道は一を生じ、一は二を生じ、二は三を生じ、三は万物を生ず。

万物は陰を負いて陽を抱き、沖気(ちゅうき)以(も)って和を為す。

人の悪(にく)む所は、唯(た)だ孤(こ)・寡(か)・不轂(ふこく)なるも、而(しか)も王公は以って称と為す。

故に物は或いはこれを損じて益し、或いはこれを益して損ず。

人の教うる所、我も亦(ま)たこれを教えん。

強梁(きょうりょう)なる者はその死を得ず。

吾れ将に以って教えの父と為さんとす。


(解釈)

「道」が一を生み出し、一が二つのものを生み出し、二つのものが三つのものを生み出し、三つのものが万物を生み出す。

万物は陰の気を背負い、陽の気を胸に抱いて、これらを媒介する沖気によって調和している。

人々は「孤(みなしご)」「寡(ひとりもの)」「不穀(ろくでなし)」などと呼ばれる事を嫌うが、諸国の王達はこれらを自称としてその高い身分を保っている。

つまり物事と言うのは損して得をし、得をして損をするという事もあるのだ。

人から聞いた良い事は私も人に教えよう「いたずらに強さを誇る者は、ろくな死に方をしない。」 私もまさにこれを肝に命じて教え
の根本にしようと思う。



老子が好きだというのは以前も書きましたが、難解なものが多く、雑感として書けそうにない章が幾つもあります。


道化第四十二では、万物は 全て自力のみで存在している訳ではなく、自力のみで存在しているのではないのだから、 自らの分を弁え尊大になるべきではないと説いています。


この世の全てのことは、ひとりでは成立せず、人や文化の進化の背景には、完成と衰退が繰り返されているように思います。


そして、自らを極め尽くせないと考える人は、 より高みへと、ご自身の歩みを進めていかれるでしょう。


そういう方の多くは、人間は、自分ひとりでは生きてはいけないと知っていると思います。


哲学・思想カテにエントリーしていたとき、「自分のことができないのに人の心配をするな」とか「まず自分を幸せにしなければ他人など幸せにできない」というブログを見ることが多々ありました。


しかし、人は、誰しも「自分」を取り囲む「他者」の存在と結びついて生きていますから、自分のことができないから人のことができないとか、自分が幸せじゃないから人を幸せにできないというのは、言い訳にしか聞こえません。


何を限界とするのか?は、ご自身が決められたらいいとして、自身に限界があるときには、他者の存在も重要ですが、それぞれが課題とすることには、個人的なモノ他者と協力して超えていくモノがあるように思います。


自分でできないこと、自分の限界というモノがあれば、 他者の協力を必要とすることも大事です。 
 

力の弱い者が、強い者を支えようとすることで成長し、強い者が学ぶこともあれば、 弱い者同士が支え合い互いを高めあうこともあるものです。


自分を成長させてくれる相手に「優劣」は関係ないと思います。


ブログやツイッターなどもそうですね。
 

私も、こうして書いていますが、皆様に支えられていると思っています。