思考の柔軟性が乏しかったり観念に囚われやすいと、コントロールされやすい。


しかし、悲しいかな…コントロールされていても自分の意思で行動していると思ってたりします。


オカシナ組織・団体に引っかかる要因として、孤独に弱かったり、自分で考える習慣がなかったり、自己不在からくる「誰かのため」という理想論者であることが考えられます。


だから、オカシナ組織・団体に入ると「やりがい」や「生きがい」を感じてしまう。


カルトなんかが、もっとも分かりやすい例かなと思いますね。 


この手の組織・団体には、賞賛、特別扱い、今までにない強い仲間意識、一体感など決まったパターン(傾向)があり、心理学の「報酬と罰」効果を利用しています。


欲しがるばかりで自分に与えられているものは数えないという方は、この手の詐欺に引っかかる。


偏向報道に乗せられてしまう連中は、テレビや新聞だけしか知らない老人とは限らない訳です。


私の好きな哲学も、本来は(ギリシャ語でフイロソフイアの語源)知恵を愛するという意味で、人生、世界、物事の根源の在り方、原理を求めるものですが、哲学・思想カテで、そういうブログを書いている人は非常に少なく、流行に乗せられた「引寄せ」信仰者で溢れている。


マインドコントロールは、組織の教えに疑問を持たせず、不安や恐怖を煽って思想を刷り込み、相手の行動、思想、感情を操つろうと働きかけ、偏った情報を与えて特定の思想や価値観を持たせます。


詐欺の手口も「心理的」にターゲットを揺さぶることが「入口」です。


思い遣りや親切心、下心や寂しさに付け込むのが詐欺の常套手段です。


NHKなどの偏向報道も、こうしたヤリクチで「お花畑」な連中を躍らせる。


自分で「考える」「調べる」という面倒なことを、一つ一つ潰していける人は、聞いたことを「鵜呑みにする」ことはないと思います。


情報には「憶測のみで検証なし」というモノも多く、意図的操作、偏向、釣り、詐欺、嘘、噂があります。


しかし、ネットには「情報の真偽や精度の検証を行う人」が必ず現れ内容が精査されていきます。


私は、その経過を見ながら、発信元が流す内容を自分で調べるようにしています。


そうすることで、発信者の意図を探ることができますし「誠実な人」か「パフォーマンスだけで中身のない人間」かも観えてきます。


個人的に信頼している情報
は、DAPPIさん(
take_off_dress)です。


閉会中審査での民進党議員の質問内容は70%が日報問題や稲田元大臣批判で、北朝鮮の脅威については全体の20%でした。
その動きに合わせるようにTVはこれに追随してます。

民進党もマスコミも国民の生命がかかる問題よりも安倍政権批判を優先で正気の沙汰とは思えない。


ホント、異常事態です。
北朝鮮が、何発もミサイルを発射し威嚇を続ける中、シナが北海道の土地を買いあさり「中国32番目の省」としようと目論み、シナの公船は、先月、青森の日本領海にも侵入した。

591fc54e


日本のテレビ局は、大方在日に乗っ取られ、マトモなニュースを流す気などサラサラない。


そして、政治家とは名ばかりの、民進党・共産党議員が、国民の生命にかかる重大な問題よりも安倍政権批判を優先し、税金を無駄に使い日本をシナ・朝鮮に差し出そうとしている。


日本がシナや朝鮮の手に渡るなことがあってはいけません。

そんなことになれば、火事場泥棒のようなロシアも必ず後からやってくる。


だから、次の選挙では、こうした反日議員を当選させないよう(いい加減、目覚めてほしい)お花畑な連中に、SNSで拡散していきましょう!