今、一番読んでほしい一冊をご紹介をしたいと思います。

日本という国に祖国に尽くした幾百万の英霊に、幾千万の先人に感謝を捧げるべきだったが、果たせなかった。多くの日本人が裏切った。東京裁判が開かれるなかで、日本人の近代史は偽りに満ちた悪意のもとに書き換えられいった。
(本書より抜粋 ー凛として愛ー)

51QsBc+09fL._SX336_BO1,204,203,200_

愛国女性のつどい 花時計代表 岡真樹子 著

ジャーナリスト山際澄夫氏推薦の著書である「 日本の敵を今知るための150問150答」は、分かりやすく読みやすいので、小中に通うお子さんと一緒に読んでいただきたいと思います。

政治を語るうえでは、歴史的背景などが重要になってくるものですが、小さなお子さん、あるいは最近まで「お花畑」で何も知らなかったという方に説明する際に「国民が日本を取り戻す運動を始めるときの入門書」として、これほど分かりやすく書かれたものは他にないでしょう。

150問150答には細やかな説明がありますので、政治も歴史もよく知っているという方にも、お読みいただきたいと思います。

「はじめに」を書いた山際澄夫氏は、2010年、民主党政権の頃、毎週のように東京・渋谷付近で反中国デモに参加していて、ベビーカーを押してデモに参加する女性のグループ「愛国女性のつどい花時計」の存在を知った。その後、「花時計」主催の街宣にも参加したが、彼女たちの訴えは政治運動にありがちな大声を張り上げてのアジテーションと違って、パネルなどを用意して街頭授業のように分かりやすく訴えるものだった。それも「韓国のウソにご用心」とか「靖国神社に行こう」などとソフトタッチだった。 この書は「花時計」代表の岡真樹子さんが、花時計のサイトに書き溜めたものを再編集したものである。150問もあるため、1問あたりのページ数は少ないが、それでも短すぎて物足りないということはなく、大事なことがコンパクトにまとめられ、密度の高い内容になっている。分かりやすく読みやすい文章で、深い内容がスイスイ頭に入っていくお得な書と言える。と絶賛しています。


日本を「侵略国家」とした背景など、アメリカ・ソ連の戦争犯罪や国際法違反を隠蔽、アメリカが犯した原爆投下、東京大空襲を初めとする民間人への無差別攻撃は明らかな国際法違反についても書かれており、明らかな国際法違反であるにも関わらず「東京裁判では勝者が裁かれることはなかった」ことなど、山際澄夫氏ではありませんが、本当に大事なことがコンパクトにまとめられている一冊といえます。

また、日本国内で「祖国の敗戦によって利益を得た日本人」につて書かれており、GHQが占領期間中に行った検閲を手伝った者、GHQの公職追放によって職場を追われた人たちの後釜におさまった者、戦前からコミンテルンの指令によって日本解体を企てていた共産主義者などがあげられており、戦後、日本を破壊しようと目論んだ工作が如何に社会の隅々にまで滲透しているかが、この一冊の中につまっています。

ネットが普及しオールドメディアによる情報独占体制が瓦解した今なお、何も知らず誤った歴史観を刷り込まれ事実ではない歴史を信じている方たちは、本当に目を覚まさなくてはいけません。



⬇︎下記バナーの応援クリックをお願いします。


人気ブログランキング
 
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

よろしければ、ぜひお気に入り登録をお願いします。
ツィッターでブログを紹介いただけると助かります。