心の風景

カテゴリ: 心根

今日は、また心理について(脳の働きも加えて)書こうと思いますので、心理は興味ないからという方はスルーしてくださいね。

あなたは、幸せについて考えたことはありますか?

幸せは「自分で決めている」だけなので、物事の受け止め方、考え方で「幸せ」が決まるんです。

ですから、前向きで与えられているものを数えるのが上手い人は、幸せを感じる人が多わけです。

こういう方は、人や物を大事にし「感謝」が自然に湧くような人ですね。

BFAC7066-2546-4950-982D-96A4D45675AD


逆に、自分が幸せになるためにどうしたらいいか?という方は、目先の欲に左右され見返りや取引を求める傾向にあり、幸せを感じにくい。

そもそも五体満足であるということは「幸せ」ではないでしょうか?

病気や怪我をしたら、五体満足であることのアリガタミが分かるかと思います。

たとえば、小指1本でさえ切ったり折れたりすれば、激しい痛みとともに不自由な生活さを強いられることになりますよね。

感謝のあまりない方は、そういうことに気づかない。

いいことがあるときだけ感謝するんですよね。

お蔭様、お互い様という自然な「感謝」というのがない…

人間の脳はエネルギーの消費を嫌いますから、放っておくと楽な方を選択するようになっています。

脳は変化を好まないので記憶の流用によって結果を予測できる現状に戻そうとします。

脳は現状に留まることを目的に働くので、いいことがあるときだけ感謝するといった習慣がある方は、「幸せ」というのが実感しにくい。

脳は今までどおりが良いから現状維持しようとするし、そういう思考癖を持っていると「良い点」に目を向ける習慣がないため「悪いところばかり」に目がいきやすい。

愚痴の多い方というのは、大抵コレです。

自分を変えることができるのは「自分」だけ。

他人ができるのはサポートだけ。

人生を変え、環境を変えることができるのも自分自身です。

心理学には「承認欲求」というものがあるといわれており、人は「誰かに認められたい」という欲求を持っているといいます。

しかし、誰かが見てくれる期待して行動する方は、持久力に欠け継続できない傾向にあります。
 
もし、あなたに足りない所があるとしても、それは認めてしまえばいいんです。

それは、伸び代だから。

誰かのためではなく「自分のために」何かを始めることや自分を大切にすることも大事です。

日本人は、世界で最も「感謝」できる人の集まった国だと、私は思います。

そして、虐げられた人々、悲しんでいる人々のために損得なしに行動することができる。

D37C9463-B680-4B02-BD02-196588914A8C

心ある民族。

そういう誇らしい民族だと思います。

 
⬇︎下記バナーの応援クリックをお願いします。


人気ブログランキング


※お気に入り登録をヨロシクお願いします!



拉致被害者奪還には憲法改正が必要であり、その為にも安部政権を支持してきました。

拉致被害者にも、そのご家族にも時間がありません。

総理の「日本を取り戻す!」というのは嘘だったのですか?

2015年、世界第4位の移民受け入れ大国となった我国に、政府は2025年までに建設・農業などの5分野で50万人超の単純労働にも就業を認めて移民受け入れ拡大を本格的に推進するという。

外国人労働者のメリットは短期的に雇った企業のみに現れ、デメリットは長期間にわたって日本国民全体にはねかえってきます。


50万人超の移民などとは日本を破壊する行為であり政府は何を考えてるのか?と、多くの保守層の怒りを買ったはずです。

そして、先日の韓国国会議員の竹島上陸に、またしても「遺憾の意」だけという対応。


img_1

もう「遺憾の意」の表明は結構です!
我々、国民は政府のヌルイ対応にも怒っています。

そして、今度は人権弾圧・虐殺の中国と通貨スワップ協定締結?




我国の舵取りは、決して簡単なものではありません。

エセ平和主義政党「創創価学会の政治部門」としての公明党。

創価学会の幹部の多くは在日シナ人。

公明党は在日朝鮮人に選挙権をあたえるための外国人参政権法案に執着してきた。

日朝国交正常化推進、靖国神社参拝反対もしている政党です。

また、自民党の最大スポンサーの経団連は、日本国民全体のことよりも個々の企業の短期的な利益を優先し、外国人労働者や移民の受入れを要求。

公明党との連立。
自民党内の親中親韓派。
最大のスポンサーが金が全ての経団連。

それゆえ我国の舵取りが難しいことは理解していますが、今の安部政権の政策では次の参院選で敗北することになるでしょう。


今やらなくてはならないことは、日本が行うべきことは、米国と裏で連携し中国の覇権力を弱体化させることではないのですか?

首相官邸に抗議メールを送りましょう。

https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html



⬇︎下記バナーの応援クリックをお願いします。


人気ブログランキング


※お気に入り登録をヨロシクお願いします!






はじめまして。

心の風景blog管理人です。

今日は岡本太郎さんの言葉を、読者の皆様へご紹介したいと思います。



意志を強くする方法なんてありはしない。


そんな余計なことは考えるな。


君はほんとうは激しく生きたいんだよ。


だから”死”が目の前に迫ってくる。


それはとても正常なことだ。 


自分に能力がないなんて決めて、引っ込んでしまっては駄目だ。


なければなおいい、今まで世の中で能力とか才能なんて思われていたものを超えた、決意の凄みを見せてやるというつもりで、やればいいんだよ。


むしろ、能力がないほうが素晴らしいんだと平気で闘えば、逆に能力がひらいてくる。


ぼくは、特別力が強いわけでもない、金をそんなに持っているわけでもない。


頭脳だってそれほど優秀じゃないかもしれない。


つまり、さまざまのマイナスの面を背負っている。


でも、マイナスの面が大きければ大きいほど、逆にそれと反対の最高にふくれあがったものを自分に感じるわけだ。


弱い、なら、弱いままのありのままで進めばいいじゃないか。 


他人が笑うまいが自分で自分の歌を歌えばいいんだよ。


歌に限らず他人の判断ばかりを気にしていては本当の人間としての責任がもてない。


もし自分がヘマだったら、”ああ、おれはヘマだなあ”と思えばいいじゃないか。  


よく”一流好み”の人がいるが、それはつまりただ世間の、他人の評価をウノミにしてありがたがっていることだろう。


誰がなんといおうと、三流だろうが、五流だろうが、自分のいいと思うものはいい、という態度を貫かなければ”ほんもの”なんかわかりゃしないよ。


一流だから知りたい、好きになりたいなんていう、さもしい根性を持たずに、自分の本当に感動する人間を探し、つかまえるんだね。


その発見のポイントに世の中全体にその価値を認めさせるように、きみ自身、力を尽くせばいい。そうすると世界が変わってくるよ。


自分自身を責めることで慰め、ごまかしている人が、意外に多いんだよ。

そういうのは甘えだ。


惨めな根性だと思うね。


何かすごい決定的なことをやらなきゃ、なんて思わないで、そんなに力まずに、チッポケなことでもいいから、心の動く方向にまっすぐに行くのだ。失敗してもいいから。


1度失敗したなら、よしもう1度失敗してやるぞ、というぐらいの意気込みでやることが大切なんだ。


うじうじと考える必要はない。


すべてのマイナスをプラスの面でつらぬけば、マイナスだと思っているものがプラスになって転換してくる。 


ほんとうの調和というのは、お互いに意見をぶっつけ、フェアにぶつかりあうこと。


誰もが、あえて出る釘になる決意をしなければ、時代はひらかれない。



よろしければ、お気に入りに登録し下記バナーの応援クリックをお願いします。

このページのトップヘ