今日は、また老子のご紹介(私の趣味)をしたいと思います。
File0011

天下皆美の美たるを知る、斯れ悪のみ。

皆善の善たるを知る、斯れ不善のみ。

有無相生じ、難易相成し、長短相形し、高下相傾け、音声相和し、前後相随う。

是を以て聖人無為の事に処り、不言の教を行なう。

万物作りて辞せず、生じて有せず、為して恃まず、功成りて居らず。

夫れ唯居らず。

是を以て去らず。

(解釈)

天下の人たちは皆、美が何であるか知っているが、それだけではいけない。

美の裏には醜があるのだ。

皆は善がどういうものか知っているが、それだけではいけない。

裏には不善があるのだ。

このように有無はともにあり、長短、高下、音声、前後といった具合に、すべてに相対的なものがある。

だから道の教えを体得した聖人は、事を為すに当たって何もせず、何も言わない。

道は万物を生むが、それを誇りに言わず、それが育ってもそれを自分のものとしない。

それを頼りにすることもなく、成功すれば、いつまでもその場にいない。

「養身第二」は、ものごとの価値というのは「相対的」であると説かれています。

美しいものを美しいと認めるとき、 そこに醜さの認知が生じる。

善なるものを善だと認めるとき、 そこには悪の認知が生じる。

この世は相対のモノが存在し、それゆえに「自らを知る」ことができます。

心理学でも少し書いているかと思いますが、人は「比較」することで自分の位置を確認しています。

ですから、あり方と心根は、とても大切だと思っています。

絶対こう思わなければいけないというルールはありません。

しかし、自分を誤魔化して満たされるということはないでしょう。

大事なことは人にどう見られるかではなく自分を「自分がどう見ているか」です。

人にはそれぞれ感覚や感性があり、青もスカイブルー・コバルトブルー・インディゴブルーなどの表現があるように思い浮かべる色も異るでしょう。

色が人によって異なるイメージを持つように、感じ方受け止め方も違います。

だからこそ、自分は何が好きか? 何が嫌いか? 
何をやりたいか? 何をやりたくないか? は大事ではないでしょうか?

皆んなやってる、皆んなが言ってる。

皆がやっていたら、自分もやるのか?
皆がやらなかったら、自分はやらないのか?

良い、悪い、やる、やらないというのは、自分で判断するものですよね…

友達が良くないことしていると思ったら「止めろ!」というのが友達です。 

自分の思っていることを相手に伝えること声をあげていくというのは大事なことです。

いかにして生きていくか?人や社会と関わっていくのか?

どうやって人生を歩いていくかは、とても大切なことではないでしょうか?


⬇︎下記バナーの応援クリックをお願いします。


人気ブログランキング
 
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

よろしければ、ぜひお気に入り登録をお願いします。
ツィッターでブログを紹介いただけると助かります。