メディアが「正しい情報」を発信していないことは、かなり知られていると思っていましたが、今回の都民ファースト圧勝を考えると、そうでもないのかも知れませんね。

IMG_0011

朝日や毎日に限らず、メディアはブームなども仕掛けている訳で、本や食品などを売るのを「目的」としたダイエットなどは何度もブームを起こしています。

性懲りもなく何度もブームに引っかかる方は、学習能力があるのか?と疑問です。

こうすれば痩せるとか、コレを食べたら健康になるとか、肌が綺麗になるなんていうのは、平均値が「個別のケース」に当てはまらないことを「無視」しているんです。

つまり、伝えたい部分だけ「誇張」して発信している訳ですね。
 
そういう事が、日常的に繰り返されている。

左派メディアによる連日の安倍政権叩きも、自分たちに都合良く「編集」し、恣意的に情報を操作していましたね。

 
IMG_0012
(安倍やめろ!は、青囲み部のプロ市民です)

今回、都民ファーストが圧勝し、自民が歴史的惨敗となったのには、そうした左派メディア(新聞やテレビはNHKを含み大方左派です)の情報操作がありました。

一部だけ切り取って編集するのは、左派メディアの常套手段です。
 
悪意に満ちた「誇張した情報」に踊る方は、そもそもググらない。

ネットを見れば、ニュースやTV番組などの「偏向報道」や「ヤラセ」が次々と暴かれていることが分かります。

政治などの情報は、愛国者(良識ある普通の人たちであって、彼等をネトウヨというのはパヨクです)の方たちによって、かなり正確な情報が発信され拡散されています。

日本のメディアは、大半が左派であり「正確な情報」を流す気などサラサラないんです。

安倍政権を何が何でも引きずり降ろそうと根拠のないことを捏造し、失言などがあれば、そこを徹底的に叩いて捲くし立てる訳で、森友・加計問題については、各社総力をあげ連日繰り返していましたよね。

下村博文氏の闇献金疑惑、豊田真由子氏の暴行、稲田防衛相の失言については、本人の脇の甘さが招いたといえますが、民進党や共産党の議員が同じことをしてもマスゴミが騒ぎ立てることはない。

詐欺商法も同じ手を使う。

伝えたい「効果のみ」を大げさに喧伝し、そうでない事実は「過度に省略」するかデータを「削除」するんです。

今回の件は、自民党が安倍人気に胡座をかいていた結果でもあると思います。

自民党には、襟を正し立て直しに奮闘していただきたいものです。

私は、安倍政権を応援している訳ではありませんが、では、他に何処に任せられますか?

日本の平和は、自衛隊によって守られていますが、近隣諸国は、常に我が国を領土にしようと機会をうかがっています。

そして、先日も書きましたが、2009年夏の総選挙で「一度やらせてみてください!」という民主党に投じて勝たせたとき、一度やらせてみて何が起こりましたか?

自民党以外に任せられる政党が、今はないと思います。

そして、安倍政権でなければ、憲法改正は成せないでしょう。

だから、応援しています。 

CoA1rfeVUAI9dzn

日本を滅茶苦茶にする(国を貶め、国を守ることを放棄し、国益を損ない、赤字国債を増やし、天皇陛下に仇なす)ような政治家や政党には、任せることはできない!ということです。