楽して「欲しい物」を手に入れる。

真剣に願えば願いが叶う?

マトモな感覚であれば「行動が伴わない」願いは、単なるオネダリだと理解できるでしょう。

欲しがるくせに「努力」はしない。

そういう方は、たいてい上手くいかないことを誰かのせいにしている。

そんな方たちが「自分には運がない」運を引寄せようと相応な相手に飛びつく…

「心」と「体」が別々ではないように様々な現象なども繋がっていたりするものではないかと思います。

そういう生き方をしていることに気がつかなければ同じことを繰り返して人生が終わる。

運は操れない。


幸せというのは楽をすることではないはずです。

それが分かっていたら、そんなことに時間を使っている暇は人生にはないのだと知るでしょう…

世間や他人の価値観で幸せを決める方は、何を自分のモノにしても幸せになれない。

思いもよらぬこと良くないことが続けば落ち込むことは誰しもあると思います。

しかし、明暗を分けるのは本人次第ではないのでしょうか?

何とかして欲しいと依存する癖や逃げ出す癖がついているという方たちは、自分を「幸せ」にするのが難しいと思います。

そういう方は、霊的な部分でも良くない方へ流されていく…
 
ああなりたいこうなりたいと願うだけで何もしないというのは、例えるなら、木の下で実が落ちるのを待っているようなもので、強く念じれば「落ちてくる」のかを考えれば分かるようなことです。

引力があるので、念じなくても時が経てば、実は自然に落ちてくるのですが、本当にその実が欲しいのなら、どうすれば実を落とすことができるか?を考えて行動することです。

積極的に自分から「行動しよう」とすることです。

好きな人ができたらどうするか?

入りたい学校や会社があればどうするか?

この国を変えたければどうするか?

全て同じではないかと思います。

 


⬇︎下記バナーの応援クリックをお願いします。


人気ブログランキング
 
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

※よろしければ、ぜひお気に入り登録をお願いします。
※ツィッターなどでブログを紹介いただけると助かります。