まずは、行橋市議 小坪しんや氏のブログを一部抜粋してご紹介しますが、既にご存知の方も再度お読みいだだければと思います。

保守系において、この能力を有する者は少ない。

実際に、朝鮮学校の予算が凍結された際の議事録を紹介する。

その伝説の質問は、平成22年第4回定例会 一般質問にて行われた。

朝鮮学校の補助金削除は、その後、知事が何人変わっても今も続いている。 ここが実は重要です。後の知事まで縛る事ができた立論だったということです。

当時、朝鮮学校の補助金の削除は議論はされていたが、実際の削除は初めてであり、首都東京都の実施は、全国の自治体に影響を与えました。

北朝鮮の度重なる暴挙もあり、ついには国が通達を出すにまで至りました。

質問においては【公安調査庁が提出した答弁書が閣議決定されましたが、その答弁書によると、朝鮮総連と朝鮮学校の関係について、密接な関係にあり、学校の教育内容や財政、人事に影響を及ぼしていると認識しているとされており、もとより朝鮮総連は北朝鮮政府がみずからの出先機関として取り扱っています。 そこで、こうした閣議決定などを踏まえ、治安責任を有する警視庁の北朝鮮、朝鮮総連、朝鮮人学校に対する認識を伺います。】という、斬り込み方。

議会慣れした方からすると、上手いな!と感嘆するだろう。ここは、吉田氏の個人の考えではなく、あくまで閣議決定された資料を踏まえた形とし、ここまでのことを述べつつも半身ずらして被弾を避ける。あわせて行政には、国が決めた内容を踏まえて、と回答を迫るわけだ。

ここで回答を求めた行政とは、警視総監である。 ネットが今ほど台頭する前のこと。ここまでのバトルが、確かにあったんだよ。古参の保守は、この名をよく覚えているだろう。
https://samurai20.jp/2018/05/yoshida-2/

ここだけ読んでも吉田康一郎氏が、よからぬ連中から選挙妨害を受けている理由がよくわかります。
DfDSATLU0AEkyLq

今日のzakzak(夕刊フジ)でもアップされていました。

保守系候補に左派集団ら“選挙妨害” 吉田氏ポスターに誹謗中傷、脅迫まがいのヤジ 

東京・中野区長選 東京・中野区長選(10日投票、11日開票)で、保守系候補に対する“選挙妨害”が話題となっている。ポスターへの落書きや破損だけでなく、街頭演説や討論会で、複数の人物が怒号のようなヤジを飛ばしているという。関係者によると、都議時代に「朝鮮学校への補助金削除」を指摘したころから、左派集団のターゲットになっているようだ。
 被害に遭っているのは、新人で元都議の吉田康一郎氏(51)。先月末、JR中野駅前で行われた立候補予定者による公開討論会でも、「ヘイト候補 吉田康一郎 落選」という巨大な横断幕が掲げられた。
 吉田事務所の関係者は「ポスターに誹謗(ひぼう)中傷の落書きをされたり、見えないよう紙を貼られた。街頭では、『ヘイト』や『レイシスト』『どうせ当選するわけがない』『当選したら“お祝い”しに事務所までいってやる』などと脅迫とも受け取れるヤジを大声で飛ばされる。選挙妨害だと受け止めている」と語った。
 ちなみに、日本政府は北朝鮮や朝鮮総連の影響下にある朝鮮学校を高校無償化の対象外としている。補助金中止にしている地方自治体も多い。
 中野区長選には、現職と新人の計4人が立候補している。
 中野サンプラザと区役所の解体などが最大の争点だが、吉田氏への“選挙妨害”についても、ネット上で「卑劣な反日左翼」「警察に届けよ」「日本の未来を占う選挙」などと注目されている。

夕刊フジでは、西武新宿線鷺ノ宮駅前で「育児支援による出生率向上」や「公園の整備」などを訴えていた吉田氏を直撃した。
 「選挙への妨害は法に触れる可能性がある。今後、過激なヤジや妨害があった場合、街頭演説を中止して、警察に犯罪事実を確認してもらうつもりだ。負けずに演説を続ける姿を期待されるかもしれないが、違法行為にはしかるべき対応をしなければならない。投開票前日の集会などは、警察による警備を頼む必要もあるだろう」
https://www.zakzak.co.jp/soc/news/180608/soc1806080003-n1.html


日本を大切にする政治家は、必ず妙な連中から誹謗中傷をうけ妨害工作にあうので、我々がサポートしていくしかありません。

皆それぞれ「使える時間」も「できること」も違いますが、ご自身の使える時間、できることをして、吉田康一郎氏を応援しましょう。

また、中野区にお住まいの方に、この選挙がとても大切だということを知らせてください。

吉田氏は、拉致問題や弾圧されているアジアの民族のために声をあげ戦っている人です。

images (1) 

吉田康一郎氏を知ってください。

・アジア自由民主連帯協議会 副会長
・日本沖縄政策研究フォーラム 理事
・北朝鮮に拉致された日本人を奪還する地方議員の会
・チベット自由人権日本100人委員会 委員
・日本ウイグル地方議員連盟 副会長
・草莽地方議員の会 会員
・国民の知る権利を守る自由報道協会 理事 放送法
・電波法の改正問題にも取り組んでいます。

images (2)

この国を動かそうとしている人を、反日やマスゴミに叩かれる人を、この国を本当に大切に思っている人をサポートしていくことが、この国を愛する行為ではないかと思います。

吉田康一郎氏の戦いは決して楽なものではありません。

ひとりでも多くの方が吉田康一郎氏と共に、この国の未来を考えこの国を支える力になって欲しいと願います。


⬇︎ 下記の応援クリックをお願いします。


人気ブログランキング
 
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村