刀伊の入寇と竹島


藤原理忠の墓
藤原理忠の墓

平安時代のことです。

突然、壱岐に、50余隻の船がやってきます。
ひとつの船はだいたい15Mくらい。
その船に約60人ずつ分乗し、島に上陸します。

寛仁3(1019)年)3月27日のことです。

上陸した彼らは、百人くらいで一隊をつくり、
戦闘の20~30人が斬り込み隊、後ろ
の70~80人が弓や盾を持っています。
彼らの持っていた矢は、長さ4~50cmと短い
もので、楯も射通すほどの貫通力があった。

彼らは、上陸と同時に民家に襲いかかる。
そして牛馬を盗み、切り殺して食い、
老人や子供たち、抵抗する男を殺し、女を犯し、
生き残った者たちを船に拉致した。

記録によれば、彼らは「牛馬を切っては食い、
また犬を屠殺してむさぼり食らう」とされ、
また「人を食う」との証言もあります。

船上では、拉致された者たちの中から、病人や
児童は簀巻きにして海に投げ入れて殺した。
略奪後の民家はすべて焼き払い、穀物も奪った。

暴徒上陸の知らせを受けた国司・壱岐守藤原理忠
(ふじわらのまさただ)は、ただちに
147人の手勢を率いて征伐に向かいます。

しかし敵は3000人の大部隊です。
衆寡敵せず、玉砕してしまう。

理忠を打ち破った賊徒は、次に壱岐の真ん中にある、
国分寺(嶋分寺)まで攻め込みます。
寺は、常覚和尚(じょうかくおしょう)の指揮の元、
僧侶と地元住民で応戦します。
そして賊徒を三回まで撃退した。

しかし賊徒の猛攻をあきらめない。
常覚は、ひとり島を脱出し、事の次第を大宰府に
報告に向かいます。

残された僧侶たちは必死に戦った。
そして最後には全滅し、
嶋分寺は全焼させられてしまう。

そして、女子239人、男子若干名が捕虜として
連れ去られてしまいます。
壱岐島で生き残った者は、わずか35人だけだった。

4月7日、対馬からも大宰府に対馬の危急を
知らせが届きます。

対馬守遠晴の報告は以下のとおりです。

~~~~~~~~~~
対馬に刀伊国の者が五十隻あまりの船でやってきた。
彼らはて殺人・放火をはじめた。
彼らは隼のように迅速で、数が多く、
とても対抗できない。

壱岐は壱岐守理忠が殺害され、
ほとんど全滅状態した。

彼らは博多警固所と目と鼻のさきの
能古島まできています。
~~~~~~~~~~

知らせを受けた大宰権帥の藤原隆家は、
すぐに京都に緊急事態を伝える飛駅便を
飛ばすとともに、応戦のために九州の
豪族や武士非常招集をかけます。

しかし翌8日には、族が筑前・怡土郡
(福岡県西部)に上陸する。

彼らは山野を制圧し、牛馬や犬を殺して食い、
老人や子供を皆殺しにしたうえ、
おびえる男女を追いかけて、4~500名を
捕らえて船にのせてしまいます。
また、かず知れない米穀類が略奪された。

この時点で戦力の不足した藤原隆家は、
少数の精鋭を率いて、個別撃破を狙い、
敵の不意をつく戦法で応戦します。

大宰府の正規軍の前に、賊は崩れる。
賊たちは、この日の夕方には海に逃れ、
能古島に去ります。

翌9日の朝、刀伊は、藤原隆家軍の本拠である
大宰府警固所を焼こうと来襲します。

しかし武装を整えた正規兵を前に、
逆に刀伊の側が追い詰められ、生き残った者は、
再び能古島に帰還した。

そして神風が吹きます。

10日、波風が強くなり、船が足止めとなった。
族たちは身動きできない。

この隙に、隆家は、軍勢を揃えます。

11日午前6時頃、族が、再び大宰府に
上陸してきます。
隆家は、上陸した賊を皆殺しにし、
敵の生き残り二人を逮捕します。
一人は傷つき一人は女です。

13日、賊徒は肥前国松浦郡に至り、
村里に攻めてきます。
ここでは、前肥前介・源知という武将が待ち構え、
族を殲滅します。
敵の生存者一人を逮捕。

ついに賊は、恐れをなして、半島に帰国します。

帰国途中、高麗がこれを待ち伏せ、戦力の減った
残りの賊を全滅させ、日本人
捕虜270人を助けて、日本に送り返しています。

当初、日本側は何者が攻めてきたのか
分からなかった。

逮捕した三人の族は、三人とも高麗人です。

彼らは「高麗を襲った刀伊に捕らえられていたのだ」
と申し立てた。
それがほんとうかどうかは、わかりません。

古来、捕まると嘘八百並べるのは、
半島人の特徴です。

この事件で、被害は、記録されただけでも、
殺害された者365名、拉致された者
1289名、牛馬380匹、家屋45棟以上が
焼かれています。
とくに女子供の被害が目立っていた。

ちなみに、拉致された1289名のうち、
高麗によって保護され、帰国できたのは
270名です。残りの千余名は、
船上で殺されている。

犯人たちの族は、刀伊(とい)と呼ばれました。
彼らは、自分達で農耕をする習慣は持たず、
他国を襲い、人間を拉致して農業を
させていた集団であったといわれています。

刀伊は、女真族であるという説もあるけれど、
ボクはそれは違うと思う。
彼らの戦い方は、女真族のものではない。

むしろ、自分たちが圧倒的多数で武器を持つときは
、ありとあらゆる暴虐の限りを
尽くし、相手が武具を整えてすこしでも
強いとみるや、
そくさくと退散するというのは、
古来変わらぬ支那人・朝鮮人のあさましい姿です。

この時代の朝鮮半島は、
統一された王朝があったわけではなく、
たまたま高麗国が
大きな勢力を持っていたにすぎません。
むしろ、日本の戦国時代に似て、地方ごとに
群雄割拠に近い状態だった。

ただ、日本と異なるのは、日本には皇室があって、
地方を治める者たちはご皇室と皆、
縁続きであったこと。完全にどこの馬の骨とも
わからない者が武将となるのは、
ずっと後年、国内が乱れた戦国時代の斎藤道三と
木下藤吉郎くらいなものです。
あとは、家系図を見る限り、ほぼすべての武将が
ご皇室と縁者になっている。

一方、半島や大陸には、日本における皇室のような
存在はありません。
また四季のある日本と異なり、火を得るために
いったん山々の木を伐採すると、
とうぶん木が生育しなくなる半島では、
食うためには盗賊専門の集団が国を作って
勢を張るというのは、ごく普通に行われた。

そして相手が弱く、抵抗しないとみるや、
あらゆる理屈を無視して奪い、犯し、
暴虐をふるう。

そうした民族的傾向というのは、
近代になってもなんら変わりません。
戦後間もないころ、満洲や朝鮮から日本人の
多くが引き揚げてきたけれど、
なぜか満洲には日本人残留孤児がいるけれど、
朝鮮にはそれがいない。
全員が殺された。

いま、その朝鮮人が、日本の領土である
竹島を蹂躙しています。
竹島といえば、岩山が2つ連なっている小さな
無人島と思っている方が多いと
思うけれど、最近の竹島は違います。

島にはヘリポートが作られ、灯台や宿泊施設が建ち、
50人ほどの韓国海上警備兵が駐屯している。
事実上の武力制圧です。

韓国は、日本で民主党が政権をとったら、
とつぜんヘリポートの改修をはじめると
言いだしました。

日本はいつまでこういう傍若無人を許して
おくのでしょうか。

壱岐・対馬・筑前の一般民衆が殺され、略奪され、
拉致されたとき、日本は勇敢に
戦ってこれを防いだ。

彼らは、こちらが毅然として臨めば引っ込むのです。

http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-845.html
 ↑ ↑ 
応援クリックは、大和心を語るねずさんのひとりごと
さんのブログへお願いいたします!