少し前にあげた記事の再掲です。

本日、愛国女性のつどい花時計による街宣がJR中野駅北口にて12時〜行われますので、応援をよろしくお願いします。

それから、お盆は、お墓まいりにもぜひ出かけてください。

御供えは食べられるようにして御供えしてください。

また、置いて行くのではなく墓まいりを終えたら持ち帰って捨てましょう。

そして、できるだけ2時くらいまでにして帰ってきてください。

特に霊感の強い方や何かしら拾いやすい方は、この時期は控えて日を改めることです。

380148EB-3918-479E-BA2D-B8EC81D21C43


8月15日は終戦の日です。 家族のため、愛する人のため、この国のために命を懸けて戦ってくれた英霊に感謝を捧げに靖国神社、護国神社へ慰霊に行きましょう。 貴方が日本人ならば、そして正義を愛するならばかつての日本人も同じです。 私達日本人が誇れる英霊の方々です。 貴方が自分を信じるならば、かつて日本を護った英霊を信じてください。(花時計HPより

http://www.hanadokei2010.com/

0l5bb6005k1500002w8hg4_2

花時計では、毎年恒例の終戦の日の直前に行っている「靖国神社に行こう!」街宣を、8月13日(月)12時からJR中野駅北口にて行います。
一人でも多くの方のご参加を、お願いいたします。
また、遠方の方や参加が難しい方は、ニコ生での応援をよろしくお願いいたします。

ニコ生:http://com.nicovideo.jp/community/co1603869

靖国神社に行こう!(動画)
https://www.youtube.com/watch?v=qydU54fZcJk


2013081410372977c

花時計をご存知ない方は、この機会にぜひ花時計の活動等を知ってほしいと思います。

花時計は、2010年春に発足、特定の政党・政治団体に属さず、主婦やOLのボランティアによって運営されています。

会員は全国に約400名、男性も100名以上います。

また、愛国女性のつどい花時計では、「凜として愛」拡散プロジェクトを行っています。

花時計の代表をしているマダムは過去記事でご紹介した「今、読んでほしい一冊『日本の敵を今知るための150問150答』」(青林堂)の著者 岡真樹子氏。
http://kokorone.blog.jp/archives/2018-06-22.html

51QsBc+09fL._SX336_BO1,204,203,200_

岡氏は、「マダムの部屋」ブログを書いていらっしゃるので、ぜひ応援をお願いいたします。
http://blog.livedoor.jp/hanadokei2010/

以前にもご紹介しましたが、岡真樹子著「 日本の敵を今知るための150問150答」は、ジャーナリスト山際澄夫氏推薦の著書であり、分かりやすく読みやすいのが特徴です。

政治を語るうえでは、歴史的背景などが重要になってくるため話が長く難しくなりがちで、その長さ難しさゆえに「めんどくさい」と読まない方も少なくありません。

しかし、本書は歴史などの背景を知らない方に説明する際、これほど分かりやすく書かれたものは他にないと私は思います。

日本を破壊しようと目論む工作が蔓延っている社会には、今なお刷り込まれた歴史観をもつ者がいます。

戦後、アメリカにより徹底的に植え付けられた歪んだ情報から目を覚ますときであり、本書は、そのような人たちに覚醒させる恰好の入門書といえる。

日本との戦争を始めたかったルーズヴェルトは、日本に初めの一撃を仕掛けさせるべく日本を経済的に追い詰め、日本を戦禍へと引きずり込んだ。

太平洋の島々で玉砕するまで降伏しない日本軍の精強さに、日本という国が二度と自分たちにはむかわないように、メディアに圧力をかけ日本人に戦争そのものを罪悪として刷り込んだ。

今を生きる日本人に求められるのは、嘘の歴史から目覚め「正しい歴史を身に付け」反日を叫び日本を貶めている連中から「我が国を守る」ことです。

本書を読んでいない方は、ぜひ購入し読んでいだたきたいと思います。

マトモな学者、研究者、政治家、団体、出版社のサポートをしてください。

本を買う、図書館へリクエストする、支援する、拡散する、一票を入れる。

この誰にでもできる「小さな愛国活動」を、皆さまに続けていただけることを切に願います。

反日でさえあれば金になり、反日でさえあれば名前が売れ、反日でさえあれば仕事が増えるという時代は終わらせなくてはなりません。


⬇︎下記バナーの応援クリックをお願いします。


人気ブログランキング


よろしければ、ぜひお気に入り登録をお願いします。