高気温は倉敷市で36.1度(今年最高)、広島市安佐北区で35.1度、愛媛県大洲市で35.5度を記録。同庁は引き続き熱中症対策を取るよう呼び掛けている。
 総務省消防庁によると、16日正午時点で約4870人が避難所での生活を余儀なくされている。
(2018/07/16-22:20)jiji.com

ダウンロード

連休中には、延べ4万人のボランティアの方たちが被災地に訪れ、被災者の方かた感謝の声が上がっていました。

暑い中、本当にお疲れ様でした。

前回、何とかしてあげたい!と気持ちだけで出かけてしまうと被災地に迷惑をかけてしまうということをお伝えしましたが、今回、ニュースなどでも自己完結型が定着したとされボランティアの方の意識の高さがうかがえました。

ただ、こうした人たちは人を思いやる優しさが強いせいか、自分のことを後回しにしてしまうように思えます。

被災地は連日猛暑が続いており、体力に自身がある男性も不調で休んでいるところがニュースで映されていました。

全社協 被災地支援、災害ボランティア 2018/07/16平成30年7月豪雨(第9報)より抜粋

災害ボランティア活動を希望されるみなさんへ

災害ボランティア活動の際には熱中症に十分ご注意ください

 被災地では連日の猛暑のなか、ボランティアが熱中症を発症し、救急搬送される事態が頻発しています。  

熱中症を予防するためには、こまめに水分や塩分を補給すること、無理をせず活動の合間に十分な休憩をとることが重要です。

また、ボランティア活動前の体調管理にも十分に注意し、体調がすぐれないときには、野外での活動を控えることも必要になります。

これらに加え、万一体調のすぐれないボランティアを見かけた際には、すみやかに災害ボランティアセンターのスタッフやボランティアのリーダーに声をかけてください。

以下にリンクを貼っておきます。
舞鶴や京丹波ではボランティアは終了しています。
日々、ボランティア情報は変化しますので、下記のリンク先から情報を得て出かけてください。

くれぐれも、無理をされないように気をつけていってきてください。

https://www.saigaivc.com/20180716/


ダウンロード (1)

また、体力的な部分や時間的な面でボランティアには行けないという方は、以下の方法でサポートをお考えになってみてください。

みなさんにお願いしたい被災地支援 ~義援金・支援金~  

現地でのボランティア活動以外にも、被災地を応援できる身近なボランティア活動=募金があります。  社会福祉法人中央共同募金会では、今回の災害で被災された方々を支援することを目的に、義援金・支援金の募集を行っています。

義援金「平成30年7月豪雨災害義援金」  義援金は、寄付金の全額が手数料等を差し引くことなく被災状況に応じて按分の上、被災県共同募金会に送金され、被災地それぞれの行政、共同募金会、日本赤十字社支部等で構成される災害義援金の募集・配分委員会を通じ、委員会で定める配分基準に基づき各市町村を通じて被災された方々に配分されます。

 受付期間は、平成30年7月10日(火)から9月28日(金)までです。

支援金「平成30年7月豪雨災害 ボランティア・NPO活動サポート募金」

 社会福祉法人中央共同募金会では、今回の災害に対して、NPOやボランティア団体による被災者支援活動を応援する支援金の募集を開始しました。

支援金は、被災地で活動するNPO・ボランティア団体に助成します。

支援には様々な方法がありますので、無理のないサポートをお願いしたいと思います。




⬇︎下記バナーの応援クリックをお願いします。


人気ブログランキング

 
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

よろしければ、ぜひお気に入り登録をお願いします。
ツィッターでブログを紹介いただけると助かります。
 


安部総理をなんとしても引きずり降ろそうとする卑劣な連中が後をたたない。

安部総理は、ここ数日、無理をしながら被災地の人たちを思い訪問していた。

NeSpGNOl

安倍首相が15日の広島県視察を取りやめ 「股関節周囲炎」の診断受け

首相官邸は14日、西日本豪雨を受けた安倍晋三首相の15日の広島県視察を取りやめると発表した。首相が右脚の股関節周囲炎と診断されたため。広島県視察は小此木八郎防災担当相が代行し、首相の視察は改めて検討する。

 医師の診断によると、首相の日常の行動には支障がなく、特段の治療は不要という。広島視察を取りやめた理由について首相官邸は「総理の動きがゆっくりになってしまうため、この状況で被災地を訪問すると災害対応をしている被災地に負担をかけかねないため」としている。

 首相は13日から、右の腰に手を当てながら右脚をかばうように歩いていた様子が確認されていた。
産経ニュース 2018.07.14
https://www.sankei.com/politics/news/180714/plt1807140014-n1.html


首相は13日から、右の腰に手を当てながら右脚をかばうように歩いていた様子が確認されていた。
その総理を貶めようと嘘を撒き散らす連中は不愉快極まりない!

誰がやっているかは分かっているため心ある保守層によってネットで拡散されていますが、この手のデマを拡散する連中も決して数が少ないわけではないため、保守層によるいっそうの拡散をお願いしたいと思います。


今回の災害を利用した共産党や共産党関係者の安倍政権叩きが異常さを増してきているな。オウムの被害者を持ち出す宮本岳志議員とか。

「避難所にエアコンがついたのは安倍総理が来るから」、とデマを流した紫野明日香の正体は、共産党の劇団員


「安倍総理がくるからエアコンがつけられた」というデマツイッター、冒頭から「倉敷の友達が言った」と書いているが、それはデマを作る時の典型的な手法。「友達が言った」といえば、どんな作り話でも簡単に出来るが、デマがばれたら責任はその架空の「友達」にある。日本の左翼はとこまでも卑劣だ。

そのデマを飛ばした人物は、以下のようなツィートもしている。
ヤリクチが野党やマスゴミと同じで事実の検証もせず、単に「疑惑」を投げかけているだけですね。



この「疑惑」だけで野党は国会を混乱させ、どれだけモリカケを長引かせているか?
国会が開かれる予算は血税だということを、モリカケを信じるお花畑は気づかなくてはいけません。

ちなみに、国会運営には一日あたり約3億~6億かかるいわれていますから連休を取らせている場合ではありません。

森友、加計問題に多くの時間が費やされた国会にはウンザリです。

左派メディアによる「国政の私物化!」という印象操作や偏向報道の繰り返しは、誰が書いたとも分からない「メモ」について吟味されることもありませんでした。

そして、首相が違法性のある行動をとったのかの確認さえありません。

野党によって前に進めなくてはならない審議が遅々として進まず議論に終始する。

税金がこのように無駄なことに使われているわけです。

未だ、前川のような人物が話題になることも少なくありませんが、そもそも出会系バー通いの前川前文科省事務次官が騙った内容など国会レベルで扱う国家的問題と考えられるものではありません。

hqdefault

国民の「生命」と「財産」を守ることより、国民の不安を煽る野党、マスゴミ、デマを飛ばし、安部政権を何としても引きずり降ろしたい卑劣な連中を許してはいけません。

デマが出たら即効、潰していきましょう!

そして、税金により国会が運営されていることに自覚のない政治家や民間人を装ってデマを流す政党はいりません!

二度と活動することのないよう「一票の重さ」を突きつける必要性を拡散していきましょう。


⬇︎下記バナーの応援クリックをお願いします。


人気ブログランキング

 
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

よろしければ、ぜひお気に入り登録をお願いします。
ツィッターでブログを紹介いただけると助かります。

被災地へボランティアに行こうという人たちへのお願いです。

ボランティアに行こうという人の気持ちは被災された方たちにとって、心強く有難いことだと思いますが、災害が起きたときに何も情報を調べず「気持ちだけで出かけてしまう」方たちが、かえって被災地に迷惑をかけてしまうというケースは珍しくありません。

被災地でのトラブルの原因になる点を赤書きしてみましたので、人を思いやる優しさが空回りしないよう以下の情報にそって活動いただけますようお願いいたします。

dims


全社協 被災地支援、災害ボランティア 2018/07/11平成30年7月豪雨(第4報)より抜粋
https://www.saigaivc.com/20180711/

災害ボランティア活動を希望されるみなさんへ

◆各災害ボランティアセンターの最新情報を確認してください。
これまでの災害の例では、報道の濃淡により、ボランティア活動に参加する方々の数に大きな違いが生じています。このため、報道で紹介されている地域以外でも、多くのボランティアが求められている場合がありますので、最新の情報をご確認ください。今後、ライフラインの回復や支援ニーズの変化により、災害ボランティアセンターにおけるボランティアの募集範囲も変化します。各災害ボランティアセンターホームページの最新情報を確認の上、ボランティア活動に参加くださるよう重ねてお願いいたします。

 

◆自己完結のボランティア活動をお願いします
 現在、ライフラインが完全に復旧していない地域も多く、被災地では食料・飲料水等の確保も難しいことがあり、ボランティア活動に必要な物品や服装等は、ボランティアの皆さん自身で用意いただき、参加をお願いいたします。


ボランティア活動の服装等については、次を参照してください。

https://www.saigaivc.com/volunteers/十分な準備/

 また、今回の災害では、家屋内外の清掃、泥の片づけが中心になります。泥は乾くと舞い上がりますので、マスクをご用意ください。また、目を保護するゴーグルも用意されることをお薦めします。あわせて、スコップなどの資材も不足しています。災害ボランティアセンターの発信情報を確認の上、可能な限り持参していただくようお願いいたします。

 

◆ボランティア活動保険に加入ください

 ボランティア活動を行うご自身のために、自宅最寄りの社会福祉協議会でボランティア活動保険に加入し、加入した証明(加入証など)を持参して現地に行くようにしてください。

 ボランティア活動保険は、自宅と活動場所の往復途上も補償されます。被災地では混乱も想定されますので、必ず加入してください。

 なお、今回は水害被害ですので、天災保障タイプ(地震・津波など)の加入ではなくとも基本タイプの保険で補償されます。また今年度、すでにボランティア保険に加入されている際には、重複での加入は不要です。

被災地の災害ボランティアセンター等の状況

◆12府県の54市町で災害ボランティアセンター設置

 現在、12府県の54市町で災害ボランティアセンターが設置されています。

また、5市町で災害ボランティアセンター設置準備中となっており、7市町では、社協ボランティアセンターにより被災者支援のボランティア活動が行われています。

 災害ボランティアセンターの状況は毎日変化していますので、ボランティア活動希望の際には、各センターが発信する情報を確認の上、参加してください。

 

被災各府県・指定都市の災害ボランティアセンター等設置状況
(府県:災害ボランティアセンター等設置状況)
岐阜県:関市
京都府:福知山市、与謝野町、宮津市、綾部市、亀岡市、舞鶴市、京丹波町

兵庫県:丹波市
鳥取県:智頭町
島根県:江津市、川本町、美郷町
岡山県:岡山市(北区、東区)、倉敷市、総社市、高梁市、井原市、笠岡市、矢掛町、
新見市、浅口市
広島県:広島市(南区、東区)、福山市、呉市、三原市、東広島市、竹原市、江田島市、
海田町、世羅町、坂町、熊野町、府中市、安芸高田市、府中町、庄原市、三次市
山口県:周南市、光市、岩国市
愛媛県:今治市、宇和島市、大洲市、西予市、鬼北町
高知県:安芸市、宿毛市、大月町
福岡県:福岡市(西区)、久留米市、飯塚市、嘉麻市

各府県の動き/府県内の災害ボランティアセンターの情報

都道府県名の後の( )は、災害ボランティアセンター設置市町村

岐阜県(関市)

岐阜県内の災害ボランティアセンターの情報はこちらをご覧ください。

岐阜県社会福祉協議会ホームページ

 岐阜県社協では、岐阜県社協災害ボランティアセンターを設置しました。発災直後から被災地に職員の派遣により被害状況を確認するとともに、市町村社協を通じて情報収集を行っています。

 また、関市に災害ボランティアセンターが設置されたことに伴い、運営を支援するため、10日(火)より関市近隣の8市町村社協から14名の職員を関市に派遣しています。

京都府(福知山市、与謝野町、宮津市、綾部市、亀岡市、舞鶴市、京丹波町)

京都府内の災害ボランティアの情報はこちらをご覧ください。

京都府社協・京都府災害ボランティアセンターホームページ

 京都府災害ボランティアセンター、「府災VC」)では、各地域の災害ボランティアセンター設置・運営支援のため、府災VC構成団体メンバー、府・市町村社協職員等の経験者約30名を被災地に派遣しています。あわせて府災VCでは、各災害ボランティアセンターに対し、支援ニーズに応じた資機材を提供しています。

 府災VCでは、被災地支援のためのボランティアバスを、7月14日(土)、15日(日)、16日(月祝)、21日(土)、22日(日)の日程で運行する予定です。受付は、7月12日(木)、13日(金)に行う予定です。詳細は府災VCホームページで確認ください。

 また、府災VCでは、ボランティア活動サポート募金を開始しました。この募金は、被災地のために府災VCが行う支援活動に活用されるものです。募集期間は、7月9日(月)から8月31日(金)です。詳細は府災VCホームページでご確認ください。

兵庫県(丹波市)

※宍粟市は、社協ボランティアセンターで支援

兵庫県内の災害ボランティアの情報はこちらをご覧ください。

兵庫県社会福祉協議会ホームページ 

ひょうごボランタリープラザホームページ 

 兵庫県社協では、9日(月)に災害救援本部を設置し、ひょうごボランタリープラザ内に「災害救援ボランティア支援センター」を設置しました。

 現在、市町社協や災害救援ボランティア活動支援関係団体連絡会議等を通じて情報収集を行うとともに、災害ボランティアセンターを設置した丹波市社協等に県社協職員を派遣しています。

 また、ひょうごボランタリープラザでは、11日(水)岡山県に職員4名を派遣し、高梁市、総社市、倉敷市など被災した市町社協や現地で活動しているNPO等から、被害状況とボランティアニーズの聴き取り、意見交換を行いました。

鳥取県(智頭町)

鳥取県内の災害ボランティアの情報はこちらをご覧ください。

鳥取県社会福祉協議会ホームページ

 鳥取県では、智頭町が10日(火)に災害ボランティアセンターを設置しました。智頭町災害ボランティアセンターでは、支援ニーズをふまえ、町内の方を対象としてボランティアを募集しています。

島根県(江津市、川本町、美郷町)

島根県内の災害ボランティアの情報はこちらをご覧ください。

島根県社会福祉協議会ホームページ

 県内で被害の大きかった江津市、川本町、美郷町で災害ボランティアセンターが開設されました。

 島根県社協、及び島根県内の市町村社協では、災害ボランティアセンター運営支援のため、3か所の災害ボランティアセンターに職員を派遣しています。

岡山県(岡山市(北区・東区)、倉敷市、総社市、高梁市、井原市、笠岡市、新見市、浅口市、矢掛町) 

※真庭市は設置準備中

岡山県内の災害ボランティア情報はこちらをご覧ください。

岡山県社会福祉協議会ホームページ

岡山市社会福祉協議会ホームページ

 岡山県社協では、9日(月)「岡山県災害福祉救援本部」を設置し、県社協職員による現地確認を行うとともに、市町村社協を通じての情報収集、災害ボランティアセンター設置支援を行いました。また、岡山県社協・岡山県庁・岡山NPOセンター・日本赤十字社岡山県支部・岡山大学地域連携センター等の協働により、「災害支援ネットワークおかやま(仮)」により、今後の県内での被災地支援に関する連携・情報共有を行いました。

 11日(水)は、県内5市町(岡山市含む)に7名の県社協職員を派遣し、各市町の災害ボランティアセンターの運営支援を行っています。

広島県(広島市(南区・東区)、福山市、呉市、三原市、東広島市、竹原市、江田島市、海田町、世羅町、坂町、熊野町、府中市、安芸高田市、府中町、庄原市、三次市)

※広島市(安佐北区、安芸区)、尾道市、大竹市は設置準備中 

広島県内の災害ボランティア情報はこちらをご覧ください。

広島県社会福祉協議会ホームページ

広島市社会福祉協議会ホームページ

 広島県社協では、発災直後の7日(土)に、「広島県被災者生活サポートボランティアセンター」を設置しました。同日から県社協職員を被災地に派遣し現地確認を行うとともに、市町村社協を通じて情報収集・連絡調整を行っています。また、広島県民生委員児童委員協議会では、広島県被災者生活サポートボランティアセンターと連携し、被災者の生活支援を行っています。

 広島市社協では、7日(土)に「広島市災害ボランティア本部」を設置し、市内の情報収集・区社協との連絡調整を行いました。現在、市内4区の区社協(東区、南区、安佐北区、安芸区)で準備を進めており、10日(火)までに東区、南区で災害ボランティアセンターを開設しました。

山口県(周南市、光市、岩国市)

山口県内の災害ボランティア情報はこちらをご覧ください

山口県社会福祉協議会ホームページ

 山口県社協では、発災直後から市町社協への情報収集を進め、8日(日)からは、県内複数の市での災害ボランティアセンター設置支援のため、職員を派遣しました。

 現在、県内3市で災害ボランティアセンターが設置されており、岩国市、光市には運営支援のため県社協職員及び県内市町社協職員を派遣しています。また13日(金)からは、周南市にも県社協職員及び県内市町社協職員を派遣する予定です。

愛媛県(今治市、宇和島市、大洲市、西予市、鬼北町)

※松野町は設置準備中、

松山市、八幡浜市、上島町、砥部町、愛南町では社協ボランティアセンターで支援 

愛媛県内の災害ボランティア情報はこちらをご覧ください。

愛媛県社会福祉協議会ホームページ

 愛媛県社協では9日(月)に、「愛媛県災害救援ボランティア支援本部」を設置し、「愛媛県ボランティアセンター」を設置しました。現在、県社協職員を県内の市町村社協に派遣し、ボランティアセンター等の設置に向けて支援しています。

 なお、災害ボランティアセンターを設置した所には、今後、県社協及び県内市町社協職員を派遣します。

高知県(安芸市、宿毛市、大月町) 

高知県内の災害ボランティア情報はこちらをご覧ください。

高知県災害ボランティア活動救援本部ホームページ

 高知県社協は、9日(月)「高知県災害ボランティア活動支援本部」を設置しました。 各災害ボランティアセンター運営支援のため、県社協職員を派遣しています。

福岡県(福岡市(西区)、北九州市、久留米市、飯塚市、嘉麻市)

 福岡県社協は、7日(土)に「福岡県社協災害救援本部」を設置しました。久留米市、飯塚市には、災害ボランティアセンター運営支援のため、県社協職員をそれぞれ2名ずつ派遣しています。

 福岡市では、8日(日)より「西陵校区臨時災害ボランティアセンター」を設置し、西陵校区自治協議会、福岡市社会福祉協議会、西区社会福祉協議会、特定非営利活動法人YNF、一般社団法人ふくおかfunが協働で運営しています。ボランティア活動は、道路の狭い地域事情であり、被災範囲が限られていることから、近隣在住の方々で対応しており、ボランティアの募集・受付は行っていません。

 北九州市社協は、11日(水)より通常の社協ボランティアセンターの体制で「災害ボランティア相談窓口」を開設し、被災された方への支援を進めています。北九州市内に在住の方を対象にボランティアを募集しています。

sty1807110013-p9


あさってから3連休ですね。
もし、ボランティアをお考えでしたら、ぜひ最新の情報を確認してから出かけてください。

被災地によっては、もう人員が足りている所や終了している所もありますし、何をしてほしいか、どういう人が必要かが載っています。

冒頭に書きましたように、気持ちだけで出かけてしまうと被災地に迷惑をかけてしまいますから、必要な持ち物について上記リンクを確認の上で出かけください。

また、この3連休は各地猛暑ですから、被災地の方の体調も心配ですが、被災地へ向かわれる方も熱中症などには十分注意し、こまめに水分補修を心がけてください。



⬇︎下記バナーの応援クリックをお願いします。


人気ブログランキング

 
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

よろしければ、ぜひお気に入り登録をお願いします。
ツィッターでブログを紹介いただけると助かります。
 


物事は、ただ見ている聞いているだけなら記憶から消し去られていきます。

しかし、人はいつまでも悲しみや苦しみに浸って過ごしているわけにはいきませんから「忘れる」という能力も大切なんですね。

記憶のシステムは生死に関わる重要な出来事でなければ忘れるようにできていますから、よく耳にする「○○事故」から○○年なども、よほどのことでなければ覚えている人も少ないでしょう…


けれど、覚えておかなくてはならないことがあります。


日本は「憲法9条で守られている」わけではなく「戦争をしないと憲法で規定しているから攻められない」わけでもありません。

憲法9条で守られているなら尖閣周辺の領海領空侵犯をどう説明するのでしょう?

日本が争いを好むと好まざると関係なく、我々の意思とは関係なく話し合いでは済まない国々があることを覚えておかなくてはいけません。

そして、そういう連中が日本女性にしたことも忘れることはできません。

下記に旧ソ連軍の蛮行を転載しますが、こうした蛮行はシナによってウイグルやチベット、内モンゴルで起きており、ベトナム戦争で韓国軍が非武装の民間人女性にした蛮行も同じです。

1115FonniMura

戦後の日本ではアメリカ兵によるレイプも横行し…戦禍に巻き込まれること、侵略されるということは、タイトルに書いたように「道徳も教養も平和な中にのみある」のだということを覚えておいてください。

「読者手記 53編」 文藝春秋・特別号 1983.9掲載
新京の街で何が起こっていたのか解らなかった。 そんな日病院の玄関で大声で騒ぐ声にびっくりして、私は板でくくりつけた足をひきずりながら玄関に出て見て驚いた。12、3の少女から20ぐらいの娘が10名程タンカに乗せられて運ばれていた。それは、まともに上から見ることの出来る姿ではなかった。その全員が裸で、まだ恥毛もそろわない幼い子供の恥部は紫に腫れ上がって、その原形はなかった。大腿部は血がいっぱいついている。顔をゆがめつつ声を出しているようだが、聞き取れない。次の女性はモンペだけをはぎとられて下(しも)の部分は前者と同じだが、下腹部を刺されて腸が切口から血と一緒にはみ出していた。次の少女は乳房を切られて、片眼を開けたままであったから死んでいるのかも知れない。次もその次も、ほとんど同じ姿である。「ああ女とはこんな姿でいじめられるのか・・・」。次々に病室に運ばれて行く少女を眼のあたりに見て、その非情なソ連兵の動物的行動に憤りを感じると同時に、道徳も教養も平和な中にのみあるのであって一つ歯車が狂ってしまったらそんなものは何の役にもたたないのだ。

0114SorenheiBoykou

私たちは日本という国を先人から受け継ぎ、そして、後世に残さなくてはなりません。

世界の情勢を見れば、外交や交渉、話し合いの努力はほとんど意味をなさず拉致被害者も40年かけて未だ取り戻せていません。

多くの国々が未だに「外交とは軍事政策である」と考えているように力(武力)による駆け引きは、外交に重要なのです。

政府は、国民の生命・財産・生活を守らなければならない責務があり、自衛防衛の面で想定外という言い逃れは許されません。

憲法改正は急務であり国として必要な自衛手段を実現し防衛が盤石になれば、それだけ外交力の後押しとなります。

国民の生命・財産・生活を守る強い日本、拉致被害者を返せ!といえる強い日本を取り戻したい。

⬇︎下記バナーの応援クリックをお願いします。


人気ブログランキング

 
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

よろしければ、ぜひお気に入り登録をお願いします。
ツィッターでブログを紹介いただけると助かります。
 


今日は七夕ですが、ショッピングセンターなどで七夕飾りを見かけなければ、すっかり忘れているところでした
ダウンロード 222

七夕の日は短冊に願い事を書きますが、あなたは何を願ったでしょう…

私には沢山の願い事(憲法改正、拉致被害者全員奪還、中共に弾圧されている民族独立など)がありますが、願うだけでは叶わないことを拙ブログで書いているように、人は願い「行動する」ものだと思います。

今日、東京港区でデモがあるようです。

日時: 2018年7月7日(土)
15:00集会 15:30デモ行進開始
集合場所:三河台公園(港区)
解散場所:笄公園(港区)
三河台公園: 〒106-0032 港区六本木4丁目2番27号
地下鉄日比谷線六本木駅 徒歩5分 
地下鉄大江戸線六本木一丁目駅 徒歩5分

主催: 日本ウイグル連盟
〒113-0033 東京都文京区本郷3丁目3-11 NCKビル4F
TEL : 03-5840-6460 / FAX: 03-5840-7454
担当直通:080-4196-8973
E-mail: info@uyghurjapan.org


2009年7月5日、東トルキスタン(ウイグル)の中心都市ウルムチで行われたウイグル人の平和的な抗議行動は、中国当局の軍、警察によって、過剰な武力行使によって残虐に制圧され、数千人のウイグル人がウルムチの町で殺害され、殆どのデモ参加者や当時街で見物していた人達も含めてが逮捕されました。

その後も、東トルキスタン(ウイグル)全土における大逮捕キャンペーンによって、大量のウイグル人が投獄され、その多くは中国の杜撰な法体系により死刑が執行され、また多数の人達は行方不明となっています。

この事件は、中国が東トルキスタンを植民地支配してきた68年間において、最も残虐に大量のウイグル人を集団で虐殺した出来事として歴史に記録されています。

この事件以降も、中国のウイグル人弾圧は継続的に行われています。 特に、2016年8月習近平中央は元チベット自治区党委書記陳全国を“新疆”ウイグル自治区(東トルキスタン)党委書記に任命してから、陳はチベット人を厳しく弾圧した経験を更に発揮して、もっと厳しい支配体制を敷いて、東トルキスタン(ウイグル)の全土に悪名高いナチス型の収容キャンプ“再教育キャンプ”を設置して、ウイグル人の人口の1割強をこれらの収容キャンプに入れた、新たな迫害運動を展開してきています。

この運動により、「ウイグル自治区」内各機関に勤務するウイグル人幹部に対する容赦ない粛清、農村部の大量の農民に対して行われている所謂“再教育”の名目による収容キャンプへの強制監禁、国外にいるウイグル人留学生を呼び戻すキャンペーンなどが展開され、いまは収容キャンプに監禁されているウイグル人の数は150万人を超えると言われています。

国外に亡命しているウイグル人は「7.5ウルムチ虐殺」を忘れることは出来ません。今年も世界の様々な国で追悼・抗議活動を行います。

日本ウイグル連盟は、正義を愛する日本の皆様に呼びかけ、中国のウイグル人に対する殺戮、人権侵害を非難すべく、東京の六本木で抗議デモを行うこととしました。是非、多くの皆様方のご参加をお願い致します。(日本ウイグル連盟)
http://uyghurjapan.org/jp/info/info_20180610/

ウルムチ追悼集会ss

7.5ウルムチ虐殺をご存知でない方は、ぜひ事実を知ってほしいと願います。
この中共の弾圧に対する講義活動として、デモが様々な国で展開されています。

今日は生憎のお天気ですが、近郊にお住まいの方々には、ぜひご協力をお願いしたいと思います。

また参加が難しい方々には、できる限りウイグルの惨事を拡散していただきますようお願いいたします。

どうか中共政府による人権侵害に沈黙しないでください。

虐げられた民族が自ら立ち上がり自国を取り戻すために私たちができることはサポートですが、中共政府がやっていることは許されることではありません。‪

ウイグルだけではなく内モンゴル、チベットでも人権弾圧が厳しさを増し、SNS監視、DNA収集など、厳しい監視にさらされ、これらの自治区ではデモさえできません。

反対すれば逮捕、拷問、そして、罪なき人々を「再教育」として洗脳する。


【有本香の以毒制毒】77歳の老母を収容所送りにする中国と「友好」か 世界ウイグル会議・ドルクン氏の「悲しみと苦闘知ってほしい」

今週は、中国のいわゆる「南京虐殺記念館」を訪れた福田康夫元首相の批判を書こうかと思っていたところ、思いもよらない悲報に接した。

 私の友人で、ドイツ・ミュンヘンに本拠地を置く、亡命ウイグル人の組織「世界ウイグル会議」のドルクン・エイサ総裁のご母堂が亡くなったというニュースである。さっそく、ドイツのドルクン氏にお悔やみの電話をし、近況などを聞いた。

 米政府系放送「ラジオ・フリー・アジア」(RFA)(7月2日)によると、ドルクン氏の母、アヤン・メメットさんは享年78。中国当局が昨年春から強行した「過激主義者、誤った政治思想を持つ者を『再教育』する」キャンペーンで強制収容所に送られ、今年5月、所内で亡くなったそうだ。家族と連絡もとれないドルクン氏は先月、この事実を知らされた。

 ドルクン氏は現在50歳。天安門事件の前年(1988年)、新疆大学在学中に、ウルムチで、大規模な学生の反政府デモを組織し、挙行した。その後、自宅軟禁を経て、94年に国外へ脱出。トルコ経由でドイツに亡命した。現在はドイツ国籍を持ち、中国政府によるウイグル人弾圧の非道を、国際社会に訴える活動をしている。

 中国政府は2003年、彼を「テロリスト」リストに登録し、現在も国際指名手配している。だが、ドイツをはじめとする国際社会は、それを認めていない。

 彼の「世界ウイグル会議」は米国から資金援助を受けているし、国連の人権理事会や、欧州議会では、よくスピーチしている。何度も来日して、「ウイグル問題」を訴えている。

ドルクン氏は、国を出て以来、一度も母に会っていない。「生きているうちに一目会いたい」と、よく話していた。

 弟は過去に、国外でドルクン氏に接触して帰国し、中国当局に逮捕されたことがある。その直後、久方ぶりに母と電話できたとき、ドルクン氏は電話口で泣いてしまった。気丈な母は「私が泣かないのに、なぜあなたが泣くの!」と叱り飛ばしたと聞いた。

 その強き母が、強制収容所で亡くなった。

 息子がどうであれ、また、いくら気丈だといっても、77歳の女性を「思想再教育の必要あり」として強制収容所に入れるなど、普通の国ではあり得ない。中国当局は鬼だ。

 こういう国と、さしたる警戒もないまま、またぞろ「関係改善」と言い出す、日本のマスメディアや元要人らは何を考えているのか?

 残念ながら、「ウイグル問題」は、日本であまり知られていないが、それでも、ドルクン氏らウイグル人活動家と交流を続けてきた政治家が少数ながらいる。安倍晋三首相と、側近の衛藤晟一首相補佐官、古屋圭司衆院議員らだ。

 安倍首相は第2次政権発足後、接触していないが、古屋、衛藤両氏はスタンスを変えていない。

 私が、安倍晋三という政治家を根本のところで信頼しているのは、こうした事情もある。今改めて思うことは、「一人でも多くの日本人に、友人・ドルクン・エイサの悲しみと苦闘を知ってほしい」ということだ。そのうえで、真に適切な隣国との関係を考えるべきである。(zskzak 夕刊フジ)
https://www.zakzak.co.jp/soc/news/180706/soc1807060010-n2.html

中共は抵抗するものを収容所へ送り拷問などで死に至らしめている。

そして、大量の漢族を移住させることによって東トルキスタンの民族の人口比率を低下させ、東トルキスタンで代々培ってきた文化や言語、宗教の抹殺も行っている。

強制的な堕胎や避妊手術、政治犯などとして拷問し虐殺、労働改造所への強制収容、核実験。

ウイグルは、広島・長崎以上の被爆国です。

あなたは、この事実に沈黙するのですか?

七夕の日、人々は短冊に願いを書きます。

その願いが何であれ、行動が伴わなければ叶うことはないでしょう。

たとえ、どんな小さな行動の一つであっても、あなたが蒔いた種(たね)が芽を出す日がくると私は信じています。

ダウンロード


⬇︎下記バナーの応援クリックをお願いします。


人気ブログランキング
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

よろしければ、ぜひお気に入り登録をお願いします。
ツィッターでブログを紹介いただけると助かります。
 

今年も2018年7月13日(金)〜7月16日(月・祝)までの4日間。
靖国で「第72回 みたままつり」が行われます。
「みたままつり」は、国のために尊い命を捧げられた英霊を慰める行事として靖国神社にて日本古来のお盆にあたる期間に毎年行われています。

【みたままつり2018@靖国神社の開催概要】
名称:第72回 みたままつり
日程:2018年7月13日(金)~7月16日((月・祝))
時間:18:00~21:30
場所:靖国神社境内
▼交通アクセス・最寄り駅
・JR「飯田橋駅」徒歩10分
・JR「市ヶ谷駅」徒歩10分
・東京メトロ、都営地下鉄 「九段下駅(出口1)」徒歩5分

<注意事項>
◆境内での次の行為は禁止されています
 ・ドローンの使用
 ・無許可での集会やイベント
◆未成年者の飲酒・喫煙等、青少年の非行防止にご協力ください。
◆お越しの際は公共の交通機関をご利用ください。
(千代田区観光協会)
http://www.kanko-chiyoda.jp/tabid/4063/Default.aspx

09mitama-syasin03

昨年「靖国神社のみたままつりに参拝。 遊就館で英霊の皆様の日本国の未来を願い、大空・大海に散っていった思いのこもった言葉の数々を拝見し、この日本を支那・朝鮮をはじめとする反日勢力から守らねばならないとの気持ちを新たにしました。 」という方のツィートを読んで、とても嬉しく、また頼もしく感じました。

靖国に眠る英霊は戦争で亡くなった方ばかりではありません。

祀られている対象者は主に「戊辰戦争~第二次世界大戦、そして戦後、東南アジアなどの独立戦争に参加した人々」ですが、準軍属とみなされる方も多数祀られ、戦時徴用されて軍需工場で働いているときに空襲を受けた女性たち、満州開拓に携わった人々、沖縄戦に巻き込まれた一般の人たち、沖縄のひめゆり学徒隊、真岡郵便電信局事件で自決した女性たちも含まれています。

また、朝鮮兵士ではない陸軍士官学校を卒業して士官に任官した者旧大韓帝国軍から朝鮮軍人として日本陸軍に転籍した者、そして、戦争末期1944年に一般兵士も徴兵制で登用され日本統治下で軍務に関係する職に就き戦没者となった朝鮮半島出身者のうち朝鮮人日本兵を含む約2万1000人が合祀されています。

私たちが迎えた「平和な日本」は、ある日、突然、訪れた訳ではありません。

我が国の平和は、戦後の人々の強く逞しい精神、おおらかで朗らかな先人たちによって築かれてきたものです。

先人たちが築いてきた日本を私たちの代で終わらせることがあってはいけません。

印象操作に踊らされる情弱な連中が「憲法9条によって日本は守られてきた」「許し合う心こそ世界を平和にする」などと発信していますが、寝言は紛争地で語ってこそ意味があることです。

紛争地では、能天気に「平和を語る」前に命を落とす。

かつて、SEALDsの中心メンバーである奥田が、自分や家族に向けた殺害予告を受けて震え上がり警察に慌てて駆け込んだことはよく知られていることです。

戦禍に巻き込まれれば「寝言」をいってる暇はありません。

「戦争反対」や「平和」を叫ぶ口先だけの連中は、夢の中にいるかシナかロシアか朝鮮の工作員です。

日本は2つの原子爆弾を投下され広島市の人口35万人(推定)のうち9万~16万6千人が被爆から2~4ヶ月以内に死亡。

長崎市の人口24万人(推定)のうち約7万4千人が死没、建物は約36%が全焼または全半壊した。

広島、長崎だけなく都市部や軍需工場があった町は全て焼け野原になった…

それでも日本人は、先帝陛下と共に戦後の日本を復興させていきました。

先帝陛下の歩まれた道は、過去記事【汚いものを引き受けられる人(先帝陛下)】を参照ください。

http://kokorone.blog.jp/archives/16301992.html

日本の復興と繁栄は、先人たちの弛まぬ努力と不屈の精神が築いた結果です。

mitamamatsuri

先人たちが築いた日本。

日本を守るために「命」をかけ、虐げられたアジアの人々を解放するために戦った英雄たち。

その尊い命をささげた軍人・軍属と民間人計310万の人々と、戦後の焼け野原から日本を復興させた先人たちに「日本を任せてください」といえる日本人でありたいと思います。


⬇︎下記バナーの応援クリックをお願いします。


人気ブログランキング
 
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

よろしければ、ぜひお気に入り登録をお願いします。
ツィッターでブログを紹介いただけると助かります。
 

今日は、また老子のご紹介(私の趣味)をしたいと思います。
File0011

天下皆美の美たるを知る、斯れ悪のみ。

皆善の善たるを知る、斯れ不善のみ。

有無相生じ、難易相成し、長短相形し、高下相傾け、音声相和し、前後相随う。

是を以て聖人無為の事に処り、不言の教を行なう。

万物作りて辞せず、生じて有せず、為して恃まず、功成りて居らず。

夫れ唯居らず。

是を以て去らず。

(解釈)

天下の人たちは皆、美が何であるか知っているが、それだけではいけない。

美の裏には醜があるのだ。

皆は善がどういうものか知っているが、それだけではいけない。

裏には不善があるのだ。

このように有無はともにあり、長短、高下、音声、前後といった具合に、すべてに相対的なものがある。

だから道の教えを体得した聖人は、事を為すに当たって何もせず、何も言わない。

道は万物を生むが、それを誇りに言わず、それが育ってもそれを自分のものとしない。

それを頼りにすることもなく、成功すれば、いつまでもその場にいない。

「養身第二」は、ものごとの価値というのは「相対的」であると説かれています。

美しいものを美しいと認めるとき、 そこに醜さの認知が生じる。

善なるものを善だと認めるとき、 そこには悪の認知が生じる。

この世は相対のモノが存在し、それゆえに「自らを知る」ことができます。

心理学でも少し書いているかと思いますが、人は「比較」することで自分の位置を確認しています。

ですから、あり方と心根は、とても大切だと思っています。

絶対こう思わなければいけないというルールはありません。

しかし、自分を誤魔化して満たされるということはないでしょう。

大事なことは人にどう見られるかではなく自分を「自分がどう見ているか」です。

人にはそれぞれ感覚や感性があり、青もスカイブルー・コバルトブルー・インディゴブルーなどの表現があるように思い浮かべる色も異るでしょう。

色が人によって異なるイメージを持つように、感じ方受け止め方も違います。

だからこそ、自分は何が好きか? 何が嫌いか? 
何をやりたいか? 何をやりたくないか? は大事ではないでしょうか?

皆んなやってる、皆んなが言ってる。

皆がやっていたら、自分もやるのか?
皆がやらなかったら、自分はやらないのか?

良い、悪い、やる、やらないというのは、自分で判断するものですよね…

友達が良くないことしていると思ったら「止めろ!」というのが友達です。 

自分の思っていることを相手に伝えること声をあげていくというのは大事なことです。

いかにして生きていくか?人や社会と関わっていくのか?

どうやって人生を歩いていくかは、とても大切なことではないでしょうか?


⬇︎下記バナーの応援クリックをお願いします。


人気ブログランキング
 
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

よろしければ、ぜひお気に入り登録をお願いします。
ツィッターでブログを紹介いただけると助かります。
 

先日、沖縄戦から73年 戦没者追悼式の浦添市立港川中学校3年 相良倫子「平和の詩」がネットで話題になっていましたね。

私は、生きている。
マントルの熱を伝える大地を踏みしめ、
心地よい湿気を孕んだ風を全身に受け、
草の匂いを鼻孔に感じ、
遠くから聞こえてくる潮騒に耳を傾けて。

私は今、生きている。

私の生きるこの島は、何と美しい島だろう。
青く輝く海、岩に打ち寄せしぶきを上げて光る波、
山羊の嘶き、小川のせせらぎ、畑に続く小道、
萌え出づる山の緑、優しい三線の響き、照りつける太陽の光。

私はなんと美しい島に、生まれ育ったのだろう。

ありったけの私の感覚器で、感受性で、島を感じる。
心がじわりと熱くなる。

私はこの瞬間を、生きている。

この瞬間の素晴らしさがこの瞬間の愛おしさが
今と言う安らぎとなり私の中に広がりゆく。

たまらなく込み上げるこの気持ちをどう表現しよう。
大切な今よかけがえのない今よ

私の生きる、この今よ。

七十三年前、私の愛する島が、死の島と化したあの日。
小鳥のさえずりは、恐怖の悲鳴と変わった。
優しく響く三線は、爆撃の轟に消えた。
青く広がる大空は、鉄の雨に見えなくなった。
草の匂いは死臭で濁り、光り輝いていた海の水面は、
戦艦で埋め尽くされた。

火炎放射器から吹き出す炎、幼子の泣き声、
燃えつくされた民家、火薬の匂い。
着弾に揺れる大地。血に染まった海。
魑魅魍魎の如く、姿を変えた人々。
阿鼻叫喚の壮絶な戦の記憶。

みんな、生きていたのだ。
私と何も変わらない、懸命に生きる命だったのだ。
彼らの人生を、それぞれの未来を。
疑うことなく、思い描いていたんだ。
家族がいて、仲間がいて、恋人がいた。
仕事があった。
生きがいがあった。
日々の小さな幸せを喜んだ。
手をとり合って生きてきた、私と同じ、人間だった。

それなのに。
壊されて、奪われた。
生きた時代が違う。
ただ、それだけで。
無辜の命を。
あたり前に生きていた、あの日々を。

摩文仁の丘。
眼下に広がる穏やかな海。
悲しくて、忘れることのできない、この島の全て。
私は手を強く握り、誓う。
奪われた命に想いを馳せて、心から、誓う。

私が生きている限り、
こんなにもたくさんの命を犠牲にした戦争を、絶対に許さないことを。
もう二度と過去を未来にしないこと。

全ての人間が、国境を越え、人種を越え、
宗教を越え、あらゆる利害を越えて、平和である世界を目指すこと。
生きる事、命を大切にできることを、
誰からも侵されない世界を創ること。
平和を創造する努力を、厭わないことを。

あなたも、感じるだろう。
この島の美しさを。
あなたも、知っているだろう。
この島の悲しみを。
そして、あなたも、私と同じこの瞬間(とき)を一緒に生きているのだ。
今を一緒に、生きているのだ。

だから、きっとわかるはずなんだ。
戦争の無意味さを。
本当の平和を。
頭じゃなくて、その心で。
戦力という愚かな力を持つことで、
得られる平和など、本当は無いことを。

平和とは、あたり前に生きること。
その命を精一杯輝かせて生きることだということを。

(以下略)

私が一番嫌いなのは、災害などで全てを奪われた人々へ 暖かい部屋、安全な場所から「被災地の人のために祈りましょう」と寝言を並べるような偽善者と、事実を知りもしないくせに正義を振りかざす無知な方たちです。

平和を騙るこの手の方は、SEALDsと同じに観えてしまう。

かつてSEALDsは「敵国が攻めてくるというのなら、とことん話して酒飲んで遊んで食い止めます」という迷言を吐いた。

その寝言を聞いて「やってみろよ」と多くの方が思われたことでしょう。

中心メンバーの奥田が、自分や家族に向けた殺害予告を受けて震え上がり、それまで散々毒づいていた警察に慌てて駆け込んだことはよく知られています。

立場が危うくなると真っ先に逃げ出す口先だけの連中が嫌いです。

9条信者は日本の平和を9条のお蔭だと思っているようですが、日本は平和などではありません。

我が国は、尖閣諸島を領土にしようと狙っている隣国の脅威に日々さらされ、 尖閣周辺で中国当局の船が数え切れないほど確認されている。

シナによる領海侵犯は増加し続け領海だけでなく領空侵犯も増加傾向にある。

我が国が平和を保っていられるのは、アメリカの基地が日本にあり自衛隊や海保が国民の安全のため命をかけて守っているからです。

平和などというものは「侵略国家」の前には幻想です。

南モンゴル、チベット、ウイグル(東トルキスタン)を見て平和とは何かを考えてほしいと思います。
images (4)

シナに併合された国々は、その民族が培ってきた伝統・文化、全てを破壊され、家族を奪われ、民族が根絶やしにされようとしている。

ウイグルでは、ウイグル人の強制的同化、東トルキスタンに残るウイグル文化の土台を壊し、未来のウイグルの母となる人々を真っ先に民族同化・民族浄化政策のターゲットにしている。

ウイグルの若い女性数十万人(30万人を超えていると発表されている)が、わずか数年間で東トルキスタンからいなくなる…あと3年で「この世からウイグル人がいなくなる」といわれ民族存亡にかかわる大変深刻な問題です。

声をあげられる日本という国から人権を発信できるようにしたい…

日本人は、中共の侵略に苦しむアジアの人々を見殺しにしないのだと。

top

‪ウイグルだけではなく内モンゴル、チベットでも人権弾圧が厳しさを増しています…‬SNSは監視され、DNAを収集、モンゴル人農牧地の一方的な接収。

反対者は逮捕され拷問。

デモさえできないアジアの国は広島や長崎以上の被爆国です。

その国では、声をあげただけで逮捕され拷問虐殺されたのです。

中共政府による人権侵害は看過できません!

皆それぞれ仕事や家事や学校があるので時間を作るのは難しいかも知れませんが、できないことから考えるのではなく、できることを考えてほしいと思います。

あなたにしかできないことがあるかも知れませんが、声をあげることは誰にでもできることです。

本当に「平和を叫びたい」なら今このときです。

#拡散/#日本ウイグル協会 http://uyghur-j.org/japan/  
(代表/#イリハム・マハムティ)は 【#フリーウイグル!中国政府の人権弾圧糾弾デモ】を行います! 7月1日(日)14時集合、14時半出発@柏木公園(西新宿7-14) 中共の虐殺弾圧に苦しむウイグル人達のために立ち上がろう! ご参加下さい!


時間や距離の関係でデモに参加できないという方は、ツイッターなどで事実を拡散してください。
 
大きな力なんて誰も持ってはいないのです。

だから人は、時に人を頼り時に人を励まし、互いに助け合うのではないでしょうか?


⬇︎下記バナーの応援クリックをお願いします。


人気ブログランキング
 
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

よろしければ、ぜひお気に入り登録をお願いします。
ツィッターでブログを紹介いただけると助かります。
 



私が潜在意識(哲学思想)カテに10%エントリーしている理由。

それは「哲学思想」の上位カテゴリ「人文」が好きだからです。

人文というのは読んで字の如しなので説明は端折りますが「人の力」というのはスゴイと思っています。

政治や経済を動かすもの会社や組織、その最小単位は個人であり自らの価値観を持ち自ら判断できる自律自立した「人」が増えることを願っています。

ゆえに「哲学思想」含む下位カテゴリで見かける「他人の価値観による幸せ」にとらわれ物事を自分の価値観で見えていない方に記事を書いています。

人間の「依存心」は寄りかかる相手を探そうとする。

「依存心」の強い方はネガな感情にとらわれやすい。

だから、物事を前向きにとらえずに「なぜ自分だけがこんな目にあうのか」と、自分以外の何かに原因を探しはじめる。

潜在意識(哲学思想)カテゴリに多い「どうしたら幸せになれるか?」に群がる方の特徴です。

彼らは運命に挑もうとしない。

何かのせい。

誰かのせい。

自分は悪くない。

そんな言い訳ばかりしていたら決してそこから出られない。

そうやって出口のない迷路にいる方は「あなたが今不幸なのは、後で楽しい体験をするためです!」やら「傷つく嫌な経験は、後から幸せを感じるためです!」という妙な(詐欺師)連中に引っかかる。

こういう商売が成り立ってるのは「平和ボケ」からだと思います。

今日、生きられるかどうか分からない人々や今日、食べ物にありつけるか分からない人に同じことは言えないはずです。 

心理には「共感トリック」というのがあり「詐欺」にはよく使われている。

一般に女性は男性より共感性が高いため、この手の詐欺は男性より女性が引っかかる。

他者への共感というのは人に備わっている大切な「機能」です。

だから「ない」と問題行動の原因になる。

そういう意味で共感は必要だといえます。

幸せになりたい!という方は、自分が「不幸」だと思っているわけです。

だから「幸せになるために不幸なんだ!」といわれれば期待するわけですが、こういうビジネスをしている連中は「私も、昔、そうだった」と騙り「幸せになれる」方法があると言い出す。

幸せになるとか、幸せになるためとか…

そもそも、幸せというのものは「誰が決めるもの」なのでしょうね?

今日、食事ができること。

仕事があること。

家族がいること。

健康であること。

それを「幸せ」だといわないのか?

周り(世の中)が目に入らない者は「幸せ」が何かを理解できない。

日本に住んでいるというのは、とても恵まれているということを知らない。

世界には小学校さえ行くことができず路上で暮らす子供たちがいる。

Z20131203TTREU00465G3000000


親もなく、劣悪な環境下で生きている。

紛争地では、兵士としてしか生きていく手段がない子もいる。

さらわれて兵士にされる子もいる。

民族問題や宗教問題を抱えた国では、命を奪われることなんて日常的にある。

・児童死亡率 3万3千人/日
(栄養、医療などの不備で死亡)

・地雷によって負傷する児童 約70人/日
(20分間に1人)

・戦争、紛争で死亡した児童 
冷戦後、10年間で200万 (大人の戦士より多い)

負傷した児童 500万

家を失った児童 1200万

2af69964


こういう子供に言えるだろうか?

私は「不幸です、幸せになりたい」と。 

不安につけ込んだビジネスを展開している連中は、そういう子供に言えるのか?

目の前で親を殺され、あるいは犯され。

助けを求め、泣き叫んでも誰も来ない。

彼らに言ってみろよ。

幸せになるためにお母さんが目の前で犯され、お父さんが殺されたんだ。」と…

安全な日本で暮らし、五体満足で、家族が居て、一緒に食卓を囲むことができる。

そういう人間が不幸といえるのか?

自ら切り開くことができる環境にありながら、誰かや何かに幸せにして欲しいと願い、悪いことは自分以外の何かのせいにして生きる。

私は、ハッキリ書いておきたい。

選択肢のある暮らしの中でさえ、文句をいい、不幸を嘆いている。

自ら乗り越えようともせず「不幸」だと思っているうちは迷路から出ることはできない。

そういう連中は、例えチャンスが訪れても活かすことはできない



⬇︎ 下記の応援クリックをお願いします。


人気ブログランキング
 
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
 

昨年、2017.2.25の産経に以下の記事がアップされたことは割と知られているかと思いますが、今一度、日本の置かれている現状を再確認してほしいと思います。

中国資本の影が忍び寄る「北海道人口1000万人戦略」のワナ “素性”不明の発電所が多数存在…跡地は誰も把握せず
(2017.2.25)産経

関係者によると、1千万人のうち200万人は移住者とすべきだと力説したとも言われる。
 本連載の第3部で、「一部中国メディアの間では、北海道は10年後には、中国の第32番目の省になると予想されている」という在日中国人のチャイナウオッチャーの言葉を紹介したが、張氏は昨年、筆者との電話でのやりとりの中で「32番目の省の話は大陸でも言われている」と語った。
 中国資本の動向を検証している複数の専門家の話を総合すると、北海道で中国資本に買収された森林や農地などは推定で7万ヘクタール。山手線の内側の11倍以上の広さにのぼり、うち2、3割は何らかの意図があるという。専門家らは「残りの7、8割の中国人や中国資本の動向にも当然、影響を与える」と危惧する。
 水、電力(太陽光発電、バイオマス発電)、港湾、流通基地…などのライフラインは、中国へ資源を輸出するためだけではなく、道内で中国人集落が自給自足するためにも欠かすことはできない。人口1千万人構想、1万人規模の別荘構想、並行するように展開される不動産買収、そして、駐日大使や1等書記官の来訪。先のチャイナウオッチャーは「中国は北海道を20年前から、沖縄は25年前から狙っていた」という。

(中略)
もう少し、中国資本の動向を追うことにする。  広い北海道で車を走らせると、太陽光発電所の多さに驚く。
 太陽光発電協会(東京)によると、北海道の太陽光発電所の数は、昨年7月現在で、約3万件余り。うち住宅用以外の発電所は約4500件だが、日本の場合、発電所を設置する企業は国籍を問わないため、“素性”は不明だという。経済産業省新エネルギー課でも、国別の統計はないという。
 道内の太陽光発電所の設置企業を個別に調べると、中国資本が関係しているのでは、とみられる太陽光発電所は50件前後。その中の1社は、東京千代田区内に本社を置き、全国規模で太陽光発電ビジネスを展開している。平成21年設立で、代表をはじめ役員は中国人が占める。この企業は25年から28年までに北海道に23件の太陽光発電所を建設、今年2月にも新たに1件稼働させている。
 地元紙によると、登別市上登別町のテーマパーク「登別中国庭園・天華園」跡地には、中国系企業が来年6月の稼働を目指し、メガソーラーの建設を計画。関連企業がすでに敷地と周辺林地約70ヘクタールを取得したという。 北海道電力によると、発電所用の土地が、どれぐらい買収されているかは、チェック機関がなく不明だという。稼働実態について、同社の担当者は「個別案件については公にできない」としながらも、「事業計画通りに進まないため、需給契約を取り消すケースは多々ある」と話す。1千キロワット以下の発電所については売電しているかどうか分からないという。  太陽光発電施設の寿命は、平均約20年ともいわれる。20年後、太陽光パネルは廃棄物として処理されるが、跡地はどうなるのか?  経産省新エネルギー課によると、土地の後利用は企業側が決めるが、「個別の問題なので把握していない」という。  太陽光発電協会も、実態は分からないが、広大な森林地帯を買い取って伐採したものの発電所を設置していないケースもあるだろうという。こうした土地は何に使われるのか-。(後略)

http://www.sankei.com/premium/news/170225/prm1702250034-n4.html


そして、2017.6.20の記事にも「北海道が危ない第5部」がアップされた。(一部抜粋)


中国人女性実業家が土地の売買段階から関係していた。女性は目黒雅叙園(東京)の買収、売却劇にも登場する。  中国と関係の強い学校法人京都育英館に譲渡されることが決まった苫小牧駒澤大の関係者や市関係者によると、苫小牧は北海道でも気候は温和で積雪量も少ないことから、中国資本は買収、開発に関心を持ってきたという。彼女もその中の1人だった。開発候補地の森林は、この女性の会社が所有者から購入、MAプラットフォームに転売しており、巨額の転売益を得たとされる。経緯を知る人物によると、女性は「アリババの会長らを連れてきて、中国人の集落をつくりたい」と話していたという。


http://www.sankei.com/life/news/170620/lif1706200021-n1.html


物事は、ただ見て、聞いて、そのときだけ騒ぐだけなら記憶からドンドン忘れ去られていきます。

自分には「関係ない」と思っている方は、日々流れてくるニュースに一喜一憂しては忘れる。

けれど、どんな人でも同じで基本的に人間は忘れるようにできているんです。

人間の脳は「生きるために必要でないことはデリート」するように出来ているため、放っておけば数日とかからず大半の記憶が消滅する。

脳は、生存にかかわる重要な情報を優先して記憶するからです。

よく耳にする「○○事故」から○○年なども、ご自身が生死に関わった方でもなければ、ほとんどの方は、耳にしてはじめて「そんなこともあったね」と思い出す程度です。

連日、野党やマスゴミの偏向報道が目立ちますが、騒いでる間に、シナは虎視眈々と日本の乗っ取りを狙っている。


産経の記事には、女性は購入の際「これから中国人の人口が増えるから学校が欲しい。富裕層の子供を連れてきて、中国人と日本人のインターナショナルスクールを造りたい」「150室ぐらいの中国人用のホテルを建てたい」と土地購入の理由を話していたといいます。

大量にシナ人がビジネスという名目で日本へ移住を続けている訳で、これが何を意味するのかといえば、不動産購入の目的は、日本での「永住権を得る」ことの他ならない。

経営・管理ビザを取得し更新する資格を得て、何度も更新し「永住権」を狙う訳です。


20170319-06288093

そして、2017年3月19日、中国メディアの中国僑網が在日外国人数が238万人に達し、そのうち約70万人が中国人だと伝えています。

在日外国人のうち中国人が69万5522人で最も多く、次いで韓国人の45万3096人、フィリピン人の24万3662人。

移民問題だけでも土地買収問題だけでもなければ、尖閣沖縄問題だけでもない。

もうモリカケなどやっている場合ではなく、日本は多方面で危機的状況にある。



⬇︎下記バナーの応援クリックをお願いします。


人気ブログランキング
 
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

※よろしければ、ぜひお気に入り登録をお願いします。
※ツィッターなどでブログを紹介いただけると助かります。



このページのトップヘ