心の風景

カテゴリ: 心根

「巧言令色鮮なし仁」という論語は、よく知られているかと思います。

「巧言」は、口先だけ、言葉を飾るだけ、お世辞、口達者をいい、「令色」は、作り笑い、媚びを売る、猫撫で声などをいいます。

孔子は、寡黙で誠実な人柄を愛し、無骨で実直、飾り気のない人柄を評価した。

心の風景さん、今日は哲学ですか?と思った方…正解です!

「愛」「調和」という言葉だけ追い求めるお花畑は、戦争、紛争、テロが蔓延るこの世界の「調和」を求めりには、血と汗と涙を流さなくてはならないことを知るべきです。

現実的に生きるということは、汗をかき、人に笑われること、恥をかくことは避けられない。

人は、大人になるにつれ「責任」が伴うからです。

自分のミスでなく部下がミスをしても頭を下げなければならないときがあると思います。

親になれば子供のことで頭を下げることもあるはずです。

いつまでも子供のままでいたい者が「責任」から逃れようとする。

生きていく過程では、キツイ、辛い、悲しいといった経験は避けて通れません。

そこから逃げていては、人としての成長や進化もない。

笑われたり馬鹿にされることがあったり悔しい思いをすることもあるはずです。

そうやって、人は傷つきながら、強く、そして、優しくもなっていくんです。

苦しいとき辛いときにこそ、自分という人間が分かります。

自分の正当性(私は悪くない)だけを訴えて、愚痴をいうだけなら誰にだってできます。

「挑む」より「投げ出す」のは簡単です。

「壊す」のは「作る」のと比較にならないほどたやすい。

「ものづくり」には、検証、試験、結果、問題の洗い出し、フィードバックが必要ですし、論理的に分析し修正を加えていくという面倒な作業は切り離すことができません。

そして、それを幾度となく繰り返して「良いもの」ができる。

それは、どんなことでも同じだと私は思っています。

嫌だと感じて止めてしまえば、その先にあるモノを見ることはないんです。

良いモノは、一つ一つ気の遠くなるような手間をかけてできあがるんです。

「仕事」も「学問」も「知識」も「人間関係」も「恋愛」や「家庭」も「自分という人間」も、同じことがいえると思います。

世界中で、ここ数年、地震や豪雨による自然災害が頻繁に起きています。

昨日まであったもの、当たり前のように暮らしてきた日々が失われていく現実があります。

生を受けたものは、必ず死を迎え、死は全ての生き物に平等に訪れます。

この世を生きる者は、ある意味「今」という「一瞬」が確かな時間ですから「今をどう生きるか」は、とても大事だと思います。


0l5bb6005k1500002w8hg4_2
151024-1-001
我が国を残すため命をかけて戦った人々がいます。

焼け野原から、この国を再生させた人々がいます。

今の日本は、そういう人々が残してくれた宝物です。

生きたくても生きられない時代があったことを…

どうか忘れないでください。



20161225153722

位(くらい)なきことを患(うれ)えず、
立つ所以(ゆえん)を患う。 
己を知ること莫(な)きを患えず、
知らるべきことを為すを求む。

(訳文)

地位が低いことを悩むより、
実力がないことを悩め。
人が認めてくれないことに悩むより、
認められる力をつけることに
心を使いなさい。


他人の評価が気になる。
他人から認めてもらいたい。
評価してもらいたい。

孔子の時代も今も変わらない。
認められれば、地位や肩書きができる。

そして、そこには「力」が生まれる。
しかし、その「力」には責任が伴わなくては意味がないと思いますね。

大切なことは、その肩書きや地位のない、フォロワーのいない、力を失ったときの自分となったときに「自分がいるか」どうかではないかと思います。

基本的に「目立ちたい」者は、自分に自信がなかったり、寂しがり屋というケースが少なくない。
 
自己顕示欲の強さは、裏を返せば「自分に自信がない」ということだったりする。 

それゆえ人から注目されたいし、他者に「必要」とされることが「自分の存在価値」に繋がっている。

派手なパフォーマンスとは裏腹に、実は自分に自信がない。

こういう連中は「ナルシシスト」であり、自己愛性人格障害の傾向が強いメンドクサイ人間で、共感して縁を結ぶ者も根っこが同じ。 

他者の評価を気にするなんて止めた方がいい。

一人になっても「やってやる!」という「自分」を作り上げていくことです。

今日、ご紹介した孔子の論語には、他人の評価ではなく自分に「力をつけいくことに心を使うべき」だということが語られています。

何を主眼にして生きるかというのがとても大事なことではないでしょうか?

そして、再度、岡本太郎氏の言葉をご紹介したい。


意志を強くする方法なんてありはしない。

そんな余計なことは考えるな。

君はほんとうは激しく生きたいんだよ。

だから”死”が目の前に迫ってくる。

それはとても正常なことだ。 

自分に能力がないなんて決めて、引っ込んでしまっては駄目だ。

なければなおいい、今まで世の中で能力とか才能なんて思われていたものを超えた、決意の凄みを見せてやるというつもりで、やればいいんだよ。

むしろ、能力がないほうが素晴らしいんだと平気で闘えば、逆に能力がひらいてくる。

ぼくは、特別力が強いわけでもない、金をそんなに持っているわけでもない。

頭脳だってそれほど優秀じゃないかもしれない。

つまり、さまざまのマイナスの面を背負っている。

でも、マイナスの面が大きければ大きいほど、逆にそれと反対の最高にふくれあがったものを自分に感じるわけだ。

弱い、なら、弱いままのありのままで進めばいいじゃないか。 

他人が笑うまいが自分で自分の歌を歌えばいいんだよ。

歌に限らず他人の判断ばかりを気にしていては本当の人間としての責任がもてない。

もし自分がヘマだったら、”ああ、おれはヘマだなあ”と思えばいいじゃないか。  

よく”一流好み”の人がいるが、それはつまりただ世間の、他人の評価をウノミにしてありがたがっていることだろう。

誰がなんといおうと、三流だろうが、五流だろうが、自分のいいと思うものはいい、という態度を貫かなければ”ほんもの”なんかわかりゃしないよ。

一流だから知りたい、好きになりたいなんていう、さもしい根性を持たずに、自分の本当に感動する人間を探し、つかまえるんだね。

その発見のポイントに世の中全体にその価値を認めさせるように、きみ自身、力を尽くせばいい。

そうすると世界が変わってくるよ。

自分自身を責めることで慰め、ごまかしている人が、意外に多いんだよ。

そういうのは甘えだ。

惨めな根性だと思うね。

何かすごい決定的なことをやらなきゃ、なんて思わないで、そんなに力まずに、チッポケなことでもいいから、心の動く方向にまっすぐに行くのだ。

失敗してもいいから。

1度失敗したなら、よしもう1度失敗してやるぞ、というぐらいの意気込みでやることが大切なんだ。

うじうじと考える必要はない。

すべてのマイナスをプラスの面でつらぬけば、マイナスだと思っているものがプラスになって転換してくる。 

ほんとうの調和というのは、お互いに意見をぶっつけ、フェアにぶつかりあうこと。

誰もが、あえて出る釘になる決意をしなければ、時代はひらかれない。


 ※2018年8月の記事再掲

あなたは、幸せについて考えたことはありますか?

幸せは「自分で決めている」だけなので、物事の受け止め方、考え方で「幸せ」が決まるんです。

ですから、前向きで与えられているものを数えるのが上手い人は、幸せを感じる人が多い。

こういう方は、人や物を大事にし「感謝」が自然に湧くような人ですね。

BFAC7066-2546-4950-982D-96A4D45675AD


逆に、自分が幸せになるためにどうしたらいいか?という方は、目先の欲に左右され見返りや取引を求める傾向にあり、幸せを感じにくい。

そもそも五体満足であるということは「幸せ」ではないでしょうか?

病気や怪我をしたら、五体満足であることのアリガタミが分かるかと思います。

たとえば、小指1本でさえ切ったり折れたりすれば、激しい痛みとともに不自由な生活さを強いられることになりますよね。

感謝のあまりない方は、そういうことに気づかない。

いいことがあるときだけ感謝する。

お蔭様、お互い様という自然な「感謝」がない…

人間の脳はエネルギーの消費を嫌いますから、放っておくと楽な方を選択するようになっています。

脳は変化を好まないので記憶の流用によって結果を予測できる現状に戻そうとします。

脳は現状に留まることを目的に働き、いいことがあるときだけ感謝するといった習慣があれば「幸せ」というのが実感しにくい。

脳は今までどおりが良いから現状維持しようとし、そういう思考癖を持っていると「良い点」に目を向ける習慣がないため「悪いところばかり」に目がいく。

愚痴の多い方というのは大抵コレ。

自分を変えることができるのは「自分」だけ。

他人ができるのはサポートだけ。

人生を変え環境を変えることができるのも自分自身。

心理学には「承認欲求」というものがあるといわれており、人は「誰かに認められたい」という欲求を持っているといいます。

しかし、誰かが見てくれる期待して行動する方は、持久力に欠け継続できない傾向にある。
 
あなたに足りない所があるとしても、それは認めてしまえばいい。

それは、伸び代。

誰かのためではなく「自分のために」何かを始めることや自分を大切にすることも大事。

日本人は、世界で最も「感謝」できる人の集まった国だと、私は思います。

そして、虐げられた人々、悲しんでいる人々のために損得なしに行動することができる。

D37C9463-B680-4B02-BD02-196588914A8C

心ある民族。

そういう誇らしい民族だと思います。

 

まずは、2018.9.20 の産経

自民党の小泉進次郎筆頭副幹事長は20日、総裁選で石破茂元幹事長に投票した理由について「違う声を強みに変える自民党でなければならないと思った」と述べた。党本部で記者団に語った。3選した安倍晋三首相については「政治家として腹の底からやりたいこと、思っていることを完全燃焼していただきたい。党内で違う声やさまざまな声があっても、それを強みに変えていただきたい」と語った。

https://www.sankei.com/politics/amp/180920/plt1809200055-a.html

plt1809200055-p1


そして、今日の産経

沖縄県知事選自民党の小泉進次郎筆頭副幹事長は27日、沖縄県知事選の与党系候補を応援するため、那覇市内で街頭演説した。演説中、発言の誤りを陣営関係者に指摘されると、学校法人「森友問題」「加計学園」問題で官僚による首相らへの忖度(そんたく)が指摘されたことを念頭に「周りがイエスマンじゃない。『あなた違いますよ』と訂正してくれる人たちがいる。いいですね」と語り、聴衆の笑いを誘った。
 演説で、以前に訪れた沖縄の老舗食堂のある自治体名を間違えた。小泉氏は「気を使われて『ああ、小泉さんには間違っているって言えないな』って思われたら終わりなんです」と述べた。
 演説会場には野党系候補の名前が書かれたのぼりや「基地建設を許さない」との横断幕を持った人たちが陣取った。小泉氏は「とうとう相手候補(の支援者)まで応援に来てくれました。最後まで頑張りましょうね」と笑顔で手を振り、聴衆から大きな拍手がわいた。小泉氏の沖縄入りは今月に入り3回目。

産経に限らず、どこも良いところしか書かないし良いようにしか書かない…

小泉進次郎氏は、投票直前まで沈黙し土壇場で石破支持を表明、総裁選が始まった当初からキリギリまで、どちらを支持するかを明確にしなかった小泉進次郎氏の「自民党は違う意見を押さえつけるのではなく、違う声を強みに変えていく党でなければいけない」には説得力がない。このような人物が将来の総理候補といわれていることに不安を感じるのは私だけでしょうか?


正論8緊急特大号で、足立康史氏が「進次郎」氏について語られていることをメディアの対応を見るたびに思い出します。

足立氏は新潟県知事線のときに、与党候補の応援のため新潟に入ってくれという自民党の要請を断ったことについて次ように語った。

進次郎さんの一番ダメなところは勝負に出てこないことです。

例えばマスコミに登場するのは、自分が取り組んでいる政策をアピールしたい時ばかり。

政治生命が傷つくことを恐れているのか、安全保障政策や外交政策が問われるような取材はほとんど受けていないし、論破される可能性があるテレビの討論番組にもまず出てきません。

周りも「進次郎つぶしたらあかん」と守り、進次郎人気にあやかりたいマスコミも彼を必要以上に甘やかしています。しかし、一国のリーダーに育つためには数々の修羅場を経験しなければなりません。

安倍首相は第一次政権で辛酸を舐めたからこそ今の強さを手に入れることができました。

素足で険しい峠を踏破し、足を血だらけにした者だけが、トランプ、プーチン、習近平、金正恩らと堂々と渡り合っていけるわけです。

労せず選挙区を譲り受けるなど他の一般的な候補者よりも恵まれている世襲議員の最低限の義務は、先代を乗り越えることです。

安倍首相はそれを果たしつつありますが、進次郎さんの場合、今のような甘やかされた状態が続く限りは夢のまた夢でしょう。

plt18020720520015-p1
小泉進次郎氏は、加計学園の獣医学部新設を巡って、今年6月10日に青森県三沢市で講演したときには「一つのことにおかしいといえなくなり、黙っていることに慣れてきたら終わりだ」と訴えています。

虎視眈々と総理の椅子を狙っている小泉進次郎氏の「黙っていることに慣れてきたら終わりだ」「違う声を強みに変えていく」という言葉は単なるパフォーマンスに過ぎず、本気でこの国のために何かをなそうとする覚悟は感じられない。

まだ皆さまの記憶に新しいと思いますが、19日、秋葉原の街頭演説会の麻生太郎氏の言葉は、とても重みがありましたね。
a0c15_368_5be87b638608c7c62e68e805bc4f02e2-m

安倍晋三候補の後を受けて、麻生太郎と福田康夫候補と2人で総裁選挙を争ったことがあります。麻生派は、たったの15人。15人よ。あとは全派閥福田候補だった。

その時に、私どもは何と言ったか、今でも覚えてますよ。間違いなく、俺についてくる人は必ず冷や飯を食いますと。冷や飯食うことを覚悟でついてくる人だけ、一緒にお願いします。そう申し上げて付いてきたもらった人が安倍晋三、中川昭一、菅義偉、甘利明。

そういった人たちに付いてきてもらって、われわれは間違いなく、その1年間、残り1年間全く無役で終わりました。いいじゃないですか「冷や飯は冷や飯なりにうまい食い方があります。焼き飯にしたってうまい、お茶漬けにしたってうまい。

冷や飯は冷や飯なりの食い方があるのだとそう申し上げて、明るく選挙をやらせてもらったと思っています。今、何となく冷やしておいて、いろいろな冷や飯を食わせるなとか何とかかんとか言っている人たちがいるみたいですけど、覚悟が足りないんだ覚悟が。

冷や飯食うぐらいの覚悟を持って戦って当たり前でしょうが。そういう覚悟のない人に、われわれは間違いなくこの日本という国のかじ取りを任せるわけにはいかない。そうではありませんか?





はじめまして。

心の風景blog管理人です。

今日は岡本太郎さんの言葉を、読者の皆様へご紹介したいと思います。



意志を強くする方法なんてありはしない。


そんな余計なことは考えるな。


君はほんとうは激しく生きたいんだよ。


だから”死”が目の前に迫ってくる。


それはとても正常なことだ。 


自分に能力がないなんて決めて、引っ込んでしまっては駄目だ。


なければなおいい、今まで世の中で能力とか才能なんて思われていたものを超えた、決意の凄みを見せてやるというつもりで、やればいいんだよ。


むしろ、能力がないほうが素晴らしいんだと平気で闘えば、逆に能力がひらいてくる。


ぼくは、特別力が強いわけでもない、金をそんなに持っているわけでもない。


頭脳だってそれほど優秀じゃないかもしれない。


つまり、さまざまのマイナスの面を背負っている。


でも、マイナスの面が大きければ大きいほど、逆にそれと反対の最高にふくれあがったものを自分に感じるわけだ。


弱い、なら、弱いままのありのままで進めばいいじゃないか。 


他人が笑うまいが自分で自分の歌を歌えばいいんだよ。


歌に限らず他人の判断ばかりを気にしていては本当の人間としての責任がもてない。


もし自分がヘマだったら、”ああ、おれはヘマだなあ”と思えばいいじゃないか。  


よく”一流好み”の人がいるが、それはつまりただ世間の、他人の評価をウノミにしてありがたがっていることだろう。


誰がなんといおうと、三流だろうが、五流だろうが、自分のいいと思うものはいい、という態度を貫かなければ”ほんもの”なんかわかりゃしないよ。


一流だから知りたい、好きになりたいなんていう、さもしい根性を持たずに、自分の本当に感動する人間を探し、つかまえるんだね。


その発見のポイントに世の中全体にその価値を認めさせるように、きみ自身、力を尽くせばいい。そうすると世界が変わってくるよ。


自分自身を責めることで慰め、ごまかしている人が、意外に多いんだよ。

そういうのは甘えだ。


惨めな根性だと思うね。


何かすごい決定的なことをやらなきゃ、なんて思わないで、そんなに力まずに、チッポケなことでもいいから、心の動く方向にまっすぐに行くのだ。失敗してもいいから。


1度失敗したなら、よしもう1度失敗してやるぞ、というぐらいの意気込みでやることが大切なんだ。


うじうじと考える必要はない。


すべてのマイナスをプラスの面でつらぬけば、マイナスだと思っているものがプラスになって転換してくる。 


ほんとうの調和というのは、お互いに意見をぶっつけ、フェアにぶつかりあうこと。


誰もが、あえて出る釘になる決意をしなければ、時代はひらかれない。




このページのトップヘ